hinata

>

キャンプ

>

ロングライフデザイン賞受賞!10年愛されるタフシリーズの10の魅力

ロングライフデザイン賞受賞!10年愛されるタフシリーズの10の魅力

 キャンプ

出典:Coleman Japan(コールマンジャパン) / Facebook

2016年のロングライフデザイン賞に、コールマンのタフシリーズがノミネートされました!言わずと知れたファミリーテントの大定番。キャンプ場で誰もが一度は目にしたことのある緑色のテントには、いったいどんな魅力が隠されているのか。hinata編集部が考える受賞理由をご紹介します!


 目次


ロングライフデザイン賞とは?

   

出典:コールマン

日本で唯一の総合的なデザインを評価・推奨する仕組みであるグッドデザイン賞。その中でも10年以上、継続的にユーザーに使われ愛され続けた商品・サービスに贈られるのがロングライフデザイン賞です。コールマンからは、これまで54QT スチールべルト® クーラー413H パワーハウス® ツーバーナーストーブ286A740J ワンマントルランタンの3商品がノミネートされています。

そして2016年、コールマンの大人気ファミリーテントであるタフシリーズがロングライフデザイン賞を受賞!2003年のタフワイドドームの初期モデル発売から、多くのキャンパーに愛されてきた証拠です。

hinata編集部が考える10の授賞理由

なぜタフシリーズがこんなにも愛されるのか、hinata編集部がタフシリーズを徹底分析。現在公式サイトで販売されているタフワイドドームⅣ/300タフドーム3025に注目し、キャンパーに10年以上愛される理由を発見しました。

1.ファミリーが広々と使える

   

出典:コールマン

タフワイドドームは室内面積が300×300cm、タフドームは250×300cm。300cmの横幅は一般的なテントよりも少し広めの設計で、大人サイズの封筒型のシュラフが3つ並んでも余る広さ。お子様連れの4、5人家族が余裕をもって横に並んで寝ることができちゃうんです!

2.大人がうれしい室内の高さ

   

出典:コールマン

タフシリーズの室内は横だけではなく上にも広い!タフワイドドームは高さ185cm、タフドームは高さ175cmと、大人が立って移動できる広さがあります。室内で着替えたり、荷物を出し入れしたりするときに窮屈さを感じさせません。一方、別ブランドの人気モデルとしてスノーピークのアメニティドームMがありますが、こちらは室内が270×270×150cmと少し窮屈に感じます。

3.定番のドーム型

   

出典:コールマン

タフシリーズは2本のメインのポールをクロスして設営するドーム型テント。クロスしたポールにインナーテントをつりさげ、上からフライシートをかぶせるという簡単な設営方法です。初心者にもわかりやすく、子供と一緒に設営を楽しむことができます。

4.日本の気候に合わせたベンチレーション

   

出典:コールマン

日本の夏は蒸し暑い!テントのような密閉空間ではなおさらです。そんな不快さを排除するために作られたのが、サークルベンチレーションシステム。テントの上部と下部に空気を循環させるためのベンチレーション(換気口)を配置!下から涼しい空気を取り入れて、湿った暖かい空気を上から放出するので、室内でも蒸し暑さを感じさせません。

5.軽くて丈夫なアルミポール

フレームには軽いアルミポールを使用!テント全体の総重量が10kgなので一人でも持ち運びできます。一方で強度も高く、強い風などの衝撃も、ポールがしなって分散してくれるので破損する心配はありません。

6.紫外線カット・防水性に優れた生地

フライシートには紫外線に強く、防水加工も施された生地を使用しています。水の染みこみにくさを示す耐水圧は、初心者向けのテントでは最高レベルの耐水圧2,000mm。多少の雨でも室内は快適で、安心してキャンプを楽しめます。

7.開け閉めがしやすいD型のドア

   

Instagram (@chiruparun)

室内の出入りはD型ドアから。外からも内側からも、そして上からも下からもどちらの方向でも開け閉めしやすい2ラインジッパーです。出入りの多いときはフルオープンにしたり、換気したいときはメッシュドアにしたり、寝るときはフルクローズしたりとシーンに合わせて使い分けることもできます!

8.使いやすさを求めたこだわり

   

出典:コールマン

長年愛される最大の理由は細部まできちんとこだわっていること。ランタンをつりさげる用のハンガー、小物入れに適したメッシュポケット、電源サイトの時にコードを室内に引き込むための穴など、使い勝手が徹底されています。どんなキャンパーでも、どんなキャンプ場でも、シーンを選ばず活躍するのがタフシリーズなんです。

9.コールマンのタープとの連結が簡単

   

Instagram (@haluota)

コールマンのタープやシェルターとサイズやカラーが合っているので連結しやすいのも魅力。キャンプ経験とともに、徐々にギアが増えていくときのことも想定されています。タープとの連結は、サイトの区画が決められている時にコンパクトに設営できますし、雨が降った時のテント内へもぬれずに移動できます。

10.コストパフォーマンス抜群

   

Instagram (@t.k.s0613)

タフワイドドームが36,800円、タフドームは31,800円と、スノーピークやロゴスといった人気アウトドアブランドとほぼ同等です。キャンプ初心者には少し高く感じるかもしれませんが、これほどの広さ、性能を備えてこの価格はなかなかありません。キャンプを本格的に始めたいという方はタフシリーズがベストです!

まとめ

以上、コールマンのタフシリーズが愛され続ける10個の理由をご紹介しました。頑丈なアルミポールや、紫外線に強い生地を使用しているので劣化に強く、長い間愛用できるのが最大の魅力!室内が広いので子供が大きくなっても狭くなりません。初心者からベテランキャンパーまで、間違いなくおすすめできるテントです。ロングライフデザイン賞に選ばれるのにも納得です。これからキャンプを始める方も、もう始めている方も、ファミリーテントで迷っているならタフシリーズで間違いなし!


あわせて読みたい記事



新着記事

  • hinata trunk banner

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪