hinata

>

キャンプ用品

>

アウトドアブランド

>

テントファクトリー

>

この値段でこのクオリティ!?テントファクトリーのおすすめクーラーボックス

この値段でこのクオリティ!?テントファクトリーのおすすめクーラーボックス

 キャンプ用品

出典:テントファクトリー

ビギナーから、中・上級者まで、アウトドアを愛するすべての人のために生まれたキャンプ用品ブランド、テントファクトリー。コンセプトキーワードは、スタンダード&リーズナブル!キャンプ用品に実績のある工場をパートナーとして、商品企画をダイレクトに行うことで、ニーズにあった最適なモノ作りをプロデュース。また、流通の無駄やロスを省くことで、リーズナブルな価格設定を実現しています。


 目次


クーラーボックスも高クオリティでリーズナブルなテントファクトリー!

   

出典:Amazon

『スチールボックス』と『ステンレスボックス』の2種類を展開しています。スチール素材のクーラーボックスは、比較的値段が安いというメリットがありますが、ステンレスに比べると錆びやすいというデメリットがあります。逆に、ステンレス素材のクーラーボックスは、錆びにくいですが、値段は高くなっています。

サイズはステイキャンプ向けの大型51Lとデイキャンプ向けの29Lの2種。自分にあったクーラーボックスを選ぶため、その特徴を詳しくみてみましょう。

ここが嬉しい!テントファクトリーのクーラーボックスの特徴

手軽な価格

金額的にみると確かに安くは無いですが、同じメタルスチールタイプのハードクーラーボックスの中では、かなりリーズナブルな価格!キャンパーに優しいお手頃価格でおしゃれなクーラーボックスが手に入ります。

映えるおしゃれデザイン!

デザインは3種類。ステンレスタイプはシンプルで、テントや他のギアとも合わせやすいです。何よりその潔さがクールでおしゃれ。スチールタイプは他にはないウッド調のテクスチャーの施されたものもあります。カラーパリエーションも豊富でサイトでもアクセントとなり、おしゃれに映えること間違いなし!

高い保冷力

高い保冷力の理由は注入式ウレタンフォームの断熱材。気密性の高い注入式の発泡ウレタンは、劣化しにくく熱伝導率が低いので、薄い厚みでも優れた断熱効果を発揮させる事が出来ます。

ブログに見る口コミ・評判は?

優れたデザイン性とコスパの良さで、比較的新しいブランドでありながら、着実にユーザーが増えてきています!ユーザーブログやレビューをチェックしてみました。

“保冷力、文句なし!
まだ春のキャンプに使っただけなので、真夏の炎天下ではわからないですが、今まで使っていた安物クーラーとは比べ物にならないです。日中20~24℃、夜間13~17℃程度後のキャンプで、2kgの板氷2枚を入れましたら、3日目の朝まで半分以上氷が残っていました。特に保冷力を高める工夫はせず、キャンプ中に何度も開閉していて、途中でぬるい飲み物も入れたりして、この状態。なかなかのものではないでしょうか。”

“買っちまった理由は・・・
見た目!と、保冷力。
まぁ、ほぼ見た目が理由ですね。(笑)
いいの。実用性や利便性も大事だけど、気に入った見た目ってのもキャンプには大事よ。”

母子キャンプへGOGO!

“メタルがサイトになじんでいい感じです。
シールを貼ってオシャレにしたいですな☆
肝心の保冷力は保冷材も凍らせたペットボトルも2日は持ちましたよ!
4人家族で飲み物も食材も一台で収まりきるサイズです。
買ってよかったと思えるクーラーボックスでした!!”

C.K.CAMP-UNION

“我が家のクーラーボックスはイグルーのステンレスタイプなんですが、イマイチ味気ないんですよね。
こんなウッドなクーラーボックスがあったらいい雰囲気が出ると思います!
テンファクはウッドテーブルとスチールテーブルを使っていますが頑丈で重宝してます。
今後も色々出してもらいたいですね!”

キャンプ イン ジャパン ~~ファミリーアウトドアブログ~~

実用性はもとより、見た目も気に入って購入される方の声も多数!長く使いたいものだからこそ、見た目だって大事ですよね。

テントファクトリーのおすすめクーラーボックス全6種

クーラーボックスを自分流にアレンジ!

手持ちのクーラーボックスに一工夫を加える事で、保冷力、使い勝手の良さなどがぐんとアップします!
さまざまアレンジ方法をブログでチェックしてみました。

“ 我が家では、クーラーボックス用の氷は冷凍庫で製造しています。保冷材を使ってもいいのですが、あまり日持ちしません。1泊でアウトですよね。かといって板氷を買うと1つ300円くらいしちゃいますから、少しでも節約したいと思うなら、この手です。牛乳パックに水を入れて冷凍庫で凍らすだけ。完全に凍るまで意外と時間はかかるので、3日前には仕込みましょう。冷凍庫に立てて入れ凍らせて、横にして水がこぼれなければ、横にして凍らせることができます。このパック氷を3~5個並べてクーラーボックスに入れて使います。パックのジュースをそのまま凍らせるのもいいでしょう。融けちゃえば飲めますからね。”

たかさんのキャンプ日記
   

出典:TAKA@P.P.R.S/ flickr

わざわざ保冷材を使わなくても、紙パックの長方形の氷だと配置しやすく、重宝しますよね。またペットボトルの飲み物をあらかじめ凍らせておいて、それを保冷材代わりに使うという方もいらっしゃいます。

“多くの方が利用されているとは思いますが、我が家でもクーラーボックスの中にかごを入れています。ちょうどかごを引っ掛けられる段差があるので、100均でちょうどサイズの合うかごを購入して、セットしました。卵やバター、チーズ、要冷蔵の調味料などの小物を入れています。これで小物が水浸しになったり、行方不明になることが避けられます。”

たかさんのキャンプ日記
   

出典:Tatsuo Yamashita/ flickr

要冷蔵の食品は、調味料など、以外と細々としたものがありますよね。満載のクーラーボックスの隙間に入れたものの、下の方に沈んでしまって、取り出すのに手間取ってしまった…なんてことがよくあります。整理ボックス的な小さなかごはシンプルですがかなりのお役立ちアイテムです!

“クーラーボックスは、当然、開け閉めの回数が多いと冷気が逃げてしまい、保冷力が持続しません。
そこでクーラーボックスの蓋のなかにもう一つ中蓋を作ります。ベストなのが、銀マット。銀マットを中に蓋がきっちりできるサイズにカットして中蓋代わりにします。2~3分割くらいにしておくと取り出したいものをピンポイントで、最小限の冷気放出でGETできます。”

たかさんのキャンプ日記
   

出典:Amazon

ほんのちょっとの手間をかけることによって、保冷力がだいぶ上がります。中蓋のアイデアは他にもプラスチック製のものを自作されている方などもいらっしゃいました。

合わせて欲しい!テントファクトリーのおしゃれギア3選

テントファクトリーの商品ラインナップはウッドファニチャーやスチールワークス類も充実しています!ウッドラインは、ロースタイルキャンプに合わせて企画されたファニチャーシリーズで、丈夫な天然木(ハードウッド)を使った素朴な木の味わいと便利な機能が備わった人気商品。同じくロースタイルに最適なスチールワークスシリーズも揃っています。その中からおすすめ3選をご紹介!

ウッドライン グランドテーブル

ウッドライン ラウンジャー

スチールワーク コネクションテーブル 4台セット

まとめ

いかがでしたか?幅広い商品ラインナップとリーズナブルな価格設定が魅力のテントファクトリー!コスパが良いとのキャンパーからの評価も高く、これからも要注目のブランドですね。


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • LINE@ 友だち追加! 新商品や役立ちワザ、最新のアウトドアスポットまで毎日hinataから厳選した情報をお届けします。
  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner

 人気の
アウトドアスポット

森と星空のキャンプヴィレッジ

 キャンプ場,栃木県

森と星空のキャンプヴィレッジは、栃木県の東端に位置するキャンプ場です...

1

北軽井沢スウィートグラス

 キャンプ場,群馬県

「北軽井沢スウィートグラス」は、アメリカの国立公園をモチーフに作られ...

2

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

 キャンプ場,群馬県

「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」は群馬県吾妻郡嬬恋村にあります...

3

森のまきばオートキャンプ場

 キャンプ場,千葉県

「森のまきばオートキャンプ場」は、都心からわずか60分で行くことので...

4

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base)

 キャンプ場,神奈川県

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base...

5
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪