日本が誇る『テンマクデザイン』!こだわり抜かれたおすすめテントを解説!

 キャンプ用品

夜に灯りの灯ったテントの写真

出典:Amazon

決して安くはないキャンプ用品、長く使うことも考えてこだわりたいですよね。アウトドアショップ「WILD-1」から生まれたオリジナルブランド「テンマクデザイン」は、今の日本のキャンプニーズに合わせて商品開発、発信をしています。そんな「テンマクデザイン」からこだわりのギアを一挙ご紹介!


 目次


キャンパーに愛される『テンマクデザイン』その魅力

川沿いに貼ってあるテントの写真    

出典:Amazon

日本のアウトドアを想うコンセプト

一言にキャンプといえど、その仕様は多種多様です。しかし、キャンプに求める「癒し」「楽しみ」「わくわく感」は皆同じ。

テンマクデザインでは、この思いを元に、日本でのキャンプでシンプルに使いやすいギアを展開しています。これからキャンプを始める人にも、今までのキャンプに楽しみを追加したい人にも注目のブランドです。

ニーズを的確に捉えるギア展開

区画サイトのサイズと睨めっこしないといけない大きすぎるテントや、デザインは可愛いのに値段をみてびっくりなテントなど、キャンプ用品を揃える際には悩みが尽きませんよね。

そんな中で、テント1つをとっても、自分仕様にカスタマイズできたりコスパがよかったりと魅力の豊富なテンマクデザインは、ギア選びの選択肢としてとてもありがたい存在です。

テンマクデザインの注目すべきテント6選

▼サーカスTCについてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!

パンダ

テンマクデザインのパンダの設営画像    

出典:楽天

「テンマクデザイン×こいしゆうか」のコラボテント「パンダ」は、他で見ない明るい配色な上に軽量なので、女子キャンプにはもちろん、ソロキャンプやフェスにもおすすめです!

メッシュインナーは風通しが良く、暑くるしい夏の夜も快適に過ごせます◎価格も抑えめなので、家族用テントとは別に少人数用のセカンドテントとしてもいかがでしょうか?2019年にリニューアルして再登場しています!

【基本情報】
使用サイズ:W240×D240×H150㎝
重さ:2,190g(本体、ペグ、収納ケース含む)
素材:40ナイロンリップストップ
カラー:レッド、CLASSIC、アースカラー
公式はこちら:テンマクデザイン

▼パンダはレッドの他にTCタイプも!テンマクデザインのパンダテントについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

【2108年発売】炎幕

テンマクデザインの炎幕テントの画像    

出典:Amazon

こちらはその名の通り、焚き火をテーマに作られたテントです。素材はもちろん燃えにくいコットン100%で、そのワイルドな見た目は、まるで軍が使うシェルターのようで男心をくすぐられます♪

開口が広く設けられているので、横になりながらゆらゆら揺れる炎を心ゆくまで堪能できるのが最大の魅力◎サイズ感としては、ソロキャンプやツーリングキャンプにおすすめです。

【基本情報】
使用サイズ:W330×D190×H130㎝
重さ:5,600g(本体、ポール、グランドシート含む)
素材:コットン100%
公式はこちら:テンマクデザイン

PEPOには、PEPOよりもコンパクトなライトもあります!
詳しくはこちらから:テンマクデザイン ペポライト

▼炎幕やPEPOについてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!

▼こちらも読まれています!

タープも見逃せない!珠玉のラインナップ

▼ムササビウィングについてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!

焚火タープ TCコネクト ヘキサ

焚火タープ  TCコネクト ヘキサ    

出典:楽天

なんと新発想の「繋がる」タープ!1枚ではソロキャンプや少人数キャンプに。人数や展開するギアに合わせて2枚、3枚と増やして繋げて張ることで、大人数でも使用できます。

3枚使いぐるっと焚火を囲んで張ったり、4枚使ってまるでテントのように張ったりと、張り方は自由自在◎使い方次第で注目されること間違いなしです!

【基本情報】
使用サイズ:W420×D315cm
重さ:1,680g(本体、張り綱含む)
素材:コットン混紡生地(TC)
購入はこちら:WILD-1

焚火 タープ コットン ヘキサ

テンマクデザインのコットンヘキサの画像    

出典:Amazon

雨の日のキャンプ、焚火を諦めたことはありませんか?こちらのコットンタープは、別売りの専用難燃シートを使えば雨の日のタープの下でも焚火を楽しめます。

また、大型タープなので、キッチンにリビングなど全てをタープの下に設置することが可能。晴れていても、寝ている間に急に雨が降ってびしょ濡れ…そんなことにならないためにも、寝る前にはギアをタープ下に避難または設置するなどをすると安心です。

【基本情報】
使用サイズ:W570×D560cm
重さ:8,100g(本体、張り綱含む)
素材:コットン100%
公式はこちら:テンマクデザイン

難燃シートの詳細はこちら:Takibi-Tarp専用難燃シート

▼テンマクデザインのタープについてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!

テント・タープ以外にもおすすめしたいギアが目白押し!

▼ワーカーズオカモチについてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!

iron-stove 改

オーブン機能も持つストーブの画像    

出典:Amazon

米国製携帯薪ストーブを元に作られたこちらは、ストーブの機能と携帯製はもちろんのこと、オーブン料理までできる優れものです♡

オーブン料理は仕込みさえ終われば後は焼くだけと簡単なので、あまり冷たい水を使いたくない寒い時期のキャンプに打って付けです。

前回モデルよりも、本体と蓋の強度、排気と薪の燃えすぎを抑制する機能が追加されました。

【基本情報】
使用サイズ:W75×D38×H47cm
収納サイズ:W55×D33×H12cm
重さ:21kg
素材:[本体] 鉄、[窓] 耐熱ガラス
公式はこちら:iron-stove 改

ネグジル(※現在は廃盤になっています)

テンマクデザインのシュラフの画像    

出典:テンマクデザイン

一年を通してできるキャンプですが、その季節ごとにシュラフを買い換えるとなると予算が厳しいものです。しかしこのネグジルなら、その悩みを解決できます!

マミー型シュラフと封筒型シュラフが二枚セットになっているので、寒い日から暑い日までの寝具の調整が可能です。マミー型は腕と足を出すことができ、また、ダウンのようにも着れるので、荷物の軽量化にも最適◎体感差のある男女でもそれぞれに一枚、二枚と選べるので気兼ねなく夜を過ごせます。

【基本情報】
収納サイズ:20×40cm
重さ:1,520g(収納ケース含む)
快適温度:
[インナーのみ] 10℃〜
[アウターのみ] -4℃〜
[2枚重ねて使用] -8℃〜

テンマクデザイン2019年の新作はいかに!

2019年のテンマクデザイン最新ラインナップはサコッシュやダッフルバッグ、カトラリーなど様々。その中からいくつかピックアップして紹介します!

他にも新商品が続々登場。詳しくは詳しくは公式HPをチェック!
公式はこちら:テンマクデザイン2019新商品特集

2019年もテンマクデザインに注目!

テンマクのタープの様子    

出典:Amazon

こんな感じのものが欲しかった!さらに、もうちょっとこうなれば良いのに!その思いが現実になれば嬉しいですよね♡その思いを具現化するために展開を続ける「テンマクデザイン」、今後どんなギアが出てくるのか目が離せません♪こまめにチェックして、お好みのギアを探してみてくださいね!

▼テンマクデザインを展開するアウトドアショップ「WILD-1」についてもあわせてチェック!


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪