hinata

>

キャンプ

>

アウトドアブランド

>

サーマレスト

>

アウトドアでも快眠☆サーマレストのコットで質の良い眠りを!

アウトドアでも快眠☆サーマレストのコットで質の良い眠りを!

 キャンプ

出典:Amazon

アウトドアでも、いやアウトドアだからこそゆっくりと快適な眠りが必要!シュラフだけではなかなか快眠できない方の強い味方がアウトドア用のマットレスやシート、そしてコットです。「アウトドアの睡眠」というテーマのアイテムで評価の高いブランド、サーマレストから今回はコットをご紹介していきましょう!


 目次


サーマレストとは?

サーマレストとは、アメリカのカスケード・デザイン社が母体となったアウトドアギアのブランド。テントなどもリリースされていますが、基本的なラインナップとしてマットやソフトシート、ブランケット、枕など眠りに特化したアイテムを展開しています。ヒマラヤなど極寒地でプロの登山家が愛用していることでも知られていて、機能性の高さには定評があります。

「良い睡眠は良い行動につながる」という信念から、アウトドアでも眠りに快適性をもたらすアイテムを製造。プロの登山家や世界中の遠征隊に使用されるような生命維持に必要不可欠な暖かさから、岩場をありえないくらい素敵なランチスペースに変えてしまうようなシンプルなシートまで、それぞれの場面でのちょうどよい快適さを作り出すアイテムを送り出しています。

可能な限り自分たちの手で製品を作り出すというのもサーマレストの特徴のひとつ。アイテムの多くがアメリカの自社工場で生産されています。そんなサーマレストが作るコットは、軽くてコンパクト!マットと同様に高い評価を得ています。それでは、サーマレストのコットをご紹介しましょう!

ラグジュアリーライト ウルトラライトコット (レギュラー/ラージ)

ウルトラライトコットの魅力

サーマレストのコットの代表、ウルトラライトコットの魅力はとにかく軽くてコンパクト!現在市場で販売されているコットの中で一番軽くてコンパクトだと言われています。ボウフレームテクノロジーという独自の技術を使ったフレームと伸びの無いしっかりとした生地を使うことで、柔軟なスプリング性と張りのある構造をつくりだし、身体をサポートしてくれます。

高さ10cm程度でかなりのロータイプですが、シートに張りがありテンションがきちんとかかっているので身体が地面につくようなことはありません。体温を逃がさない熱反射板を取り入れたサーマレスト独自のサーマキャプチャーという技術で暖かさを保ってくれるので、冬でも快適に眠れます。また、組み立てもなれるまでは少々時間がかかるかもしれませんが、5分〜10分程度で組み立てられます。以前のモデルから脚の部分を改良、収納ケースのデザインも一新してよりコンパクトに収納できるようになりました。

レビューをチェック!

実際にウルトラライトコットを使ってみた方はどのように感じたのでしょうか?レビューをチェックしてみましょう!

 

このコットが素晴らしいのは、軽量なのに147kgの耐荷重なのです 。これは本当にスゴイ。
価格が少しお高いのが難点…
これだけの性能なので仕方ないと言えば仕方ないのですが 笑
マットだけで十分なのですが、コットとしての使用はもちろん、キャンプ中の荷物置き、寝袋を干すのにも使えます。 あると飛躍的に便利になりますよ。

もっちーの家内安全かわら版
 

仕組みは至ってシンプル。2本の銀色のポールを伸ばして生地に通す。これで本体部分完成。金と黒のポールはそれぞれ足に差し込み土台とする。後は土台と本体を組み合わせれば出来上がり。
ポールを差し込む手間は若干あるが、それでも5分と掛からず組み上げられる程度だ。
まずは寝転がった時の感触だが、かなりテンションは掛かっていると思うが、それでも心地よいくらいの堅さ。マットを敷けばより快適になるが、無くても十分寝られる程度の快適さはある。

遊子奇譚〜おでかけブログ〜

やはり軽量さと、使い勝手の良さは高評価のようです!寝る時以外にも重宝しそうですね。

ラグジュアリーライト メッシュコット (レギュラー/ラージ)

メッシュコットは、レギュラーサイズ、ラージサイズ、エクストララージサイズの3サイズを展開。こちらも基本スペックをご紹介しましょう!

ウルトラライトコットの魅力

サーマレストの夏向けのコット。シート部分がメッシュになっているので、通気性が良く夏の暑い時期のキャンプでも快適な眠りが得られます。ウルトラライトコットよりも500gほど重くなりますが、それでもレギュラーサイズで1.6kg程度。充分軽量といえる重さです。

こちらのモデルはボウフレームにショックコードが入っていて、より組み立てやすくなっていることも特徴のひとつ。さらにボウフレームにコットの脚をセットしたまま収納することができるので、スピーディーな組み立てが可能になっています。

コットを利用するメリットのひとつに下に荷物が入れられるということがあります。わずか10cm程度の高さですが、せまいテント内では意外と重宝するものです。たわみの少ないメッシュコットは下に荷物を入れても背中に当たることはないのでスペースを有効活用できます!

レビューをチェック!

実際のメッシュコットの使用感はどうでしょうか?こちらもレビューをチェックしてみましょう!

 

Lサイズの重量は1.758kgで片手で持てちゃいます(≧∇≦)
今回僕は脚6個で全部の脚のフレームをダブルにしました!脚を4個にしたり、所々シングルフレームにしたり、いろいろと自分にあった調整ができるところもいいっすね~!
ラグジュアリーだけあって値段もなかなかですが、これだけ軽くて小さいコットを僕は、知りません。
それだけの価値はあるやつだと僕は思いました(^^)ちなみに寝心地はかなり良かったっすよ

Happeeeanutes!!+
 

組み立ては少し力が要りますが、慣れれば苦になりません。耐過重147kgとのことでしたが、当方180cm100kgですが、一箇所に過重がかかった時(腰掛けたときなど)不安になりますが、大丈夫そうです。寝転がると重さが分散してまったく不安を感じません。広さも十分で、寝返りも楽に出来ます。 

楽天

メッシュで夏向けのコットですが、寝心地もバッチリとのこと!ゆったりと寝れるのも良いですね。

サーマレストは代用できる?軽量コンパクトな他社コットと比較!

他のブランドにも軽量でコンパクトなコットは色々とリリースされていますがサーマレストのウルトラライトコットとの違いはどのようなことなのでしょうか?代表的なブランドのコットと比較してみましょう!

サーマレストコットはオプションも充実!

サーマレストにはコット対応のオプションも色々とリリースされています!ちょっと変わったアイテムもあるので、ぜひチェックしてみましょう♪

組み立て&修理の方法

組み立て方法

それでは実際にどのように組み立てるのか、行程をご紹介していきましょう!

1.収納バッグからポール、シート、脚を取り出す
2.シルバーのポールを組み立てて2本の長いサイドポールにする
3.短い緑と黄色のポールを連結させて、両端に半円形の脚をつける
4.サイドポールをシートの両サイドにあるスリーブに差し込みます
5.両足でコットの両側のサイドポールを押さえ、脚のフックをサイドポールに取り付ける

以上で完成です!脚の取り付けに少々力が必要ですが、なれれば5分程度で組み立てられます。

詳しくはこちらをご覧ください▶サーマレスト公式HP

修理方法

サーマレストのコットの修理は、日本の正規総代理店である株式会社モチヅキで受け付けています。ただし並行輸入品など正規輸入品でない場合は修理やメンテナンスなどのサービスが受けられない場合があります。

テントやマットについてはサーマレストからある程度のメンテナンスを自分でできるリペアキットなどが販売されていますが、コットについてはプロにおまかせするのがいいでしょう。そうした観点から長く使い続けたいのであれば正規輸入品を購入することをおすすめします!購入の前にショップに正規輸入品であることを確認することが確実です。
詳細はこちら▶公式HP

まとめ

   

出典:楽天

アウトドアで快適な睡眠を確保するのはとても重要なこと。コットは夏の通気性、冬の暖かさを保つために重要な役割を果たしてくれます。サーマレストのコットはそうした機能性はもちろん、軽さとコンパクトさを兼ね備えたアイテムです。キャンプはもちろんツーリングやサイクリング、トレッキングなどで快適な眠りをもたらしてくれますよ♪


あわせて読みたい記事



新着記事



おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪