キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

有名キャンパーがこぞって使ってる!ウッドフレームのコットおすすめ3選

ウッドフレームのコット

ベンチとして使ったり、スクリーンタープなどで寝泊まりするための簡易ベッドとして用いるコット。有名キャンパーのサイトを覗いてみると、多くの方がByer of Maine(= バイヤーオブメイン)のメインヘリテージウッドコットをはじめとした、ウッドフレームのコットを使用していました。今回は、通常のアルミフレームのコットでは出せない、ウッドフレームのコットの魅力に迫ります!

有名キャンパーがこぞって使うメインヘリテージウッドコット!

メインヘリテージウッドコット

出典:Amazon

おしゃれキャンプを目指す者として、必ずチェックすべきなのがインスタグラム!多くのキャンパーが、自慢のキャンプサイトやギアの数々をポスト(=投稿)しています。 インスタで有名なキャンパー100人のサイトを覗いていると、多くの方が同じコットを使っていることが判明!調べてみると、Byer of Maine(= バイヤーオブメイン)というブランドの、メインヘリテージウッドコットということが分かりました!でも、なんでこんなに人気なの? ▼人気のコットを知りたい方はこちらの記事をチェック!

メインヘリテージウッドコットの特徴は

メインヘリテージウッドコット

出典:Amazon

有名キャンパーから絶大な支持を集めるメインヘリテージウッドコットの最大の特徴は、ウッドフレームであること!! ...え、たったのそれだけ? そんな風に思われる方もいるかもしれませんが、この”ウッドフレームであること”が本当に1番の特徴なんです。なぜならば、アウトドアブランドから販売されているコットは数あれど、ウッドフレームのコットはほとんどないからなんです! 他にないとはいえ、”ウッドフレームであること”がなんで大事なんでしょうか?

ナチュラルテイストのサイトに馴染むウッドフレーム!

メインヘリテージウッドコット

出典:Amazon

なぜ”ウッドフレームであること”が大事なのか、それはずばり、テントサイトの統一感をより一層出すためです! アイボリーカラーやウッド調のナチュラルテイストなギアでテントサイトを作っていくと、それまでは気にならなかったのに、原色のアイテムやピカピカのアルミを使っているギアに異物感を感じてしまうんです。なので、ナチュラルテイストなテントサイトでは、アルミフレームのコットはあまりおすすめできません。 細部にまでこだわってこそ、おしゃれキャンパーの仲間入りができるというもの!ナチュラルテイストなテントサイトを造りたいなら、今回ご紹介するウッドフレームのコットが絶対おすすめです!!

ウッドフレームのコットおすすめ3選

3. Roost Outdoors ウッド・フレーム・キャンバス・コット

Roost Outdoorsという新しいブランドのウッドフレームコット。このコットの特徴は、組み立て式なところ!ハンドルとなる木材をクルクルと回して荒縄を絞り上げることでコットを固定する、一風変わった組み立て方法です!また、座面にはコットンの帆布を使っており、肌触りが良いのも◎ 【基本情報】 使用時サイズ:182×67×33cm 収納時サイズ:110×25×25cm 重量    :約6.7kg 設営タイプ :組み立て式 素材    :天然木、帆布、ステンレス 価格    : 26,980円 (税込) 購入はこちら:ウッド・フレーム・キャンバス・コット

まとめ

ウッドフレームのコットは、アウトドアブランドではなかなか見つかりませんが、家具家さんや雑貨屋さんで販売されていることもあります!雑貨屋巡りをしつつ、自分だけのウッドフレームコットを見つけるのも楽しみの1つですよね♪ぜひ、楽しみながら探してみてください♪

今回紹介したアイテム

商品画像1. バイヤーオブメイン メインヘリテージウッドコット2. 東谷 フォールディングベッド
商品名1. バイヤーオブメイン メインヘリテージウッドコット2. 東谷 フォールディングベッド
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事