機能もデザインもお気に入りを選ぼう!スープジャーのおすすめ6選

 キャンプ料理

スープジャー

出典:Amazon

スープやリゾットなどの温かい食事はもちろん、冷たいスープにも使えるスープジャー。保温・保冷の機能性はもちろんのこと、洗いやすさや食事のしやすさも気になります。今回は、スープジャーの選び方とおすすめの商品をご紹介します。自分向きのスープジャーがあるかチェックしてくださいね。


 目次


スープジャーの魅力と選ぶときに注意したいポイント

スープ料理    

出典:Amazon

スープジャーの魅力は、何といっても熱いものは熱いままに、冷たいものは冷たいままに味わえることです。温度も味覚を左右する重要なポイントなので、保温力・保冷力が高ければ、満足度も上がります。ただ、スープジャーを純粋に保温力・保冷力だけで選ぶと、かなり容量の大きい商品ばかりが候補にあがってきます。

朝食を作ってから6時間後のランチタイムに、60度以上の温度を保っているスープジャーがおすすめだといわれています。ただ、サイズの小さなスープジャーはどうしても温度が変化しやすいため、保温力だけで見ると小さな容量のスープジャーはかなり不利。保温性能の高いサーモスでさえ、6時間後の保温性能が61度以上となる製品の容量は、大きいといわれる500mlです。

このように、保温性能はサイズによっても大きく左右されます。スープジャーを選ぶときは、自分の食べる量と保温力の兼ね合いで、どのあたりでバランスを取るかをしっかり検討しましょう。

使いやすい!
専用のケースも購入して使っています。
お鍋に野菜とキューブコンソメを入れて一煮立ちしてからジャーに入れると、お昼には野菜が柔らかかなってスープが出来上がっています。

出典:Amazon

スープジャーの保温力を活かした料理のレシピもたくさんあり、試してみたくなりますね。このような料理をする場合は、保温力の高い大きめのスープジャーの方がうまくいきやすいです。

スープジャーの用途から考えた選び方

スープジャーの選び方について、性能やデザインだけでなく、自分の用途から考えてみることも重要です。ソロキャンプで料理をした後に、残ったスープなどを入れておきたい場合は、あまり大きくなくてもいいかもしれません。家族での食事に使うなら、保温力の高い大きなサイズのスープジャーを使うという手もあります。

ランチタイムに使う場合は、純粋に自分が食事できる量を考えて、それに合わせて購入した方が良いでしょう。大きめのスープジャーを購入しても中身が少ないと、それだけスープは冷めやすくなります。自分の場合はどのパターンの使い方が多いのか考えてみましょう。

朝7時に入れたスープが12時でも十分温かく、とても重宝してます。事前に熱湯を入れてジャーを温めておくのが良いと思います。

出典:Amazon

サイズの比較的大きなスープジャーを使っている方の口コミでは、5時間後でも十分温かいとのこと。事前にジャーを温めておくことでも、保温力を上げることができます。

スープジャーのおすすめ6選!サイズ順にご紹介

ここからは、スープジャーのおすすめ商品をサイズの小さな順にご紹介します。サイズが小さくても保温性能は優秀な商品や、デザイン性に優れた商品もありますので、自分好みの商品を探してみてくださいね。

まとめ

スープジャーのおすすめ商品を紹介しました。スープジャーの容量、保温力、そして自分がどのような用途に使うのかを考えてから商品選びをすると、スムーズに最適な商品が見つかります。個性的なデザインの商品など、性能以外の要素もありますので、じっくり選び、長い間愛着が持てそうな商品を選んでくださいね。


あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

キャンプ小物

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪