山梨県小菅村のキャンプ場、全4スポットを解説!

キャンプ場

高台から見下ろした山間の村の住宅街

出典:NPO法人多摩源流こすげ

都心から車で2時間、多摩川源流が流れる山梨県小菅村。この村には、「ほうれん坊の森オートキャンプ場」や「原始村キャンプ場」など4つのキャンプ場があり、どれも自然豊かで清流での水遊びが楽しめるスポットです。この記事では、そんな小菅村キャンプ場の魅力や施設について紹介します。


 目次


山梨県小菅村のキャンプ場の魅力

川面の高さから見た川にかかる木の橋と周囲に生い茂る木々

出典:NPO法人多摩源流こすげ

「多摩川源流」をキーワードに、環境整備が行われている小菅村。村の面積の95%を森林が占める、緑あふれる村です。小菅村を取り囲む山々のトレッキングコースや、多摩川源流沿いのハイキングコース、渓流釣りや魚のつかみ取りに川遊びと、自然を体感できる遊びが充実。そんな小菅村のキャンプ場は森林に囲まれ、標高も高いことから避暑キャンプにも最適です。
冬の夜空の星

出典:NPO法人多摩源流こすげ

街灯の少ない小菅村では天体観測もおすすめ。天候に恵まれれば、街中では見られないような小さな星も夜空に瞬きます。肉眼でも十分よく見えますが、天体望遠鏡や星座早見表があれば、なお良し。輝くたくさんの星に驚くことでしょう。

小菅村の天気や気温

木漏れ日の中、木に囲まれた浅瀬の川中に立つ男性一人

出典:NPO法人多摩源流こすげ

標高600m~700mのところにある小菅村。7月の平均気温は21.4度、8月の平均気温は22.1度と夏でも30度を超える日は多くありません。さらに、村内3つのキャンプ場内には木陰が多く、場内を流れる奥多摩源流の水が冷たいので、川遊びのあとは体が冷えてしまいます。川遊びをするのであれば大き目のバスタオル、夏に利用するとしても薄手のアウターを持参するのがおすすめです。

自然豊かな小菅村では害虫対策も必須。長ズボンや長袖シャツを持っていくと、虫刺されの予防に役立ちます。さらに、虫に刺された時に持っていると便利なのが「ポイズンリムーバー」。毒素を吸い出すこのアイテムは小菅村小学生がみんな持っているという必需品。救急バッグに準備しておくと安心です。

小菅村のキャンプ場①玉川キャンプ村

玉川キャンプ村とは

緑の外階段が付いた高床式のロッジ

出典:玉川キャンプ村

1万平方メートルの広さを有する「玉川キャンプ村」では釣りや川遊び、小さな子どもが楽しめるユニークな遊具遊び、趣あふれる岩の露天風呂が楽しめます。こちらのキャンプ場は、オートテントサイトのほかにも、さまざまタイプのログハウスやバンガローがあるのが特徴的。定員4人から25人に対応しており設備がシンプルなログハウス、キッチンやトイレ備え付きのバンガローなど、シチュエーションに応じて選択できるのはうれしいポイントです。

高床式タイプのログハウスでは床下部分にテーブルやイス、かまどが備え付けられているので、テントや焼き台などのキャンプ道具を持っていない方でも気軽にキャンプが楽しめます。

釣りや魚のつかみ取りが楽しめる!

小菅川の川面

出典:富士の国やまなし

養魚場も経営している「玉川キャンプ村」では、自然の地形を活かした管理釣り場で、オーナー自慢のヤマメやニジマスを各自放流して釣りが楽しめます。渓流釣りや、子どもに大人気の魚のつかみ取りも。自分で釣った魚は格別のおいしさです。釣り竿のレンタルもあるので、初心者の方でも気軽に釣りに挑戦できます。

玉川キャンプ村の口コミをブログでチェック

地面が砂利で区画を石で区切った林間サイト

出典:玉川キャンプ村

適度に涼しい夜で気持ちよく眠れ、二日目を迎えました。この日も朝から気持ちよく晴れ、テントのきっちり乾いてくれてありがたい。テントにもあまり夜露がなかったし、グランドシートにも湿った感じがなかったのは下が砂利のせいなのでしょうか?はてね。

そうそう、テントサイトの地面は砂利なので、マット等がないと、だいぶ痛いと思います。また地面も場所によってはかなり固く、ペグ打ちには多少難儀しました。

鯖が行く!ゴルフ(+camp +ski +Diving)あっちこっち
玉川キャンプ村のオートサイトの地面は固い砂利地なので、寝袋の下にはエアマットや銀マットが必須。テント設営に必要なペグは頑丈な鋳造ペグ、それを打ち込めるハンマーを持っていくのがおすすめ。砂利地は雨が降ってもぬかるみにくい、というメリットもあります。雨が降っても地面の水はけがよいと、キャンプ道具が泥で汚れることも少なく、設営や撤収作業もスムーズです。

玉川キャンプ村の基本情報

住所:山梨県北都留郡小菅村2202
電話:0428-87-0601
営業期間:4月~11月
料金:
[オートキャンプ] 1,500円~/ 泊(利用料金、駐車料金込み)
[バンガロー] 11,000円~/ 1泊1棟
[デイキャンプ] 500円/ 人
公式はこちら:玉川キャンプ村

小菅村のキャンプ場②平山キャンプ場

平山キャンプ場とは

林間で手前から徐々に奥まって並ぶ三角屋根のキャビン

出典:平山キャンプ場

小菅村の温泉施設「小菅の湯」まで車で6分のところにあるのが「平山キャンプ場」。自然の地形を生かしたキャンプ場で、大小さまざまなキャビンやテントサイト、雨天対応の多目的大型ドームがあります。この大型ドームには200人収納可能で、ライブなどのイベントに使われることも。場内4カ所には屋根付きのキャンプファイヤー場があり、雨が降ってもキャンプファイヤーが楽しめます。

キャビンサイトと小菅川を隔てたところにあるのがテントサイト。周囲をぐるりと森林に囲まれたテントサイトでは野趣あふれるキャンプが楽しめます。ただし、小菅川にかかる橋は車で渡れないので注意が必要です。橋の手前からテントサイトまでの15mほどの距離は荷物を運場なければならないので、キャンプ道具はコンパクトにパッキングすることをおすすめします。

キャビン泊もできる!

林間に建つ三角屋根のキャビンを正面から見ている

出典:平山キャンプ場

こちらのキャンプ場には、8人~23人用の4タイプのキャビンがあり、8人用と16人用のキャビンは屋根付きテラスがついているので、外での朝食やティータイムも楽しめます。1番大きな23人用キャビンはトイレ付き。サークルや学校のイベントでの利用にも便利です。

平山キャンプ場の口コミをブログでチェック

桜の咲く枝越しに見下ろす赤い屋根のキャビン2棟と黄緑屋根のキャビン1棟

出典:平山キャンプ場

最近のキャンプ場の施設は快適に過せる。お風呂&洋式(ウォシュレット)トイレ完備 キャンプサイトが多摩川源流のそばだったので耳栓の準備をしてこなかったのが悔やまれた

桃太郎の備忘録
平山キャンプ場のトイレはすべて水洗で、洋式トイレはウォシュレット付き。手入れが行き届いていることも高評価の要因です。場内には200円で使えるシャワーのほか、300円で入浴できる岩風呂も。ただし岩風呂は利用客が少ないと「沸かさない場合もある」とのこと。どうしてもお風呂に入りたい方は「小菅の湯」まで足を延ばしましょう。

テントサイトの場所によっては川の音が気になる場合もあります。川から離れた場所に設営する、あらかじめ耳栓を用意する、などの対策で快適にテント泊ができるよう準備しておくと安心です。

バーベキュー場所やトイレも完備 川のほとりにコテージがあって テントサイトや広場もあるので充実しています

俺様 in オーストラリア・ゴールドコースト・ブリスベン
場内を流れる小菅川は比較的浅く、流れも穏やかなので子どもでも川遊びが楽しめます。ただし、天気によっては増水することがあるので、チェックインの際に管理人さんに川遊びができるか確認すると安心です。比較的穏やかな川とはいえ、子どもが川遊びをする場合は、必ず大人が付き添い、目を離さないようにしましょう。渓流釣りや魚のつかみ取りなども楽しめるので、飽きることなくキャンプ時間を楽しめます。

平山キャンプ場の基本情報

住所:山梨県北都留郡小菅村2959
電話:0428-87-0156(キャンプ場)・090-3342-2050(予約受付専用)
営業期間:4月~10月下旬(年度により変動あり)
料金:
[テントサイト] 1,000円/ 張+1,000円/ 人
[キャビン] 11.000円~/ 1泊1棟
[衛生管理費] 200円/ 人
公式はこちら:平山キャンプ場

小菅村のキャンプ場③ほうれん坊の森オートキャンプ場

ほうれん坊の森オートキャンプ場とは

後ろに森が広がるロッジの室内の明かりが手前の薄暗い外から見える

出典:ほうれん坊の森キャンプ場

広大な敷地を有する「ほうれん坊の森キャンプ場」。総合受付の「ほうれん坊」では、受付業務だけではなく、手作り作家の家具やアクセサリーなども販売しています。

無料Wi-Fiが利用できるのもうれしいポイント。場内はプライベート間がある「風のゾーン」、ミニアスレチックがある「森のゾーン」、河原に近い「川のゾーン」と、3つのエリアに分かれています。それぞれのサイトに魅力があり、何度訪れても新しい発見があるキャンプ場です。

炊事場には流し台のほかにバーベキュー小屋も併設。無料で使える石釜や冷蔵庫があるので色々なキャンプ飯に挑戦できます。受付からつり橋を渡ったところにある眺めの良いカフェは休憩にうってつけです。

バンガロー泊もできる!

4人用平屋バンガローの側にテーブルやイスとタープ

出典:ほうれん坊の森キャンプ場

「ほうれん坊の森キャンプ場」にはシンプルな設備のバンガローがあります。定員が4名と6名の2タイプ。室内設備は照明とコンセントのみでシンプルな作りですが、室外にはテーブルとイス、かまどとタープが設置されているので、少ない荷物でキャンプが体験できます。キャンプ道具を持っていなくてもキャンプが楽しめるのは魅力的です。
明るい雰囲気のフローリング床のキッチンと4人用のダイニングセット

出典:ほうれん坊の森キャンプ場

より一層の快適さと大人数に対応しているのがキャビン。7人タイプと10人タイプがあり、室内にはキッチンやトイレ、シャワーや調理器具が備わっています。室外にはテーブルやイス、タープにかまどと、キャンプに必要な大きなアイテムを完備。小さな子ども連れや、おじいちゃんおばあちゃんが一緒の三世代キャンプにも最適です。

ほうれん坊の森オートキャンプ場の口コミをブログでチェック

木々の下に設営されたテントとタープの下に座っている数人の大人

出典:ほうれん坊の森キャンプ場

受付からサイトまでは、少し距離があるし夜も7時以降は無人になるなどスタッフの人と会う機会は少ないんだけどほどよく自由で、施設も充実していて整ってるし携帯に電話すれば、夜でもいつでもかけつけてくれるようだし スタッフの人たちがとにかくみ~んな感じがよくってそれだけでリピしたくなっちゃいました!

子連れdeリゾート、時々キャラ弁
こちらのキャンプ場の口コミで多いのが「スタッフの感じがいい」というもの。場内の施設に関することや、遊びに関することなど、相談すれば快く対応してくれるのは、実はキャンプをする上で重要なポイントです。豊かな森林と清流、そして感じの良いスタッフさんがいれば、必ずキャンプを満喫できます。

ほうれん坊の森オートキャンプ場の基本情報

住所:山梨県北都留郡小菅村2402-2
電話: 0428-87-0435
営業期間:3月中旬~11月中旬
料金:
[テントサイト] 2,000円~ / 区画+施設利用料 1,000円 / 人
[オートサイト] 3,500円~ / 区画+施設利用料 1,000円 / 人
[バンガロー] 4,000円~ / 棟+施設利用料 1,500円 / 人
[キャビン] 20,000円~ / 棟+施設利用料 1,500円 / 人
公式はこちら:ほうれんぼうの森

小菅村のキャンプ場④原始村キャンプ場

原始村キャンプ場

出典:原始村キャンプ場

一般的なキャンプ場のイメージとは少し違うのが「原始村キャンプ場」。竪穴式住居や横穴式住居を模したバンガローが立ち並び、まさに原始時代の村を思わせるスポット。その他にも「新住居」と名の付く12人定員の大型バンガローや河原のテントサイトもあり、さまざまなスタイルでキャンプを楽しめます。

場内には、宿泊客が無料で使える屋根付きバーベキューハウスや、冷蔵庫、手入れの行き届いた水洗トイレや炊事場、1回300円で利用できるシャワールーム、などがあり設備が充実。手打ちそばのそば処もあり、こちらも人気を集めています。

小菅村特産のそば粉を使い、一つ一つ丁寧に作られた手打ちそばのメニューは、もりそば800円、天ぷら400円など。山菜がふんだんに使われた天ぷらを目当てに、ドライブがてらそば処に立ち寄る人の姿も多くみられます。築100年の趣ある古民家で味わう手打ちそばは、格別の味わいです。

温泉「小菅の湯」までは車で10分の距離。受付で温泉の割り引き券がもらえるので、スタッフに声をかけてみましょう。

竪穴・横穴式バンガローに泊まれる!

原始村キャンプ場

出典:原始村キャンプ場

原始村キャンプ場最大の魅力は古代式バンガローに宿泊できること。竪穴式バンガローと横穴式バンガローの2種類から選べます。茅葺き屋根の竪穴式住居は定員8人。原始的な外観とは異なり、室内はフローリング敷のシンプルな作りで、照明やコンセントが2口ついているので、現代的な時間を過ごせます。

横穴式住居の方は隠れ家的な雰囲気があります。室内は二段ベッドが作り付けになっており、定員は11名。サークルやグループのイベントでの利用にも最適です。竪穴・横穴式、ともに各3棟ずつしかないので、予定が決まり次第早めに予約することをおすすめします。

原始村キャンプ場の口コミをブログでチェック

すぐ近くに多摩川の源流があり、そこで川遊びができる。飲めそうなくらいきれいな冷たい水を浴びて涼をとることができる。ただ、この日はそこまで暑くなかったので、水が冷たすぎるくらいだった。

けしくんのWebLog
原始村キャンプ場のテントサイトの側には、多摩川源流が流れています。川は石で仕切られており、水深は浅く流れも緩やかなので、小さな子どでも安全に遊ぶことが可能。夏でもひんやりと冷たい川ですが、足首がつかるぐらいの深さなのでちょうどよいです。

原始村キャンプ場の基本情報

住所:山梨県北都留郡小菅村1970
電話: 0428-87-0855
営業期間:3月~10月
料金:
[竪穴式住居] 9,000円〜/ 棟
[横穴式住居]9,000円〜 / 棟
[テントサイト] 4,000円〜 / 張
[新住居] 15,000円〜 / 棟
公式はこちら:原始村キャンプ場

小菅村でキャンプを楽しもう

山のふもとに立つ陽の当たる数件の住宅

出典:ほうれん坊の森キャンプ場

豊かな自然の中で川遊びや釣りが楽しめる「小菅村」のキャンプ場。夜には満天の星は、改めて自然の美しさに気づかせてくれます。場所柄、不便を感じることもありますが、それ以上に充実したキャンプが楽しめるはず。日常から離れて豊かな自然の中でシンプルでスローなキャンプを楽しみたい方はぜひ「小菅村」のキャンプ場を訪れてみてください。

この記事で紹介したスポット

キャンプ場画像 玉川キャンプ村 平山キャンプ場 ほうれん坊の森キャンプ場 原始村キャンプ場
キャンプ場名 玉川キャンプ村 平山キャンプ場 ほうれん坊の森キャンプ場 原始村キャンプ場
リンク キャンプ場の情報を見る キャンプ場の情報を見る キャンプ場の情報を見る キャンプ場の情報を見る
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

コテージ キャンプ場 区画サイト

おすすめのキーワード

おすすめのコンテンツ

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪