hinata

>

キャンプ

>

アウトドアブランド

>

ヘリノックス

>

人気すぎて常に品切れ!ヘリノックスの最先端テントとは

人気すぎて常に品切れ!ヘリノックスの最先端テントとは

 キャンプ

フリーサイトに張られたヘリノックスのテント

ヘリノックスといえば、もはやキャンパーの誰もが知っているあのチェアワンを思い浮かべますよね。実はヘリノックスにはテントのラインナップもあることを知っていましたか。今回はヘリノックスの技術が生かされたアルパインドームとノナドーム、2つのテントの魅力に迫ります。


 目次


コンパクトチェアで有名になったヘリノックス

キャンプ場で見かけないことはないといわれるヘリノックスのコンパクトチェア。特にフラッグシップモデルであるチェアワンは重量が約900g、簡単に組み立て分解ができ、座り心地も良好と大人気です。

もともとは合金加工を得意とするDAC社から生まれたブランドであるヘリノックス。DAC社の高性能ポールは、多くのアウトドアブランドで採用されているんです。もちろんヘリノックスでも高い加工技術を活かし、チェアだけでなく、テーブルやコットを幅広く展開しています。

ヘリノックスの技術がテントにも

キャンプ場に並ぶノナドーム4.0    

DAC社の高い加工技術で生まれたポールを採用した、軽量でコンパクトなテントとタープが2015年秋に登場しています。その名も「アルパインドーム 2P」と「ノナドーム 4.0」。ただ軽量で持ち運びがしやすいだけではなく、耐風性、居住性、組み立てやすさ、近未来的なデザインを兼ね備える高性能なテントです。

アルパインドーム 2P

ヘリノックスのテント、アルパインドーム 2P    

ブラックのシルエットが特徴的な「アルパインドーム 2P」は、その名の通り、2人用の山岳テント。その特徴的な黒のフライシートには、10デニールという細いナイロンを使用した生地で採用することで軽量化を図っています。山岳テントの中でも10デニールのナイロン製フライシートはほとんどなく、軽量で薄手のマウンテンパーカー並みにペラペラです。そうなるとシートが破れないか心配になりますが、生地の両面をシリコンコーティングすることにより、耐水性や強度を高めています。耐水圧も1500mmと、たいていの雨なら問題になりません。ちなみに両面シリコンコーティングが施されたフライシートは世界初だそうです。

ヘリノックスのテント、アルパインドーム 2P    

ポールにはDAC社が開発した次世代テントポールのPLポールを採用。従来のポールと比較すると、ポールの直径が大きくなっています。しかし、ただポールの直径を大きくするだけでは、ポールが重くなってしまいますが、ポールの管の肉厚を薄くすることによって軽量化もされています。頑丈でよくしなるポールとなっており、秒速20mの風にも耐えることができる耐久性を備えます。

山岳に張られたヘリノックのテント    

アルパインドームのケースを含めた総重量は、2,100gとなっており、山岳テントの中では特別軽量というわけではありません。しかし、ただ軽さを追求するだけでなく、室内の広さや耐風性、耐水圧といった性能をすべて兼ね備えたテントはなかなかありません。テントは持ち運ぶことよりも、中で過ごすための道具ですから、快適性も備えるアルパインドームは最高級のテントといえるでしょう。

アルパインドーム 2P
参考価格:105,000円(税別)
サイズ:230×140×110cm
重さ:2,100g(ケースを含む)
素材:フライシート/10デニールナイロンリップストップ(耐水圧1,500mm )フシリコンコーティング(両面)
フロア/40デニールナイロンリップストップ (耐水圧10,000mm TPU)
インナー/20デニールナイロンリップストップ (通常撥水加工)
ポール/DAC リバースコンビ 、PLポール
備考:グランドシート別売り

ノナドーム 4.0

ヘリノックのテント、ノナドーム 4.0    

まるで宇宙船のような近未来的なシルエットの「ノナドーム 4.0」は、九角形のフロアを持つシェルター。直径4mの大型サイズで、家族はもちろんグループでも広々と快適に過ごせる空間を作りだします。

ノナドーム 4.0に使用されているポール    

ポールにはアルパインドームと同じPLポールを採用。大人数でも過ごせる巨大シェルターでありながら、耐風性と軽量性を兼ね備えました。九角形の球体に近いフォルムということもあり、ノナドームも秒速20m以上の風に耐えることのできる強度を持っています。またこれだけの強度、広さを実現しながらも重量はスタッフバッグ込みで8.25kgと、同サイズのシェルターではありえない軽さとなっており、片手で持ち運びが可能です。

ノナドーム 4.0のポールとフライシート接合部    

設営はポールにフライシートをひっかける吊り下げ式です。大型のテントやシェルターは、スリーブ式だとポールを挿入するのに手間がかかりますが、吊り下げ式ならこのサイズでも設営がしやすくなっています。

キャンプ場に並ぶノナドーム4.0    

軽さ、広さ、丈夫さ、設営の簡単さのすべてを兼ね添えたハイエンドモデルのため、価格は27万円と高額。キャンプを楽しむためにあらゆる性能を追求したシェルターを求めている方にはおすすめです。

ノナドーム4.0
参考価格:270,000円(税別)
サイズ:400cm ×400cm × 200(h)cm
重さ:7.5kg(総重量)、8.25kg(スタッフバック込み)素材: キャノピー/30デニール・ポリエステル・リップストップ (片面シリコンコーティング)耐水圧1,500mm
ポール/DAC PLポール(メインポール:φ15mm サブポール:φ13.55mm)

最後に

2017年3月現在、アルパインドームもノナドームも人気のため、品切れ状態が続いています。ぜひ気になった方はこまめに公式サイトで今後の動向をチェックしてください。hinataでも随時情報を更新していきます。

公式サイト:helinox


あわせて読みたい記事



新着記事

  • hinata trunk banner


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪