キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

コールマンのタフワイドドームでファミキャンデビュー!

コールマン タフドーム/240とコールマン タフワイドドームⅣ/300

初心者から上級者まで多くの方に支持されているコールマン。特に、タフワイドドームはインナー&グランドシートをセット販売しているため、これからテント購入予定の方におすすめです。今回は、コールマンのロングセーラーテント「タフワイドドーム」の居住性をUPながら、タープとも連結できる「タフワイドドームV/300」を解説!比較対象として挙げられるスノーピークのアメニティドームと合わせ、どちらが買いなのかも紹介します。

コールマンのタフワイドドームの5つの魅力

コールマンの「タフワイドドームV/300」は1人でも設営できるアシスト設計を採用し、4~6人が十分入る広さを備えたテントです。ここでは、タフワイドドームV/300の魅力を紹介します。

広くて風通しの良い室内

コールマン タフドーム/240とコールマン タフワイドドームⅣ/300
最大の特徴は、ゆとりがあるリビングスペースと就寝スペース。フロアシートのサイズは300×300cmもあるため、荷物を置いても家族4人がゆとりをもって横になれます。そして、天井高は185cm!広さだけでなく、圧迫感を感じさせないつくりです。似たモデルのテントに比べると、幅も高さも余裕があります。 また、風通しも抜群。風の吸入排出を繰り返し、涼しい空間を作る「サークルベンチレーションシステム」を採用し、内部の湿気や熱を追い出します。

抜群の耐水圧

タフワイドドームに使用するフライシートとフロアシートは、共に耐水圧2,000mm!強い雨風にも負けず、水の侵入をゆるしません。傘の耐水圧が250mmなので、強力な防水が期待できます。さらに、紫外線からの劣化に強い生地「UVPRO」を採用しているので、破れにくく丈夫です!

使い勝手の良さ

コールマンのタフドームワイド

出典:Amazon

天井部分にはフックが備えられているため、ランタンを吊り下げられます。夜間にテント内を明るく照らせて便利!さらに、テント内のコーナー部分にスマホやメガネなど小物を入れておけるメッシュポケット、テントの入り口付近には開閉可能なAC電源コードの引っ張り口を採用しています。

設営が簡単

コールマン タフドーム/240のポールにアシストクリップを通す様子
コールマンのタフワイドドームの魅力として挙げられるのが、「アシストクリップ」。この機能を採用していることにより、ポールとインナーテントを固定するクリップが非常に外れにくく、アシスト機能によって1人でも設営できます! ▼詳しい設営方法は、こちらの動画をチェック!

コスパの良さ

コストパフォーマンスの良さも人気のひとつ。コールマン公式サイトに掲載されている「タフワイドドームⅤ/300 スタートパッケージ」は、税込みで4万円(2022年9月現在)!なるべく出費を抑えたい初心者にはもってこいです。防水性や耐水性など機能も十分に備えているので、初めてのテントとしてもおすすめ。

全部で3種類!あなたはどのタフワイドドーム?

実はタフワイドドームV/300には、カラーリングが違うものやタープがセットになっているものもあります。あなたはどのタイプを選びますか?

スノーピークのアメニティドームと比較!どっちが買い?

コールマン タフワイドドームⅣ/300のフライシートをかける女性
スノーピークのファミリー向けのドーム型テントアメニティドームは似ている作りのため、タフワイドドームとよく比較されます。今回は、アメニティドームはS・M・Lの3サイズの中から、タフワイドドームと同等の4~6人が収容可能なLサイズを比較!どう違うのか見ていきましょう。

スノーピークのアメニティドームってどんなテント?

スペックを比較

商品名タフワイドドームV/300アメニティドームL
画像
サイズ495×300×195(h)cm540×310×165(h)cm
収納時サイズ23×25×72cm73×23×27(h)cm
耐水圧2,000mm (フロア: 2,000mm)1,800mm (フロア: 1,800mm)
重さ11kg9.8kg
価格40,000円(税込)57,200円(税込)
タフワイドドームV/300のフロアは大人でも楽に立てられるほどの高さがあり、5〜6人がゆったり横になれる広さを備えています。アメニティドームLは前室が斜めに張りだしたつくりで、荷物を置いたり、椅子を置いたりできる広々スペースが魅力。 耐水圧を見るとタフワイドドームV/300の方が雨に強いですが、高さがあるので風の影響を受けやすいでしょう。 価格を見るとタフワイドドームV/300は4万円と、アメニティドームより1万円弱抑えた価格設定になっています。キャンプデビューする方やファミリーテントを購入したい方におすすめです。

コールマン「タフワイドドーム」の快適度を上げるアイテム

タフワイドドーム単体でも十分使えますが、課金するほど快適性が向上するのもテントの魅力でもあります。ここでは、快適度をUPできるアイテムを紹介!

タープ

ポール

コールマンのタフワイドドームでアウトドアを楽しもう!

価格面でも性能面でも優れている、コールマンのロングセラーテント・タフワイドドームを紹介しました。何度もモデルチェンジし、快適性をアップしてきた「タフワイドドームV/300」をファミリーキャンプのファーストテントとして使用すれば、楽しいアウトドアの思い出をたくさんつくり出してくれるはず! ▼タフワイドドーム以外にも人気商品が盛り沢山!コールマンのキャンプギアをチェック!

今回紹介したアイテム

商品画像タフワイドドームV/300IL タフワイドドームⅣ/300タフワイドドームⅣ/300 ヘキサセットスノーピーク アメニティドームLスクリーンキャノピージョイントタープⅢスチールキャノピーポール180
商品名タフワイドドームV/300IL タフワイドドームⅣ/300タフワイドドームⅣ/300 ヘキサセットスノーピーク アメニティドームLスクリーンキャノピージョイントタープⅢスチールキャノピーポール180
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事