暑さと光に邪魔されない注目テント!コールマンのダークルームに2019年新作が登場!

 キャンプ用品

出典:コールマンジャパン

キャンプの朝、テント内に差し込む日の光や暑さで目覚めてしまった経験はありませんか?そんな経験のある人におすすめしたいのが、コールマンのダークルームテクノロジー!これがあれば、光や暑さに悩まされることがなくなります。2019年、新たなテントやシェードが追加され、ダークルームテクノロジーのシリーズが拡張されました!そのアイテムたちをご紹介します☆


 目次


キャンプでは時間を気にせず、朝までぐっすり眠りたい!

   

出典:Wanchanta / ゲッティイメージズ

せっかくキャンプへ行くのだから、時間を気にすることなく、何にも邪魔されず、朝までぐっすり眠りたいですよね!しかし、テントにはカーテンや雨戸、シャッターがないため、真夏は早朝からテント内が明るくなってしまいます。さらに日の光を浴びたテントの中は、熱や湿気がこもり、蒸し暑くなります。そのような状態では、快適な睡眠を十分にとるのは難しいですよね。

そんな悩みを解決してくれるのが、コールマンのダークルームテクノロジーシリーズ。一体どんなアイテムが揃っているのでしょうか?

真夏でも快適な睡眠が取れる「ダークルームテクノロジー」

「ダークルームテクノロジー」とは?

   

出典:コールマンジャパン

ダークルームテクノロジーとは、90%以上の日光を遮断し、テント内の温度上昇を大きく抑えることができる技術のこと。コールマンの実験によると、テント内と外気温の最大温度差は約13.5℃!真夏でも快適な睡眠をとることができます。さらに、UV遮蔽率も99.99%と、日焼け対策も万全です!

明るさはどのくらい変わるの?

   

出典:コールマンジャパン

こちらは通常のテント内の明るさです。窓をすべて閉めても、これほどの光が入ってきてしまいます。明るくなったテント内でぐっすり寝続けることは難しいですよね。

   

出典:コールマンジャパン

ダークルームテクノロジーを採用したテント内では、ここまで光を遮断することができます。日中でも日の光をブロックしてくれるため、お昼寝も快適にできてしまいます!

Twitterには、このようなつぶやきも!これほど暗ければ、夜を待たずに幕内でプロジェクターを使用することもできますね!騒音などには配慮する必要がありますが、朝から映画鑑賞や、ゲーム大会をすることも可能です。

2019年 ダークルームテクノロジーシリーズに新作登場!

ダークルームテクノロジーシリーズは、2019年2月に新作が登場し、シリーズが拡張されました!これまでにあったタフシリーズとポップアップテントについては、新作モデル紹介の後にご紹介していきます。

シート付で初心者にお得なティピーテント!

   

出典:コールマンジャパン

かわいらしいティピー型のテントです!ワンポールのシンプル構造で、グランドシートとインナーシートもセットになっているため、初めてキャンプに行く人に嬉しいテントです。見た目はコンパクトですが、家族4人でも就寝できるほどの広さがあります。さらに、ベンチレーションにより幕内の空気が循環するため、夏場のキャンプも快適に過ごすことができます!

   

出典:コールマンジャパン

テント上部には、必要に応じて幕内に光を取り入れることができるクリアリーフウィンドウが付いています。テントへ出入りする際に幕内が暗いと危ないため、窓から光を取り入れることができるのは嬉しいですね!

【基本情報】
 製品名:エクスカーションティピー/325+ スタートパッケージ
 使用サイズ:325×230×200(h)cm
 重さ:6.6kg
 購入はこちら:エクスカーションティピー/325+ スタートパッケージ

広々快適なツールームテント!

   

出典:コールマンジャパン

ファミリーキャンプに最適なツールームテントです。トンネル構造が採用されているため、ティピーテントに比べて広々とした作りになっており、快適なキャンプを楽しむことができます!

   

出典:コールマンジャパン

寝室だけでなく、リビング側にもダークルームテクノロジーが搭載されています。メッシュ窓を開けば、作業をするには問題ない暗さに!テント内のメッシュ窓を開くと通気性も良くなり、さらに涼しく快適に過ごすことができます◎

【基本情報】
 製品名:トンネル2ルームハウス/LDX+
 使用サイズ:300×235×185(h)cm
 収納サイズ:72×31×26cm
 重さ:19kg
 購入はこちら:トンネル2ルームハウス/LDX+

一人でも設営簡単!パーティーシェード

   

出典:コールマンジャパン

解放感抜群なシェードです。自立式フレームが採用されているため、一人でも簡単に設営することができます。さらに、高さが3段階で調整することができるようになっています。風がある時や雨が降っている時は、高さを一番低くすることで、横から吹き込む雨風を抑えることができます◎

【基本情報】
 製品名:パーティーシェード DX/300+
 使用サイズ:300×300×225(h)cm
 収納サイズ:28×25×89cm
 重さ:16.5kg
 購入はこちら:パーティーシェード DX/300+

【基本情報】
 製品名:パーティーシェード DX/360+
 使用サイズ:360×360×260(h)cm
 収納サイズ:28×25×89cm
 重さ:19kg
 購入はこちら:パーティーシェード DX/360+

イベントで大活躍!インスタントバイザーシェード

   

出典:コールマンジャパン

こちらは2段階の高さ調整ができるシェードです。雨や日差しが入りづらいため、運動会やバーベキューなどの野外イベントで大活躍!サイドウォールを日の差し込む向きに合わせて取り付けると、紫外線もばっちり対策できます◎熱中症予防にも、もってこいのシェードですね!

【基本情報】
 製品名:インスタントバイザーシェード/M+
 使用サイズ:
 [シェード] 270×270cm
 [フレーム] 220×220×250(h)cm
 収納サイズ:直径18×118cm
 重さ:13kg
 購入はこちら:インスタントバイザーシェード/M+

これまでのダークルームテクノロジーシリーズ!

キャンプ初心者におすすめ!タフプラスシリーズ

   

出典:コールマンジャパン

撥水性が高いうえ、高い耐久性も兼ね揃えたハイスペックな「タフプラスシリーズ」。一人でも立てられるよう設計されているため、キャンプ初心者にもおすすめのテントです◎タフプラスシリーズには、ファミリーキャンプに最適な2ルームテント「タフスクリーン2ルームハウス+」と、ドームテント「タフドーム/3025+」がラインナップされています。

【基本情報】
 製品名:タフスクリーン2ルームハウス+
 使用サイズ:320×230×170(h)cm
 収納サイズ:直径30×74cm
 重さ:17.5kg
 購入はこちら:タフスクリーン2ルームハウス+

   

出典:コールマンジャパン

【基本情報】
 製品名:タフドーム/3025+
 使用サイズ:300×250×175(h)cm
 収納サイズ:直径26×72cm
 重さ:11.5kg
 購入はこちら:タフドーム/3025+

設営簡単!ポップアップテント

   

出典:コールマンジャパン

ソロキャンプ向けテント「クイックアップドーム/S+」と、デュオキャンプ向けテント「クイックアップドーム/W+」は、設営や撤収が簡単なポップアップテントです。コンパクトなテントは、キャンプだけでなく、フェスなどのイベントでも大活躍します!

まとめ

ダークルームテクノロジーが搭載されたテントなら、真夏でも快適な睡眠を取ることが可能に!さらに、シェードを合わせると、基本的に外で過ごすことの多い日中でも、涼しく過ごすことができます!今年の夏キャンプは、ダークルームテクノロジーシリーズのテントを手に入れて、快適なキャンプを楽しんでくださいね♪


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪