食事量や料理に合わせて使い分けよう!ランチジャーのおすすめ6選

 キャンプ用品

ランチ用のお弁当ジャー

出典:Amazon

おかずやご飯の温度を保ち、温かい食事ができるランチジャー。毎日のランチタイムだけでなく、キャンプなどで使うのにも便利ですね。今回は、ランチジャーを選ぶときのポイントとおすすめのランチジャーを6商品ご紹介します。温かいお弁当でおいしいランチを楽しみましょう。


 目次


ランチジャーの魅力と利用するメリット・デメリット

ミッフィーのランチお弁当ジャー    

出典:Amazon

ランチジャーの魅力は、保温や保冷に優れている点で、温かい料理は温かいままに、冷たい料理は冷たさをキープして、よりおいしく感じる温度で食事ができる点です。また、保温力や保冷力のおかげで、雑菌の繁殖を抑える点も大きなメリット。

雑菌が繁殖しやすい温度は20~40度といわれています。多くのランチジャーは60度以上の温度を6時間キープするため、アツアツの状態で詰めたご飯やスープなら、お昼にご飯を食べるまでの間は雑菌が繁殖しにくいのです。

ただし、おかず容器は保温・保冷力がないタイプの場合は、おかずのみ雑菌が繁殖しないように注意する必要があります。ランチジャーのデメリットは、一般的なお弁当箱に比べてかさばるという点。保温する構造上、これはどうしても仕方のない部分です。

できる限りコンパクトにまとめられるよう工夫されている商品や、手提げで持てるようにしている商品もありますので、持ち運びに便利そうな物を選ぶといいでしょう。

食事をするときは、アツアツとまではいきませんが、ほどよい温度に保たれているのでおいしく感じられます。おかず容器が保温タイプでない場合は、しっかり冷まして雑菌が繁殖しない用に注意して使いましょう。

ランチジャーのタイプと選び方

ひと口にランチジャーといっても、さまざまなタイプがあります。一般的によく見られるタイプは、ご飯とスープが保温容器で、おかずは通常の容器という組み合わせです。他には、ご飯だけ、スープだけのタイプ、丼料理に向いたタイプ、おかずも含めてすべて保温容器になっているタイプがあります。

基本的には、ご飯とスープが保温できるタイプが便利です。ときどき気分を変えるために、丼タイプのランチジャーもあるとお弁当のレパートリーが広がります。現在あるお弁当箱やおかず入れにプラスして購入する場合は、ご飯専用のジャーやスープジャーを選ぶといいでしょう。

また、容量も重要なポイントです。子どもと成人男性や育ち盛りの高校生では食事量が全然違います。お弁当箱の容量は、目安としてそのまま食事のカロリーにもなりますので(
500mlなら500kcal)、大きさを選ぶ際の参考にしてくださいね。

丼タイプのランチジャーは、ご飯もおかずも温かい状態を保て、いつもと違うメニューにできるので便利です。夏は冷たい麺類を入れて保冷目的で使うということもできますよ。

ちょうどいい温度の食事が楽しめる!おすすめのランチジャー6選

ここからは、お弁当の時間が楽しみになるおすすめのランチジャーをご紹介します。容量や用途などに合わせて、ちょうどいいサイズのものを選んでくださいね。

ランチジャーで外でも暖かいお弁当を食べよう!

ランチジャーは、お弁当をよりおいしくしてくれる便利グッズです。会社の電子レンジでお弁当を温めて食べている人や、ランチでもスープが飲みたいという方は、ランチジャーの購入を検討してみてはいかがでしょうか。容量とランチジャーのタイプをチェックして、そのお弁当を使う人が満足できるようなサイズのランチジャーを選びましょう。


あわせて読みたい記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪