自転車キャンプの新定番!バイクパッキング!

 ノウハウ

出典:MamonovStanislav / ゲッティイメージズ

自転車で行くキャンプツーリングの方法として、現在流行しているのが、バイクパッキングという方法です。バイクパッキングは自転車本体にバイクバッグを取り付ける方法で、従来の方法と比べて、軽量かつコンパクトに自転車に荷物を積載する事ができます。自転車の軽快さをそのままにキャンプツーリングを楽しむ方法として、自転車キャンプツーリングの新しい定番となっています。


 目次


自転車キャンプツーリングの魅力!

   

出典:andreusK / ゲッティイメージズ

自転車キャンプツーリングは自転車に乗ってキャンプを行う事です!自転車にキャンプグッズを積載し、サイクリングを楽しみつつキャンプ地を目指す。オートバイや車と比較して初期投資を抑えて、キャンプにチャレンジできるため、若い方には非常におすすめ!速さは決してオートバイや車には及びませんが、ゆっくりと走る事で風景や寄り道を楽しみながら目的地に向かうため、一味違う旅の道中を味わうことができます。

流行中!バイクパッキングスタイルの紹介!

   

出典:aleksey_rezin / ゲッティイメージズ

バイクパッキングの定番スタイルは、自転車にハンドルバッグ、フレームバッグ、サドルバッグを装着するスタイルです。現在は多くのバッグブランドからバイクパッキング用グッズが発売されており、好きなブランドでバッグを統一することが主流となっています。

バイクパッキングシステムとは?

   

出典:kapulya / ゲッティイメージズ

バイクパッキングシステムとは、後付けの部品を使用せず自転車に装着できるバッグの事です。今回は、自転車キャンプツーリングの中でも、現在流行しているバイクパッキングシステムを使用した自転車キャンプツーリングの方法をご紹介します。バイクバッグは自転車のどの部分に装着するかによって種類が分かれます。バイクパッキングで主に使用されるバイクバックは3種類あり、ハンドル部分に取り付けるハンドルバーバッグ、フレーム部分に取り付けるフレームバッグ、サドル部分に取り付けるサドルバッグがあります。

ハンドルバーバッグ

ハンドル部分に取り付けるバッグ。ハンドルの形状によって取り付けられるバッグが変わるため購入の際は少し注意が必要です。大容量のバッグが多いため、バイクパッキングの際には非常に重要なバッグです。

フレームバッグ

自転車フレームの三角空間に取り付けるバッグ。自転車のサイズや形状に合ったものを選べば、自転車のデッドスペースも活用可能!容量は決して大きくありませんが、乗っている間にもバッグに手が伸ばせるため、走行中でも食料などの荷物が出し入れ可能で非常に便利なバッグです。

サドルバッグ

サドル下に取り付けるバッグ。容量が小さいものから大きいものまでバリエーションが豊富です!自転車のサイズや形状を気にせずに、大体の自転車に取り付ける事が可能です。折りたたみ自転車などにも装着が可能なので、使い道が多い事が特徴!

hinata編集部おすすめのバイクパッキング商品紹介

ここで、筆者がおすすめするバイクパッキング商品をご紹介します!ブランドはズバリ、ブラックバーンのバイクバッグ。ハンドルバーバッグとサドルバッグには取り外し可能なドライバッグが付属しており、バッグそのものを自転車から外す事なく、荷物の出し入れが可能!フレームバッグは拡張機能付きで、荷物の収納量を調節する事ができます。

昔ながらの自転車キャンプツーリングとはココが違う!

   

出典:Daniel Cabrera / ゲッティイメージズ

自転車キャンプツーリング自体は昔ながらの自転車の楽しみ方です。ですが、バイクパッキングが登場して流行し始めたのはここ数年の話。なぜバイクパッキングが流行っているのでしょうか?ここでは、バイクパッキングと従来の自転車キャンプツーリングとの違いをご紹介します!

キャリアなどの後付け部品不要!

従来の自転車用バッグは、パニアバッグといって自転車にキャリアという後付けの台座がなければ装着できませんでした。一方、最近流行しているバイクパッキングでは、キャリアなどの後付け部品なしで装着が可能に!キャリアがない分、自転車自体の重量を最小限に抑える事ができます。

工具いらずで簡単装着!

キャリアの取り付けには工具が必要ですが、多くのバイクバッグは、マジックテープやベルトで装着できるため工具不要!バッグを自分で簡単に取り外しできるので、自転車屋さんにお願いしなくても、使いたい時だけ装着することができます!

どんな自転車でも装着可能!

キャリアを使用する従来のキャンプツーリングは、そもそもキャリア取り付け可能な自転車でしか行えませんでしたが、バイクパッキングシステムは自転車の種類を選びません!どんな自転車でも、その自転車に合うバイクバッグをつけてキャンプツーリングを楽しめます。

バイクパッキングにおすすめの自転車

   

出典:楽天

バイクパッキングに挑戦したい!という方におすすめしたい自転車があります。それが、2019年モデルのマリンフォーコーナーズ、限定50台オルトリーブバッグセット!

これぞ旅用自転車!タフネススペック!

この自転車は、キャンプツーリングなど自転車に荷物を搭載することを想定した自転車になっています。自転車の素材は耐久性の高いクロモリ製で、タイヤも非常に太く、パンクなどのあらゆるトラブルリスクを抑えた、タフなモデルとなっています。

限定50台!バイクバッグ付属仕様!

   

出典:Amazon

このオルトリーブバッグセットは買った時から、フレームバッグとサドルバッグがセット!付属しているのはオルトリーブというブランドのバッグで、非常に大きい容量と高い防水性が特徴です。この自転車さえあればすぐにでもキャンプツーリングにチャレンジできます!

驚愕の積載可能量!

この自転車は、バイクパッキングはもちろん、キャリアの装着も可能です!前後にキャリアを装着すると、合計4つのパニアバッグを取り付ける事ができるので、バイクパッキングとパニアバッグを最大活用すれば、最大で約100リットルほどの荷物を積載可能です!

おすすめのバイクバッグブランド紹介

ここでは、おすすめのバイクバッグブランドを紹介します!バイクパッキングの商品を展開するバイクバッグブランドは非常にたくさんありますが、その中でもおすすめブランドを3つご紹介します。

お手軽値段で使いやすさも抜群!トピーク!

トピークのバイクバッグは非常に種類が多く、用途に合わせてバッグの形や容量を細かく選ぶ事ができます。価格帯も他のブランドと比較して安価な上、多くの自転車販売店や通販サイトで購入が可能なため、手に取りやすいブランド。

オシャレバイクバッグ代表!フェアウェザー!

高機能とかっこよさが両立したバッグブランド。撥水性と防水性に加え、高い耐久性もあります。また、フェアウェザーは他のブランドとは違いカラーバリエーションがあるため、好きな色を選ぶ事ができます。

ハイエンドバイクバッグ!アピデュラ!

アピデュラは、バイクバッグの中でも非常に高い性能を持っています。アピデュラのバイクバックに使用されている生地は非常に薄く軽量である事が特徴。もちろん防水性や耐久にも優れており、他のブランドと比較してもひときわ高い機能性を持っていると言えます。

まとめ

今回はバイクパッキングについて紹介しましたが、自転車の楽しみ方を格段に広げる事ができる道具です。最近はキャンプ道具も小型化軽量化が進んでおり、様々な道具を積載する事でバイクパッキングでのキャンプをより快適に過ごせるようになっています。自転車をすでに持っている方はもちろん、持っていない方も、ぜひバイクパッキングでキャンプツーリングにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪