初心者だって日本百名山に挑戦できる!オススメの山Vol.18「富士山」

hinata

>

アクティビティ

>

登山

>

初心者だって日本百名山に挑戦できる!オススメの山Vol.18「富士山」

初心者だって日本百名山に挑戦できる!オススメの山Vol.18「富士山」

 アクティビティ

出典:Pixabay

富士山といえば、誰もが知っているけど、実はまだ登ったことがないという方もいるのでは。日本一高い山なだけに、一度は登っておきたいもの。今さらといわず、日本百名山に挑戦するならば富士山に挑戦してみませんか?きっと、日本一ということを改めて実感することでしょう。


 目次


富士山ってどんな山?

標高3,776mの富士山は、日本の最高峰。世界文化遺産にも認定されており、国内外問わず多くの観光客が訪れます。登山シーズンは、7月~8月。開山期間は、7月1日~9月10日まで。この時期ならば、登山初心者でも問題なし。整備された登山道は歩きやすく、4つの登山ルートがあります。

初心者にオススメのルート

富士登山には4つのルートがありますが、ここではルート上に救護所がある2つのルートを紹介します。登山客が最も多く且つ小屋が多いのは、吉田ルート。最短ルートは、富士宮ルート。登山ルートは色分けされているので、自分が使う登山ルートの色を確認しておくこと。ちなみに、吉田ルートは黄色、富士宮ルートは青色をチェック!

山小屋多く一番人気のルート・吉田ルート

コースタイム:登り約6時間、下り約4時間

交通アクセス
河口湖駅・富士山駅から登山バス(富士スバルライン経由)
東京・横浜方面からバスもあり
マイカーの場合、河口湖ICまたは富士吉田ICから富士スバルラインを利用

   

Instagram (@frodolucas)

このルートは、登山道と下山道が別です。富士スバルラインを出発したら、6合目で吉田登山口と合流。登りには山小屋が多いけど、下山道には山小屋がほとんどありません。五合目からしばらくは平坦な道ですが、6合目はやや急になります。樹林帯の中を歩き富士山安全ン指導センターがみえてくると、6合目着。

6合目からは、日陰がないので熱中症に注意してください。七合目の最初の山小屋まで、ジグザグと広い道が続き、最初の山小屋・花小屋から急な岩場が連続します。七合目には、24時間医師が常駐する救護所あり(開設期間は、要確認)。
7合目から8合目にかけて、さらに岩場が急になります。標高3,000mを超えるこのあたりで、高山病にるかかる人が多くなるので、こまめな水分補給と深呼吸を心がけて。

   

Instagram (@rontioriginal)

いよいよ山頂に向かいます。最後の山小屋・御来光館を過ぎたら、9合目の鳥居着。ここから30分で山頂の久須志神社前に着。日本一の風景を、しばし満喫。下山道は、八合目の下江戸屋分岐までは、須走ルートと同じ道です。ここで下江戸屋付近の分岐点を見逃さず、吉田ルートを富士スバルライン五合目方面へ下りましょう。

登山道と下山道が同じで最短ルート・富士宮ルート

   

Instagram (@kazu_honnda)

コースタイム:登り約5時間、下り約3時間

交通アクセス
新三島駅・新富士駅・富士宮駅・富士駅から登山バス(富士山スカイライン経由)
マイカーの場合、御殿場IC・裾野ICから富士山スカイライン、富士IC・新富士ICから西富士道路、国道139号、富士山スカイラインを利用

   

Instagram (@massy1224)

最も標高の高い位置から出発するのが、このルート。傾斜は全体的に急で岩場が多いですが、登山道と下山道が同じなのでルートを間違えにくいというメリットもあります。富士宮口5合目は、記念碑横にある案内板の前からスタート。6合目まで、10分。ここから、急な岩場の登りが続きます。

   

Instagram (@asa_u16)

なお、8合目池田館横には、医師が常駐する救護所あり(開設期間は要確認)。山頂直下の鳥居をくぐったら、いよいよ富士山頂着。さらに馬の背とよばれる急斜面を約30分登ると、富士山最高峰の剣ヶ峰へ。下山道は、登山道と同じです。狭い岩場の道では特に譲り合いを忘れずに。

富士山登山する前に!確認しておきたいこと

   

Instagram (@asa_u16)

富士山の美しい自然を守るために、登山者の1人ひとりがマナーをしっかりと守る必要があります。

トイレを利用するとき

富士山のトイレは、場所によって処理方式が異なるので、注意書きなどよく確認すること。そして、トイレ利用にあたり100円~300円のチップが必要になるので、小銭を多めに準備しておきましょう。ただし7月1日から7月9日まではすべての山頂トイレが使えないので、携帯トイレが必要になります。

貴重な資源・水

   

Instagram (@byounghun821)

富士山では水がとても貴重なため、洗面や手洗い用の水、お風呂もありません。山小屋でも水の補給はできないので、ご注意ください。ルートによっては下山道に水を販売していないところもあります。登りで水を使いきらず、下山分の水もキープしておきましょう。

気温・天気に注意

観光地だからと、気軽な服装で富士山登山に臨む人も、います。でも、富士山は3000m以上の標高だということを忘れないでください。五合目と山頂との標高差も大きく、例えば、五合目と山頂の気温差は、kも9度、夜間は13度以上。温度調整できるよう、十分な防寒着を準備しておくこと。

また、夏は特に雷が多く、天気がかわりやすいのが特徴です。登山前に気象情報を確認して、無理なスケジュールはたてないようにしましょう。

高山病を防ぐために

富士山登山は、「慌てずゆっくりと」が基本。一気に高度を上げると、高山病の原因になります。突然富士山に登ったら、高山病になることもあります。山小屋が多いので、途中で一泊すれば安心。また、夏は雷が発生しやすいので、登山前に必ず気象情報をチェック!

体力をつけておく

   

Instagram (@msht1974)

富士山では、転倒事故が多いです。転倒が起こるのはほぼ下山時で、急な岩場などが多いそう。高度な登山技術がなくても登れる山だからといって、100%安全というわけではありません。そして富士山登山にあたり、ある程度の体力は必要です。いきなり富士山に挑戦するのでなく、近隣の山で登山に慣れておき、体力をつけておきましょう。

おわりに

   

Instagram (@___dokodemodoor)

日本百名山でもあり、世界文化遺産でもある富士山は、眺めるだけでも魅力的ですが、登ったらまた違う魅力を味わうことができます。日本一の高さを誇る山からの景色は、きっと言葉では言い表せない感動があるはず。様々な登山経験を積み重ねたら、ぜひ富士山にトライしてみてください。


あわせて読みたい記事



新着記事

  • hinata trunk banner

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪