hinata

>

キャンプ用品

>

コールマン

>

コールマンのタフワイドドームでファミキャンデビュー!

コールマンのタフワイドドームでファミキャンデビュー!

キャンプ用品

コールマン タフドーム/240とコールマン タフワイドドームⅣ/300

コールマンのタフワイドドームはとにかくキャンプ初心者におすすめ!ベテランまで満足する性能に、タープと連結しやすい人気テント!ベーシックモデルでありながら、本格的なキャンプまで楽しめるタフワイドドームの魅力を、アメニティドームとの性能比較と合わせて紹介します!

目 次

コールマンのタフワイドドームの魅力とは!?

コールマンは、キャンプ用品をはじめ、数多くのアウトドア用品を世に生み出している有名ブランド。そのコールマンのファミリー向け定番テントと言えるのが「タフワイドドームⅣ/300」です。

このテントは、ベーシックモデルの位置づけで、キャンプに必要な機能を備え、4~6人の家族に十分な広さを持っています。

超快適な室内の広さ

タフワイドドームの特徴の一つと言えるのが、のびのびと過ごせる、ゆとりのある室内空間。フロアは300×300cmと、荷物を置いても4人家族がゆとりをもって横になれます。そして、185cmの天井高は、広さだけでなく圧迫感をまったく感じさせないつくり。

同じベーシックモデルでドーム型の「タフドーム/3025」や「BCクロスドーム/270」に比べると、幅も高さも余裕があるのが「タフワイドドームⅣ/300」です。高さが185cmあれば、成人男性が立って着替えができます。

経験者も大満足な性能

タフワイドドームには、初心者キャンパーも、そしてキャンプに慣れたファミリーも満足できる機能を備えているので、使えば使うほど無駄のない機能と性能の高さに惚れ込む人が多いです。

・風通しが抜群
タフワイドドームに採用されているのが「サークルベンチレーションシステム」です。

インナーテントの下部にメッシュを使って、温まった空気を天井部のメッシュから排出することで空気の循環を促し、湿気や熱気を追い出します。さらに出入り口には網戸も設け、風通しをよくして、室内を涼しくします。
・強い雨でも浸水しない
フライシートとフロアシートは、共に耐水圧2,000mmをクリアして、強い雨でも水の侵入をゆるしません。さらに紫外線からの劣化に強い生地「UVPRO」を採用。
・フック付きでテント内にランタン設置可
天井部分のフックには、バッテリー式ランタンがかけられるので、夜間でもテントを明るく照らせて便利。さらにコーナー部分には、スマホやメガネなど小物を入れておけるメッシュポケットも用意しています。
・コスパ抜群
ファーストテントとして、広さはもちろん、機能を十分に備えたタフワイドドームは、コストパフォーマンスの良さも人気の理由のひとつ。税込みで4万円を切るので、なるべく出費を抑えたい初心者キャンパーには持ってこいのテントです。

アシストクリップ搭載でさらに設営が簡単に!

コールマン タフドーム/240のポールにアシストクリップを通す様子
コールマンのタフワイドドームの大きな特徴として「アシストクリップ」があります。これにより、ポールとインナーテントを固定するクリップが、非常に外れにくくなりました。

これによって1人でも立ち上げられるようになっています。

スノーピークのアメニティドームと比較!どっちが買い?

スノーピークのファミリー向けのドーム型テントアメニティドーム。ファーストテントとして、タフワイドドームとよく比較されます。アメニティドームはS・M・Lの3サイズ展開ですが、今回は、タフワイドドームと同等の4~6人が収容可能なアメニティドームLと比べて、どう違うのか見ていきましょう。

スノーピークのアメニティドームってどんなテント?

広さを比較

コールマン タフワイドドームⅣ/300のフライシートをかける女性
タフワイドドームⅣ/300:300×300×185(h)cm
アメニティドームL:270×270×150(h)cm


タフワイドドームⅣ/300のフロアは正方形で、高さは大人でもらくらく立てられるほどあり、室内の広さは圧勝です。一方、アメニティドームLは前室が斜めに張りだしていて、荷物を置いたり、椅子を置いたりできるスペースがあります。

テント内を一つの居住空間としてゆとりを求めるか、それとも寝る時以外はほとんど外で過ごすのか、めざすキャンプスタイルによって選ぶテントも変わりそうです。

性能を比較

タフワイドドームⅣ/300:耐水圧約2,000mm
アメニティドームL:耐水圧1,800mmミニマム


両テントとも、フライシートのはっ水加工やUVカットで、耐久性を追求しています。耐水圧に関しては、スノーピークはミニマムという表現を使って、生地のどこをとってもこの数値以上、という表記。

どちらのテントも雨にも耐え得る数値であることは間違いありません。しかしアメニティドームの方がテントの高さが低いこともあり、風に対しても強いテントのようです。

価格を比較

タフワイドドームⅣ/300:39,744円(税込)
アメニティドームL :48,384円(税込)


両ブランドの公式サイトで比較すると、価格はアメニティドームLが9,000円弱高め。さらに設営時に必要なグランドシートやフロアマットなどもスノーピーク製品の方が高く、すべてのアイテムを揃えるとその差は広がっていきます。

トータルで見てもタフワイドドームⅣ/300のほうがアメニティドームLよりも買い求めやすい価格です。まとめると、下記の表のようになります。

商品名タフワイドドームⅣ/300アメニティドームL
画像
サイズ300×300×185(h)cm270×270×150(h)cm
耐水圧2,000mm1,800mm
価格39,744円(税込)48,384円(税込)

全部で3種類!あなたはどのタフワイドドーム?

コールマン「タフワイドドーム」の快適度を上げるアイテム

タープ

ポール

商品名スチールキャノピーポール180アルミポール 19mm×190
画像
サイズ180cm170〜190cm
重さ780 g420g

コールマンのタフワイドドームでアウトドアを楽しもう!

コールマン タフドーム/240とコールマン タフワイドドームⅣ/300
コールマンのロングセラー商品であるタフワイドドーム、価格面でも性能面でも優れていることがお分かりいただけましたか?今までに何度もモデルチェンジをして、快適性をアップしてきたこのタフワイドドームⅣ/300、ファミリーキャンプのファーストテントとして、きっと楽しいアウトドアの思い出をたくさん創り出してくれるに違いありません!

▼タフワイドドーム以外にも、コールマンの人気ギアをチェック!

今回紹介したアイテム

商品画像 スノーピーク(snow peak) テント アメニティドームL [6人用] コールマン テント タフワイドドームIV/300 2000017860 コールマン(Coleman) テント IL タフワイドドームIV 300 2000030326 コールマン(Coleman) タフワイドドーム IV 300 ヘキサセット オリーブ/サンド 2000033799 コールマン(Coleman) タープ スクリーンキャノピージョイントタープ3 2000027986 コールマン スチールキャノピーポール180 170TA0007 コールマン(Coleman) アルミポール 19mm×190 2000027930
商品名 スノーピーク アメニティドームL タフワイドドームⅣ/300 IL タフワイドドームⅣ/300 タフワイドドームⅣ/300 ヘキサセット スクリーンキャノピージョイントタープⅢ スチールキャノピーポール180 アルミポール 19mm×190
商品リンク Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る Yahoo! で見る
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事