かわいくて機能的♪キャンプにオーバーオールは意外とアリかも!

 ファッション

出典:SomeMeans/ゲッティイメージズ

キャンプファッションと聞くと、なんとなく「カラフルな色彩で、スポーティーなデザインの服装かな?」と想像する方もいるのでは。そんな中、実はオーバーオールがじわじわと注目を集めているのです。キャンプにオーバーオール!?とびっくりする人もいるかもしれません。でも実は、存分にキャンプが満喫できるおすすめファッションなのです!そんなオーバーオールの魅力をさっそくご紹介していきます!


 目次


そもそもキャンプファッションって?

   

出典:Pimpay/ゲッティイメージズ

キャンプの定番ファッションといえば、防寒対策や紫外線対策、害虫対策も考慮した機能的なウェアが望ましいですよね!そんなアウトドア向けのウェアは、明るい色や防水透湿性、立体裁断で体にフィットするデザインが多いことが特徴です。しかし、明るい色やスポーティーなウェアを着慣れない方の中には、定番キャンプファッションに少し抵抗がある…という懸念もあるのでは。

オーバーオールの魅力とは...

普段着ないカラフルなキャンプウェアに抵抗がある場合は、カジュアルな洋服に近いウェアを選んでみるのもひとつの手です。そこでおすすめしたいのが、オーバーオール!最近ではおしゃれさんが、オーバーオールを街でもよく着ている姿を見かけるようになりました。デザインはもちろん、人気の秘密が他にもあるはず!オーバーオールの秘密を解剖していきましょう!

知ってた?オーバーオールの優秀すぎる機能性

   

出典:楽天

1860年代のアメリカのゴールドラッシュ時期に、トップスが汚れやすい鉱山労働者の作業着として作られたオーバーオール。左腰の部分に付いているポケットは、スケールポケットという定規を入れるためのものです。他にも、左太ももの外側にはハンマーループというハンマーを吊るすためのループが付いています。フロントに位置する胸ポケットは、多くの部品や道具を収納するのに使われていました。それらの名残りから、現在でも多くの機能的なディテールがデザインに盛り込まれているのです。

キャンプでも活躍するオーバーオール!

   

出典:Amazon

もともと、オーバーオールには抜群の収納性が設けられているため、荷物の多くなりがちなキャンプにうってつけなのです。例えば、設営時に見失いがちなペグやロープなどを身近に収納でき、ハンマーもループにかけておくことで作業効率がグッと上がります。いちいち道具を持ち替えて行なっていた作業がスムーズになることで、設営の時短にも繋がります。

オーバーオールファッションの楽しみ方

   

出典:Hakase_/ゲッティイメージズ

オーバーオール自体がベーシックなカラーが多く、シャツ、Tシャツ、カットソーと何にでも合わせやすいのも魅力のひとつ!全身を覆う形状をしているオーバーオールは、読んで字のごとくサイズ感はゆったりめ。そのため可動域が広がり、その点でも作業の効率アップが見込めます!

また、自分で持っているキャンプファッションとも相性がよく、タウンユースでも浮かないデザインが人気の秘密。

おすすめブランドのオーバーオールをご紹介!

スノーピーク True Organic Overalls

   

出典:スノーピーク

栽培工程だけでなく、加工工程でも合成化学染料・化学薬品等を一切使用していない生地を使う徹底ぶり!日本製であることに加え、コットン100%。さらに、紫外線をカットするUV効果がある茶綿を使用しているので、茶綿の日光に当たることによって色が変化する過程も楽しめます。

購入はこちら:スノーピーク True Organic Overalls

Kavu Bootlegger Overall Pant

   

出典:Amazon

KAVUらしい派手な柄が使われたオーバーオール。コットン98%、スパンデックス2%とエコフレンドリーな素材が特徴。S〜XXLまで幅広いサイズで展開しています。足元部分が比較的すっきりしているので、キャンプでは珍しい細身コーディネートを楽しむことができます。

※2019年1月現在、在庫なし

まとめ

いかがでしたか?いつも着るキャンプウェアとは別に、オーバーオールを着てキャンプにでかけることで、いつもとは違った楽しみ方ができるかもしれません。キャンプでもタウンユースでも楽しめるオーバーオールを、この機会にぜひ着てみてください!


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪