夏でも涼しく過ごせるテント?ダークルームテクノロジーを体験してみた♪【今月のフカボリ!vol.3】

 キャンプ用品

今月のフカボリは、コールマンの2019年新作「トンネル2ルームハウス/LDX+」。昨年秋に販売が開始され早速人気商品となったトンネル2ルームハウスが、ダークルームにモデルチェンジしたということで、注目が集まっていますよね。でもダークルームって本当に涼しいの?今回も実際にhinata編集部が体験してきました♪


 目次


ダークルームテクノロジー搭載の期待の新作

   

遮光性に優れた素材を使用し、日光を90%以上ブロックすることで、テント内の温度上昇を抑えるダークルームテクノロジーを搭載した「トンネル2ルームハウス/LDX+」がついに登場♪コールマンの最新技術を取り入れた2ルームテントとだけあってキャンパーからの注目を集めています。

ダークルームテクノロジーって実際どうなの?

   

ダークルームと言われてもなかなか想像がつきませんよね。どれくらい暗いのか、光を遮断すると本当に涼しいのか、多くの疑問が湧いてきます。今回はそんな疑問を解決するべく、「トンネル2ルームハウス/LDX+」をhinata編集部がフカボリします☆

「トンネル2ルームハウス/LDX+」を実際に体験♪

   

早速、テントを持ってキャンプ場にやってきました。設営するとどうなるのでしょうか、ワクワクしてきましたね。

   

設営方法は一般的なトンネルテントとほとんど変わりません。コールマンの設営説明書は注意点などを非常にわかりやすく記載してあるので、さくさく進みます。

   

そして設営完了!フォルムもなかなか格好よいですね。それではフカボリしていきましょう♪

広くて快適!トンネル2ルームハウス自体の強み

ゆったりくつろげる!広々としたリビング

   

トンネル2ルームハウスのリビングは、思っていたよりも広々としていて快適!家族や友達同士など4〜5人でキャンプするには十分な広さです。チェアやテーブルなどを配置しても、窮屈さは全く感じません。

   

それもそのはず、ひさしがあるためテントの実際の大きさ以上に広く感じます。このひさしのおかげで、涼しく使える面積が増え、快適にキャンプできるわけですね。

さらにこのひさしは、日差しだけでなく雨などからも守ってくれます。天候が悪かったとしても安心してキャンプできるので嬉しいです!

天井だって高い!

   

見てください!身長ぴったり170cm、日本の男性のほぼ平均身長が立っても大丈夫です!

天井の高さは約185cmと、立っても屈む必要がないちょうど良い高さ。これならリビングでストレスを感じず、快適にくつろぐことができそうですね☆

ダークルームの暗さと涼しさを体感♪

   

と、ここまでの写真ですでに、テント内がかなり暗いことはお分かりになられていると思います。実際過ごしてみると、想像以上に暗いですが、メッシュにしていれば十分に採光があり明るさを感じます。(ランタンつける必要などはもちろんありません。)体感温度も外と比べると格段に過ごしやすい涼しさです。

   

外は晴れ、かんかん照りにも関わらずテント内は涼しく快適♪これは本当に魅力的です!

しかしダークルームテクノロジーの凄さはここから!太陽の光をある程度取り込み、風通しもよくするためにメッシュ窓にしていましたが、これを全部閉めたらどれくらい暗いかというと…

   

はい、撮影の手伝いに来てくれていたスタッフみのるが、撮影中にも関わらず爆睡するくらい真っ暗になります(笑)。仕事中ですよ!!!

想像の遥か上を行く暗さです。夜ではないかと体が錯覚してしまうほど暗いので、このように真昼にも関わらず寝てしまったり、テントの外に出ると眩しさで目が開かなくなったりしてしまいました。

   

さらなる魅力はこれ。モバイルプロジェクターを持っていけば、ダークルームテント内で映画が見れてしまいます♪この写真も真昼に撮影したんですよ!

今までありえなかったデイキャンプでの映画鑑賞も、このテントならできてしまいますね。

外気温と比べてどれくらい涼しいの?

ダークルームテクノロジーの魅力、そして昼間でもテント内は涼しく感じることがわかりました。しかしこれはあくまで私の体感の話。では実際に温度を測って、どれくらいダークルームテクノロジーが優秀なのか検証していきます。

さーて、温度は何度かな?

   

今回温度を測るのは3箇所。

まず 1. テント外の木陰、これを外気温のベースとして考えます。そして 2. テントのリビング、こちらはメッシュ窓にし、光を取り込みます。最後に 3. 寝室、こちらは完全に締め切って暗闇の状態にします。

テント内が体感的に涼しいことはわかりましたが、実際の気温はどうなのでしょうか?

   

木陰も日なたと比べれば多少は涼しく感じますが、初夏の晴れの日とだけあって30度を超えていました!さすがにこの暑さはちょっと辛いですね…。

   

続いてリビング!なんと外気温と比較して約2度低いという結果になりました。さらにメッシュ窓で風通しがよく、湿度はほぼ外と変わらないので、これは過ごしやすいに決まっていますね☆

これに加え、ダークルームテクノロジーにより完全な日陰になっているので、結果以上に体感温度は涼しく感じるはずです♪

   

さいごに寝室!こちらは外気温と比べて約3度も低いという結果になりました。たしかにリビングよりもひんやりしていて過ごしやすいです。ただ窓を開けていないので、寝室内で10分くらい過ごしていただけですが、外やリビングよりも若干湿度が高いという結果になりました。

このようにダークルームテクノロジー搭載のトンネル2ルームハウスは、名実ともに暗くて涼しいテント!体感温度だけでなく、実際の温度も涼しいなんて本当に驚きでしたね☆

まとめ

【結論】夏のキャンプは「トンネル2ルームハウス/LDX+」で涼しく過ごせる!

   

コールマンの新作は、夏のキャンプでもダークルームテクノロジーで涼しく快適に過ごせる前評判通りのテントでした!太陽がサンサンと照っていても、テント内で涼しく過ごせるなんて、とっても魅力的。ダークルームの登場で、これからのテント選びには「暗さ」や「涼しさ」といった新たな基準が流行するかもしれませんね♪


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪