家族で快適キャンプ!設備も周辺施設も充実の「ウエストリバーオートキャンプ場」とは

 キャンプ場

富士山の麓に貼ってある沢山のテント

出典:Sergio Yoneda / ゲッティイメージズ

ウエストリバーオートキャンプ場は、山梨県西部に位置する南アルプス市にあるキャンプ場です。山々に囲まれた悠大な景色を満喫できる自然の豊かさが魅力です。今回はファミリーキャンプにもおすすめしたいウエストリバーオートキャンプ場を詳しく解説します。


 目次


ファミリーキャンプならココ!「ウエストリバーオートキャンプ場」

芝生の上にたくさんのテントが張ってある写真    

出典: a_Taiga /ゲッティーイメージズ

自然豊かな南アルプス市に位置するキャンプ場で、豊富なキャンプサイトをはじめとして、コテージなどの様々なキャンプスタイルを楽しめます。設備も充実しているため、初めてのキャンプにも安心です。特にファミリーキャンプにおすすめしたいポイントが多くあり、遊具エリアや魚のつかみ取り池など子どもも大喜び間違いなしです。豊富な自然と充実の設備のあるウエストリバーオートキャンプ場の魅力を細かく見ていきましょう。

ペットも◎種類豊富なテントサイト

テントサイトは全部で8種類あり、用途に合わせたサイト選びが可能です。AC電源付きサイト、AC電源なしサイト、ドッグランサイトの3つに大きく分かれます。電源があることでキャンプの楽しみ方の幅が広がったり、ペット同伴できることでペットも含めた家族全員でのキャンプを楽しめたりします。それぞれのテントサイトの特徴を紹介していきます。

キャンプサイト AC電源付き

キャンプ場の芝生の写真    

出典:ウエストリバーオートキャンプ場

AC電源付きサイトは3種類あります。一番広い100平方mのBサイトは10,200円で、川側の立地とかまどがあることが特徴です。DサイトはBサイトと立地、かまどがあることは同じですが、80平方mの広さで9,300円となっています。Cサイトは9,000円で80平方mで、かまどなどはない一般的なサイト。AC電源付きサイトでは、使用できるキャンプアイテムの幅が増え、より快適なキャンプが可能です。広さ、川側、かまどなどを参考にAC電源付きサイトを選んでみてください。

キャンプサイト AC電源なし

芝生の道になっている写真    

出典:ウエストリバーオートキャンプ場

AC電源なしサイトも三種類あります。Eサイト、Gサイトは60平方mで、Gサイトにはかまどが付いています。Eサイト8,100円、Gサイト6,900円です。Wサイトは12,900円で、ウエストリバーオートキャンプ場のキャンプサイトの中でも、一番定員が多い8人収容です。川側、かまど付きという点も魅力と言えます。AC電源なしサイトは、Wサイトのみ川側ですので、子どもと川遊びをしたいという方をぜひWサイトを選んでみましょう。

ドッグランサイト

芝生のドッグランサイト    

出典:ウエストリバーオートキャンプ場

ドッグランサイトはAサイトとFサイトの2つです。Aサイト柵付き150㎡、Fサイト柵付き140㎡と広さに大きな違いはありません。Aサイトには電源がついている点で、2つのサイトに違いがあります。どちらともペットと存分に遊べる広さが確保されているため、電源の有無でどちらかを選びましょう。Aサイトは10,500円、Fサイトは9,600円です。

ブログでテントサイトの口コミをチェック!

「電源無し」のサイトなので、このキャンプ場の中では一番安い金額で予約出来ます。
確か、ネット予約で一泊\6,600でした。

でも写真の通り広々と使えるので、電源が不要であればここが一番かもしれません。

直管係長日記・2

写真では、車のスペースを含めても、広々とスペースを確保できています。大きな木があるため、暑い日でも快適に過ごせること間違いなしです!

川沿いにサイトがずらりと並んでいる。手前がBサイト。
川は上流から、フライ・ルアーエリア、えさ釣りエリア、水遊びエリアに分かれている。

たかさんのキャンプ日記

川側のサイトがいくつかありますが、大きな川に沿う形で並んでいます。釣りや水遊びをしに行きやすい立地で、子どもも嬉しいポイントです。子どもの様子が見えるのも親にとってはありがたいです。

柵で囲われているけどリバーサイドで心地よい風がはいってきます

~Return to nature~

ドッグランサイトは柵が付いています。アウトドアの解放感がなくなると思う方もいるかもしれませんが、川から気持ちの良い風が柵を気にさせないようです。水と自然が豊かで、どこをとっても心地よいアウトドアが楽しめるキャンプ場と言えます。

【ポイント】暑い夏は日陰のあるサイトがおすすめ!

夏のキャンプでは、日差しが強く、暑さや日焼けなどへの対策が必要です。川側の立地も魅力的ですが、木が近くにある日陰のあるサイトも夏にはおすすめです。AC電源ありのCサイト、AC電源なしのGサイトには日差しを遮る木があり、暑い夏でも快適にキャンプを楽しめます。予約をする前に天候をチェックして、サイト選びをすると暑さに悩まされることもなくなりますね。

ロッジ・バンガロー・コテージで初心者もキャンプ体験ができる

キャンプサイトだけでなく、ロッジやバンガロー、コテージでも宿泊できます。テント泊とは違ったおしゃれで贅沢なキャンプスタイルを体験することが可能です。また設備が整っており、テント設営などのキャンプ術が必要ないため、キャンプ初心者でも気軽にキャンプを楽しめます。

ロッジ

ウエストリバーオートキャンプ場のキャビンロッジ    

出典:ウエストリバーオートキャンプ場

シンプルロッジとキャンピングロッジの2種類があります。どちらにもAC電源があり、ペットは禁止です。それぞれ16,800円、17,700円となっています。シンプルロッジは、居間、焚き火スペース、小部屋の簡単な作りであり、過ごしやすい空間で初心者にもおすすめです。キャンピングロッジは、シンプルロッジに屋外スペースをプラスした作りです。建物内で過ごすだけでなく、屋外スペースでもキャンプ時間を満喫できます。

バンガロー

ウエストリバーオートキャンプ場のバンガロー    

出典:ウエストリバーオートキャンプ場

バンガローは4人で19,800円で利用できます。ベッド、コンロに加え、屋根付きの屋外スペースを備えています。テーブル、椅子も用意されているため、外の空気を感じながら、ゆったりとした時間を過ごせます。洋風の本格的な作りのバンガローであり、テントでのキャンプでは味わえない贅沢なキャンプスタイルを楽しめます。

コテージ

ウエストリバーオートキャンプ場のコテージ    

出典:ウエストリバーオートキャンプ場

コテージは、定員の数によって分かれています。コテージAは8人44,400円、コテージBは6人36,300円、コテージCは4人28,200円。東屋スペースのあるコテージA、テラス・庭のあるコテージBなど、それぞれのコテージに特徴があります。特にコテージCは2018年にリニューアルしたばかりで、設備の新しさはもちろん、カジュアルな室内もおしゃれでおすすめです。

ブログで口コミをチェック!

もしかしたら・・もしかしたらなんですが、このロッジ、英国の田舎などにある「釣り小屋=フィッシングロッジ」をモチーフにしてるんじゃないでしょうかね。

実際私はそういう場所に行くことが何度か恵まれていて、なんとなくオーバーラップを感じます。

SAMのLIFEキャンプブログ Doors , In & Out !

ロッジのあるキャンプ場は他にもありますが、ウエストリバーオートキャンプ場のロッジは独特なようです。洋風の雰囲気とどこか懐かしさを感じさせるレトロさが魅力です。

キャンプ場のHPを見ると、このバンガローは一番小さいもので、
他にもキッチン、トイレ付きのコテージや
2階建てで定員8名のコテージなどもあり、アウトドア感はちと薄れそうだけど
キャンプ初心者や小さな子連れの方なんかにはとっても良いと思います。

Charming Man

バンガローはテント設営などの準備をせずに宿泊できるため、キャンプ初心者におすすめです。ファミリーキャンプをしたいという方の中には、まだ小さな子どもがいる方もいるでしょう。いきなりテントという慣れない環境よりも、家のようなバンガローをおすすめします。

さて、急遽雨のために変更したコテージですが、
トイレ、炊事場、エアコン完備で、ロフトつき。
全員、2階で寝ることができます。

ビストロパパ ~パパ料理のススメ~

コテージは2階建てと平屋建てがあります。木造のコテージが新鮮な子どもたちには、コテージの中でも木のはしごなど嬉しいようです。天候が悪くても、コテージやロッジなどの利用の機会と捉えて宿泊してみましょう。

おすすめしたくなる施設・サービスの充実具合

ウエストリバーオートキャンプ場は、宿泊施設の豊富さだけでなく、細かい設備も充実しています。シャワーなどの設備から、手ぶらキャンプに役立つレンタル用品など幅広く準備されています。また周辺施設も充実しているため、キャンプと合わせた観光やキャンプ用品の買い足しも可能です。施設やサービス、周辺施設を見ていきましょう。

きれいなシャワー・ランドリー

ウエストリバーオートキャンプ場のシャワー・ランドリー施設    

出典:ウエストリバーオートキャンプ場

アウトドアを存分に味わえるキャンプですが、清潔感が気になる方も多くいるでしょう。シャワーやランドリーがあれば嬉しいというのが本音ですよね。コイン式のシャワーが設置されており、3分200円で利用できます。シャワーと合わせて洗濯もできると便利です。洗濯機は1回200円、乾燥機1回100円で使えます。キャンプでいっぱい遊んだ後のシャワーを最高です。帰ってからの洗濯をキャンプ場でできれば、さらにお得です。どちらもきれいで清潔感があるため、安心して利用してみましょう。

釣りが存分に楽しめるサービス!

ウエストリバーオートキャンプ場のアクティビティ    

出典:ウエストリバーオートキャンプ場

釣りができるキャンプ場は多くありますが、ウエストリバーオートキャンプ場の釣りサービスの充実度はトップクラスです。餌釣り、フライフィッシング、ルアーフィッシングを楽しめます。ニジマスやイワナを釣ることができ、魚の調理に必要な処理も行ってくれます。餌釣りは初心者や子どもにも簡単にでき、家族での釣り体験にもおすすめです。餌釣りは1日券2,900円、フライフィッシング・ルアーフィッシングは1日券4,100円、午前券または午後券3,100円となっています。

キャンプのレンタルが盛りだくさん

レンタル用品の充実もファミリーキャンプに役立つポイントです。キャンプに欠かせないテントやタープ、寝具、テーブル、椅子などはもちろんレンタル可能です。調理器具のレンタル用品も揃っていて、ダッチオーブンもレンタルできるため、アウトドア料理に挑戦したい方はぜひ借りてみましょう。気温に合わせて毛布をレンタルしたり、持ってくるのを忘れた用品の補充をしたりできるなど、快適なキャンプを助けてくれるラインナップです。

日帰りバーベキューも手ぶらで楽しめる

ウエストリバーオートキャンプ場のバーベキュー    

出典:ウエストリバーオートキャンプ場

大人1名800円、子ども(0〜15歳)は無料の施設利用料。10時〜15時30分1,500円のテーブル料金で、日帰り手ぶらバーベキューを楽しめます。駐車料金2台分を料金に含んでいるため、家族での休日バーベキューをお得にすることが可能です。デイキャンプと合わせることで、充実した1日になること間違いなしです。デイキャンプは1サイト1,000円となっています。

【周辺施設】近隣の買い物スポット(スーパー・アウトドア用品店)は?

スーパーで買い物    

出典:gopixa / ゲッティイメージズ

スーパーやホームセンター、アウトドアショップなどたくさんのお店が近くに揃っています。スーパーは、バーベキューの食材の買い足しなどにおすすめです。ホームセンター、アウトドアショップは準備し忘れたキャンプ用品の購入や補充ができ、重宝します。他にも地元食材を買えるお店やほうとう・もつ煮など地元を味を楽しめるお店もあり、グルメも味わう価値ありです。

【周辺施設】近隣の温泉は?

ほったらかし温泉の湯に浸かる男性と絶景    

出典:ほったらかし温泉

ウエストリバーオートキャンプ場の周辺には、4つの温泉があります。富士山や夜景を見ながら温泉を楽しめる「ほったらかし温泉」。プールのある子どもにも嬉しい「やまなみの湯」に、キャンプ場から最も近い「白根桃源天笑閣」などさまざま。特に「みたまの湯」は道の駅とも近いため、キャンプ場周辺を楽しむにはもってこいです。

【周辺施設】近隣のおでかけスポットは?

キャンプ場の近くには、子どもも大喜びするアスレチックがある白根御勅使公園があります。キャンプ場から10分という立地だけでなく、東京ドーム7個分の広さにあるたくさんの遊具が魅力です。チェックアウト後などに立ち寄ってみましょう。果物狩りも近くでできます。山の果樹園、塚原山フルーツ農場などで果物狩りができ、山の果樹園ではキャンプ場宿泊者割引もあり、お得です。

行く前に確認しておきたいチェックポイント

宿泊施設や設備、サービスなどの紹介からウエストリバーオートキャンプ場に行ってみたいと思った方も多くいるでしょう。施設情報と合わせて、予約やキャンセルなどのルールをチェックしておきましょう。万が一の時の対応や天気に合わせた準備などをしっかりと整えておくことが大切です。

予約方法・可能時期は?

電話とWEBで予約が可能です。WEB予約は電話よりも安いため、断然WEBがおすすめです。今年中の予約は12月分となっています。ファミリーシーズンというファミリーキャンプ限定の日を決めているため、予約の際には注意が必要です。

キャンセル料は?(台風が来た場合など)

台風など急な天候不順の場合はやむを得ずキャンセルすることになってしまいます。キャンセル料は利用予定だったサイト料金、建物料金に対してかかります。8日前までで0%、7日前~4日前で20%、3日前~前日で50%、当日100%となっています。天候などキャンセルの必要が分かっている場合は早めにキャンセルを申し出るようにしましょう。

アーリーチェックインとロングステイについて

アーリーチェックインとロングステイに関しては、それぞれプランが設定されています。アーリーチェックインは朝8時からのチェックインが可能です。ABCDEFGサイトは1サイト1,000円、Wサイト・ロッジ・バンガローは1サイト・棟2,000円、コテージは1棟3,000円となっています。ロングステイプランでは、16時までチェックアウトを延長できます。料金体系はアーリーチェックインと同様です。どちらもカレンダーに記載があるため、キャンプの予定と合わせて確認が必要です。

天気や気温をチェックしてから行こう!

快適なキャンプのためには、天気や気温のコンディションも重要です。キャンプ当日に雨が降っていると、遊びも十分にできず、寒さでリラックスできないこともあるでしょう。あらかじめ天気や気温をチェックしておくことで天気に合った準備ができます。

【基本情報】
住所:山梨県南アルプス市須澤 須澤131
電話:055-285-6611
料金:
[キャンプサイト]6,900円〜
[ロッジ]16,800円〜
[バンガロー]19,800円
[コテージ]28,200円
チェックイン / チェックアウト:14:00〜17:00 / 8:00〜11:00
アクセス:甲府昭和ICから車で40分
予約はこちら:ウエストリバーオートキャンプ場 WEB予約メニュー

施設も充実したウエストリバーオートキャンプ場でアウトドアライフを!

ウエストリバーオートキャンプ場の魅力を感じていただけたでしょうか。自然豊かな立地はもちろん、施設の設備やサービス、周辺施設も充実しているため、充実のキャンプを楽しめます。子どもに嬉しい施設もあり、自然で思いっきり遊ぶだけでなく、施設でも遊んでみましょう。ウエストリバーオートキャンプ場で大人も子どもも大満足なファミリーキャンプをしてみてくださいね。

▼キャンプデビューにおすすめな【全国版】オートキャンプ場特集もチェック!


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪