都心からのアクセス抜群!木のむらキャンプ場で自然を満喫

 キャンプ場

出典:ちょこたび埼玉

埼玉・ときがわ町にある「木のむらキャンプ場」は、「都心に一番近い田舎」と言われるほどアクセスのよい大自然の宝庫。清流都幾川が流れる川沿いのキャンプ場は、木々の香りとマイナスイオンに覆われ、川遊びや釣り、バーベキューに最適な、初心者でも気軽に自然を満喫できるアウトドアスポットです!


 目次


すぐ行ける大自然!「木のむらキャンプ場」

   

出典:木のむらキャンプ場

都心から車でわずか90分で行ける埼玉県ときがわ町の「木のむらキャンプ場」は、都幾川上流の渓谷沿いにある緑豊かなキャンプ場です。ヤマメが泳ぐほど綺麗な清流では、天然プールの川遊びや渓流釣り、バーベキューが楽しめ、バンガローや各種テントサイト、調理棟、シャワー棟、トイレといった施設も充実しています。日帰りのデイキャンプで、バンガロー泊やテント泊で、「都心に一番近い田舎」の大自然を思いきり体感しましょう♪

日帰りBBQや釣り、バンガロー宿泊に最適!

   

出典:木のむらキャンプ場

キャンプサイトマップを見たら一目瞭然!「木のむらキャンプ場」は、場内のど真ん中に清流都幾川が流れる川沿いのキャンプ場です。綺麗な川での水遊びや釣り、バーベキューを日帰りで満喫したり、設備の充実したバンガローに宿泊したり、キャンプ初心者でも気軽に楽しめる場所です!

子どもも安心して遊べるきれいな川沿いでBBQ&釣り

都幾川の源流近くのため夏でも川の水が冷たく、マイナスイオンの清涼感が気持ちいい! 浅瀬が続くせせらぎでの川遊びや浮き輪を使った川下りまで、キャンプ場の上流と下流で様々な川遊びが楽しめます。水の綺麗な清流には、ヤマメ、カジカ、ウグイなどが泳ぎ、渓流釣りにも最適。河原でのバーベキューも最高です。子どもも安心して遊べるので、一緒にサワガニ獲りにも挑戦してみましょう!

ブログでの評判も上々です!

さぁ~食後の運動!
川遊びを楽しみますよ♪
おたまじゃくしを捕まえたり
沢蟹を捕まえたり
非日常を楽しめました♪

ハイエースがある生活♪

キャンプ場を流れる清流での生き物探しは、大人でもワクワクできそうです!

川に堰を作ってあるので安全に遊べる ちょっとちべた~い天然のプール。

TIARE hair resort ブログ

川の流れを調節できる堰(せき)が作ってあるので、子どもも安心して川遊びができます!

設備充実のバンガローで宿泊!

   

出典:ちょこたび埼玉

高床式のログキャビン感覚のかわいらしいバンガローは、5~6人用の棟と7~8人用の大きめな棟があります。屋根付きの調理場やテーブル付きの食事スペースなど、周辺設備も充実していて、木の香りに包まれながらゆっくりと気持ちよく眠れます。

料金:[バンガロー]8,000円(5~6人用)10,000円(7~8人用)/棟

バンガローのブログでの口コミはこちら!

今回はテント泊ではなくバンガローに泊まる予定です。
なんせ今日はバンガロー。テントを建てる労力に比べたらなんてことありません。

TIARE hair resort ブログ

テントを設営する苦労が必要ないので、キャンプ初心者にはバンガローがおすすめです!

バンガローに泊り、キャンプ場から薄手の毛布をレンタルできたので、私は寝袋を購入していません。(毛布200円、敷毛布100円)
私が木のむらキャンプ場を訪れたのは、7月下旬の夏休み中でした、そこそこ山奥・渓流沿いという立地。当日の天候はくもりで、バンガローの窓を開けっぱなし、薄手の毛布だけで寝て、朝まで寒いと感じる事無く快適でした。

純情インフォ

毛布や敷毛布をレンタルすれば、夏場は寝袋がなくてもバンガローで快適に眠れそうです!

【ポイント】デイキャンプなら駐車場が満車になる前に到着を!

   

出典:埼玉県ときがわ町

「木のむらキャンプ場」は、日帰りのデイキャンプでも充分に楽しめます。ただし、駐車場がすぐに満車になるので早めに到着することを心がけてください。

ブログではこんな情報も!

5時過ぎからデイキャンプの河原が
凄いことになってました。
皆さん
やる気満々なのは解りますけど
早過ぎませんか?
(涙)

ハイエースがある生活♪

ピーク時はこんなこともあるようなので、デイキャンプには早めに出かけましょう!

様々なタイプのテントサイトもご用意!

「木のむらキャンプ場」は、新設のオートサイトや常設テントサイト、持ち込みテントサイトなど、様々なテントサイトも充実しています。キャンプの用途に合わせてお好みの場所を選んでみてください!

新設サイト

新設のオートサイトは、区画内に電源や流し台が併設してあるのでとても便利!もちろん車1台の乗り入れが可能ですが、サイトのサイズが狭めのため、キャンプの際は念頭に置いてください。テントやタープの持ち込みは、オートサイト使用料に含まれます。

料金:[オートサイト]3,000円~/区画

常設テントサイト

   

出典:埼玉県ときがわ町

常設テントサイトは、設営の手間いらずでテント泊が出来る!川の中州という最高のロケーションに、5~6人用のテントが10棟ほど用意されていて、気軽にキャンプを楽しむことができます。

料金:[常設テントサイト]3,000円/区画

持ち込みテントサイト

持ち込みテントサイトは、バンガローエリアの奥のひっそりとした場所。自らテントを張って静かに過ごしたい人、またソロキャンプにもおすすめです!

料金:[持ち込みテントサイト]2,500円/区画

テントサイトに関するブログの口コミをチェック

どれもテントを張って
あとはオープンタープをコンパクトに張ってもギリギリでしたが
二組でグルするならうまく使えそう

気の向くままに…

新設のオートサイトのサイズは狭めのため、グループキャンプでシェアすると広く使えそうですね!

私達が泊ったのは「オートキャンプ場」ですが、
山の傾斜に合わせて作られています。
また、南側は山で直射日光を避けるようなサイトの作りになっており
日中涼しいのはポイント高いです!!!
以前来た時は常設テントにしましたが、
個人的には、風通しが悪くジメジメとした匂いが気になった為、
自前テントがおススメ!!!

Natural Life

オートサイトは立地的に日中涼しいのが高評価、常設テントサイトは風通しが悪いという声も?

ちなみに、駐車場は、本来予約していたオートサイトから川を挟んだ向こう岸。川を渡ってサイトを見に行ってみましたが、車を置くスペースとサイトの間には階段があり、段差になっているため、そもそもキャンピングカーでサイドオーニングを広げてキャンプすることはできない作りのようです。

campingcar-life!

オートサイトは、車を置くスペースとサイトの間に段差があるようです。キャンピングカーも不向きなようなので、キャンプの際は注意しましょう!

【ポイント】サイトサイズにあったキャンプを!

「木のむらキャンプ場」のテントサイトは、川沿いの地形と関係して比較的狭めのサイズが多いようです。テントやタープは広さや立地にあった張り方が望ましく、その場で設営を工夫出来ると快適に過ごせそう!キャンプスキルを身に着けて行きたいですね。

行く前にチェック!木のむらキャンプ場の情報

   

出典:都幾川温泉 旅館とき川

周辺の温泉やスーパーなどの情報、当日の天気や気温など、キャンプに行く前に気になることは、あらかじめチェックしておきましょう!

周辺の温泉施設は?

キャンプ場のすぐ近くには、日本有数のアルカリ温泉で「美肌の湯」として知られる日帰り温泉施設「都幾川温泉 旅館とき川」があります。貸切り岩風呂や純和風部屋、柚子をふんだんに使ったヘルシーな薬膳料理など、キャンプとともに少し贅沢な気分で身も心も癒すことができますよ♪

公式はこちら:都幾川温泉 旅館とき川

周辺のスーパーは?

キャンプ場周辺のスーパーですが、車で20分ほどのところに「ベイシアマートときがわ店」があります。バーベキューの食材などの買い出しはこちらが便利です!

・ベイシアマートときがわ店
住所:埼玉県比企郡ときがわ町大字玉川4333-1
電話:0493-65-4111
営業時間:10:00~20:00

天気や気温を要チェック!

「木のむらキャンプ場」のあるときがわ町は、かつて観測ドームで天体観測が行われていたほど空気が澄んでいて比較的晴れの日が多い気候ですが、キャンプに行く前は必ず天気や気温をチェックして、防寒対策を忘れないようにしましょう!

キャンプ場の詳細情報

【基本情報】
住所: 埼玉県比企郡ときがわ町大字大野1440
電話:0493-67-0850
料金:
[入場料](高校生以上)500円(中学聖以下)300円
[バンガロー]8,000円~/日
[オートサイト]3,000円~/区画
[常設テントサイト]3,000円/区画
[持ち込みテントサイト]2,500円/区画
チェックイン / チェックアウト:15:00 / 11:00
公式はこちら:木のむらキャンプ場

まとめ

都会の喧騒を離れて「大自然を満喫したい」「川遊びを楽しみたい」と思ったら、都心からのアクセスが良い埼玉・ときがわ町の「木のむらキャンプ場」が最適。気持ちのよい川の水と豊かな緑の風の中で一日中遊べば、大人も子どももリフレッシュできます!


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪