電源サイトで冬キャンプに挑戦!おうちにいるような快適さを作るには?

 キャンプ用品

こたつを使ったあたたかい冬キャンプ

出典:Instagram(@camp_yoco)

電源サイトでは電気カーペットやストーブが使用できるため、気温が低い冬のキャンプでも、まるで家にいるかのように、快適に過ごせます。冬キャンプのハードルが高いと感じている方は、まず電源サイトでのキャンプに挑戦してみましょう。


 目次


冬キャンプは電源サイトで快適キャンプ!

「冬のキャンプは寒そうだし、ストーブを使うとなると安全管理が大変そう」。冬キャンプのハードルを高く感じている方も多いのではないでしょうか。そんな方には、電源サイトでの冬キャンプがおすすめ!電源サイトでは電気毛布やヒーターなどが使用できるため、安全で快適なキャンプを楽しめます。さらに、ホットプレートなどの調理家電も使用できるため、外に出ることなく幕内での調理も可能です。キャンプという非日常を感じながら、おうちで過ごしているような快適さがある、電源サイトでの冬キャンプに挑戦してみましょう。

テントの中を暖かくして快適に!

こたつやストーブで暖かいサイト

出典:Instagram(@633kei)

おうちにいるかのような快適さを手に入れるには、電気ヒーターや電気カーペットはマストアイテム!さらに、こたつや電気毛布があればより暖かく快適な冬キャンプを楽しめます。テントの内部と外部との温度差が大きいと結露が発生してしまうため、定期的な換気が必要ですが、こたつに入っていればテント内の空気を入れ替えても体を温めることが可能です。また、電気毛布は羽織っているだけでとても暖かいですが、コットと一緒に使用すれば快適な睡眠も確保できます。

▼おすすめの電気ヒーターをもっと知りたい方はこちら!

調理も暖かい幕内で快適に!

ホットプレートで野菜やお肉を焼いている様子

出典:Instagram(@rosa.3003)

ガスコンロなどのガス機器を使用する場合、一酸化炭素中毒を防ぐために必ず換気をしなくてはなりません。電気のホットプレートや鍋であれば、一酸化炭素中毒の心配がなく、テントやシェルター内で快適に調理できます。

プロジェクターでゲームや映画を楽しもう!

テントの中でプロジェクターを投影しゲームをしている様子

出典:Instagram(@mii.k.mii)

電源があればプロジェクターを使用できます。テントに投影すれば、大きな画面でゲームや映画を楽しめるため、盛り上がること間違いなし!バッテリーを搭載した電源不要のプロジェクターもありますが、明るさや解像度が低かったり、投影画面サイズに制限があったりというデメリットも。せっかくのキャンプ、電源を使用したプロジェクターで楽しい夜を過ごしましょう。

電源サイトを使う際の注意点!

電源容量を確認しよう!

電源サイトは10A~20A(1,000W~2,000W)が使用上限のキャンプ場がほとんど。便利だからと暖房器具や調理器具をあれこれ使用すると上限オーバーになり、キャンプ場のブレーカーが落ちてしまうかもしれません。キャンプ場や他のキャンパーに迷惑をかけないためにも、アイテムの消費電力を確認して使用するようにしてください。消費電力がオーバーするのではないかと不安に感じる方は、ポータブル電源があると安心です!

延長コードを使用しよう!

電源サイトには、電源プラグが設置されているだけなため、テントやシェルター内で電源を使いたい場合、延長コードが必要になります。延長コードは15Aで柔らかいものがおすすめです。15Aであれば1,500Wまでの電化製品をつなげます。そして、柔らかいコードは寒さに強く、断線しにくいというメリットがあります。コードが明るい色のものであると存在感があり、つまずきづらいためおすすめです。

電源サイトで快適な冬キャンプに挑戦しよう!

電源サイトでは消費電力量に注意しながら、暖房器具や調理器具を賢く使って、まるでおうちにいるような快適な冬キャンプに挑戦してみましょう!

お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪