初心者だって日本百名山に挑戦できる!オススメの山Vol.1「赤城山」

hinata

>

アクティビティ

>

登山

>

初心者だって日本百名山に挑戦できる!オススメの山Vol.1「赤城山」

初心者だって日本百名山に挑戦できる!オススメの山Vol.1「赤城山」

 アクティビティ

出典:TANAKA Juuyoh (田中十洋) / flickr

登山好きの憧れといえば、日本百名山。でも、「なんだか難しそう」「初心者には無理そう」と思う人もいるのでは。実は、日本百名山の中には初心者向けの山もあるんです。いろんな山に挑戦して、たくさんの景色を眺めてみませんか?きっと、毎回違う感動や発見があるはず。まずは、群馬県にある日本百名山・赤城山からご紹介します。


 目次


赤城山ってどんな山?

   

出典:katsuuu 44 / flickr

「赤城山」というと一つの山のことかと思ってしまいますが、実は主峰の黒檜山(1827m)をはじめとし、地蔵岳(1674m)、鈴ヶ岳(1564.7m)、駒ケ岳(1685m)、長七郎山(1579m)、荒山(1571m)、鍋割山(1332m)の総称を「赤城山」といいます。

赤城山の中央部にある高原エリアのように自然観察ルートもあれば、黒檜山の登頂を目指す、岩場を一気に登るハードなルートもあるので、ガッツリ登山したい人からハイキングくらいがいいという人まで、どんな人も満足できるバリエーション豊富なルートが魅力的です。

交通アクセス

   

出典:Cheng-en Cheng / flickr

車の場合、関越自動車道を経て、県道4号線で1直線。駐車場も至るところにあり、広々としているので、停めやすいです。公共交通機関の場合、東京駅から高崎駅まで新幹線、JRに乗り換えて前橋駅まで、そして前橋駅から赤城山ビジターセンター行き直通バスが出ているので、交通アクセスも便利。

また、浅草駅から東武線特急で赤城駅まで、上毛電鉄に乗り換えて中央前橋駅まで、その後上記と同じ直通バスに乗るというアクセス方法もあります。

初心者にオススメのルート

登山初心者は、景色も楽しめて、何より自然っていい!と思えることが大事です。コースタイムもあまり長くないものがいいでしょう。この赤城山で、初心者にオススメのルートをいくつか選んでみました。

展望が魅力的な地蔵岳登頂コース

   

出典:TANAKA Juuyoh (田中十洋)

コース:大洞駐車場~地蔵岳~八丁峠~大洞駐車場
コースタイム:約1時間半

大洞駐車場近くの登山道に入ると、すぐに樹林帯の中の急登になります。熊笹が生えているため、やや歩きにくさはありますが、危険箇所はありません。約25分の急登が終わると、広い稜線に出て、赤城少年自然の家への分岐を右に見てさらに登ります。
正面に電波塔が建っている地蔵岳が見えてきたら、稜線を進んでいったん下り、樹林帯の急坂を登ると、山頂着。地蔵岳山頂からは、赤城山主峰の黒檜山のほか、天気が良かったら関東平野も眺めることができますよ。

山頂から八丁峠までは整備された木道なので、歩きやすく、初心者でも安心。展望も開けているので、景色も満喫できます。八丁峠から赤城大洞へは、深い笹の中にある登山道をまっすぐ下ります。短時間のコースに登山の楽しみが凝縮されているコースは、初心者にオススメ。

幻想的な風景を楽しむ長七郎山~オトギノ森コース

   

出典:TANAKA Juuyoh (田中十洋) / flickr

コース:小沼駐車場~長七郎山~オトギノ森~小沼~小沼駐車場
コースタイム:約2時間15分

長七郎山登山口から長七郎山までは、広くて歩きやすい、緩やかな道が続きます。約30分で、山頂着。長七郎山頂からは、幻想的なエメラルドグリーンの小沼や大沼を眺めることができます。まるで、おとぎ話の世界に迷い込んだかのような景色は、一見の価値あり。

   

出典:Guilhem Vellut / flickr

山頂から下ると、右へ小沼、左へオトギノ森へと分かれる分岐点があります。ちなみにオトギノ森は、右回り左回りどちらもできるので、お好きな方を。ミズナラの巨木がひときわ印象的です。その後は、小沼を左に眺めながら小沼駐車場に戻ります。静かな山歩きを楽しみたい初心者の方にオススメ。

お花を満喫!花見ヶ原1周コース

   

出典:minato kaidou / flickr

コース:花見ヶ原1周
コースタイム:約1時間半

名前の通り花が一面に広がっている花見ヶ原は、花見ヶ原森林公園の中にあります。ぐるっと1周できるハイキングコースは、歩きやすい道なので、小さいお子さんでも大丈夫。春夏秋どの季節でも、楽しめるコースです。花をとことん満喫したいなら、このコース!キャンプのアクティビティとしても最適。

赤城山登山の注意点

   

出典:Toshihiro Gamo / flickr

赤城山のルートは、全般的に安全で歩きやすいのですが、一つだけ注意点をあげるとするならば、クマです。このエリアには、ツキノワグマが生息しています。とはいえ、ツキノワグマもできることなら人間には遭遇したくないので、人の気配を感じたらまず出てくることはありません。対策としては、熊鈴をつける、一人で歩かない、ラジオをつけて歩くなどです。

赤城山で、ツキノワグマに出遭ったという話はほとんど耳に入らないとのこと。ただ、冬眠前後のシーズンは、食糧を求めて活発に行動しているので、この時期の登山は気を付けてくださいね。

下山後のお楽しみといえば

   

出典:Tzuhsun Hsu / flickr

下山後は、その土地ならではのグルメや観光を楽しんでみませんか?温泉やキャンプ場に一泊したら、さらに遊びが広がります。ここ、群馬でも、お楽しみはいっぱい!では、その中でもイチオシのものとは?

温泉でのんびり

   

出典:amika_san / flickr

赤城山の裾野には、二つの有名な温泉があります。赤城温泉と老神温泉です。温泉につかりながら、季節によっていろんな表情を見せてくれる自然を満喫するのは、とっても贅沢なひととき。下山した後温泉に入れば、疲れも一気に吹き飛びます。

赤城神社で願掛け

   

出典:Dick Thomas Johnson / flickr

黒檜山登山口と駒ケ岳登山口の間にある赤城神社で、女性がお願い事をするとかなうといわれています。女性たちにとってパワースポットとも言われるほどの人気ぶり。下山後に、必ず行きたい場所のひとつです。

グルメを楽しむ

   

出典:Tatsuo Yamashita / flickr

群馬県前橋市といえば豚肉というほど、豚肉が有名です。トンカツやソースカツ丼、豚丼などの定番メニューのほか、それぞれのお店で豚肉を使ったオリジナルメニューも色々あるので、ぜひ食べてみてくださいね。

おわりに

登山ルートのバリエーションが豊富な赤城山は、初心者にぴったり。登山といっても、最初は1時間半や2時間のハイキングだって充分なのです。山の楽しさを知ることで、あんな山に行きたい!こんな山にも行きたい!という気持ちが芽生えてくるはず。都心からアクセスもしやすい赤城山で、日本百名山デビューしませんか?


あわせて読みたい記事



新着記事

  • hinata trunk banner


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner