hinata

>

キャンプ

>

キャンプ料理

>

オピネルはナイフの元祖!アウトドアはフランスが誇るオピネルナイフを

オピネルはナイフの元祖!アウトドアはフランスが誇るオピネルナイフを

 キャンプ

木の上に置かれたオピネルナイフ

オピネルは、フランスで生まれたナイフの元祖とも言われるブランドです。ナイフは、形も機能も様々あり、それぞれに特色を持っていますが、その中でもオピネルは使用範囲が広く、どんな場面でも活躍してくれます。そして何よりお手頃なオピネルナイフをご紹介します。


 目次


オピネルは100年以上の歴史を持つブランド

オピネルナイフは19世紀に始まったフランスの老舗ナイフメーカーで、多くの登山家やアウトドアーズマンに愛され続けています。オピネルにはキッチン用からガーデン用まで多くの種類がラインナップされていますが、得にアウトドアー用のフォールディングナイフ(ブレードを折り畳んで収納するタイプ)は確かな実績と信頼を勝ち得ています。

オピネルを選ぶ理由

オピネルナイフでトマトを切る様子    

オピネルを選ぶ理由は何よりもリーズナブルな価格!これはオピネルが長い歴史を持っている事とフランスでは日常的に広く使用されいること、それにより大量に製品を送り出しているからこそできることでしょう。

オピネルナイフの構造は大変シンプル。切込みを入れた木製グリップハンドルにピン一つで取り付けたブレードを収め、ブレードをロックできるリングが装着されています。このシンプルさも長く愛される理由の一つです。

切れ味も大変鋭く、しっかりメンテナンスされたオピネルならば柔らかい野菜でも良く切れて料理包丁にも負けません。ただしブレードが薄いので薪をバトニングで捌くような作業には不向きです。

ステンレスorカーボン? オピネルナイフの選び方

オピネルナイフ    

ステンレスかカーボンかは「切れ味」と「研ぎ」で選ぶ

ナイフのブレード(刃の付いているところ)にはステンレス製とカーボン(炭素鋼)製があります。

ステンレス製のメリットは、手入れが楽で使用した後汚れを拭き取るだけでOKなこと。その反面切れ味が少しマイルドで、砥ぐのにコツが必要になります。

カーボン製のメリットは何より切れ味が鋭いことと、砥ぐとすぐに切れ味が戻りやすいことです。デメリットは鋼材が比較的柔らかいので刃こぼれしやすく錆びやすいことにあります。

ですから刃を研ぐのは専門店に出し、普段は手入れをあまり気にせずに使いたいという方はステンレス製を。切れ味が何より大事で手入れも楽しみの内という方はカーボン製が良いでしょう。
海外の家庭では普段あまり手入れを気にせず使えるステンレス製が多いようで、現場での切れ味を重要視する多くの登山家やプロのアウトドアーズマンはカーボン製を選択しているようです。

サイズ豊富!何番を選ぶか

様々なサイズのオピネルナイフ    

出典:OPINEL

オピネルのウッドグリップアウトドアナイフには、刃渡りによって7cm~12cmまで6種類の選択肢があります。標準的とされているのは刃渡り8.5cmのNo.8ですが、これは使用目的によって好みが別れます。

キャンプでオールマイティーに使うのであればNo.8がおすすめですが、料理を主体として釣った魚を捌いたり大ぶりの野菜も切ったり(キャベツを刻むなど)するのであればNo.10やNo.12でも良いでしょう。あくまで予備のナイフとしてというのであればNo.6がおすすめです。

また手のサイズによって番手を決めるのも一つの方法です。比較的手が小さい方であればNo.6~No.8、手が大きい方であればNo.9~No.12が使いやすいでしょう。

オピネルは購入したら「オイル」に「錆」!?

オイル漬けで防水処理

オピネルの木製ハンドルは水分により膨張や歪みを生じやすく、それによりブレードの出し入れがし辛くなってくることがあります。そこでハンドルが水分を含みにくい状態にしておく処理をおすすめします。

詳しくはこちらの動画▽

ナイフがお手元に届いたら、ブレードを収めた状態で油漬けにします。使用するのは亜麻仁油やエゴマ油やクルミ油といった乾性油と呼ばれるサラッとした乾きやすい食用油です。

手順は簡単2ステップ。
①ビニール袋などにナイフを入れ、そこに油を入れてナイフ全体が油に浸かるようにし24時間置きます。
②時間が経ったらナイフを袋から出し油を拭き取り、ブレードを出した状態で更に24時間乾燥させます。

たったこれだけです!このブレードを出す時に手が滑るので注意してください。この作業の時は滑り止め付軍手か革手袋をすると良いでしょう。
ただし乾かしてから始めのうちは油が固まりブレードが動き難くなる場合があります。その場合ブレードを閉じる際には指などを怪我しないよう充分注意してください。

カーボン刃を保護する裏ワザ「黒錆処理」!

切れ味を重視してカーボン製の刃を選んだ場合、できるだけ錆の発生を予防したいものですよね。そこでカーボン製の刃に黒錆び処理を施し薄い皮膜を作る方法があります。黒錆びは表面に一時的にできるコーティングのようなもので、金属の中に侵食する赤錆とは性質が異なります。これはナイフを1度分解する必要がありますので自己責任で行うことと、怪我などに充分ご注意を。

注意深く慎重に作業を進めれば簡単な作業ですので、チャレンジしてみるのも良いでしょう。

分解の詳しい方法、黒錆処理の方法はこちらの動画を▽

ナイフの刃を研ぐ

ナイフは使用しているうちに切れ味が鈍ってきますね。しかしこの鈍くなったナイフというのは大変危険です。切りづらいから力を入れてしまい勝ちで、それが滑って手に刃が当たり大怪我へとつながります。
切れ味の鋭いものはもちろん手や指に当たれば切れやすいですが、良く切れるので力がそれほど要りません。ですから切れずに滑ると言うことが少なく、万が一体に触っても傷が浅くて済むのです。

さて砥ぎの作業ですが、本格的に砥ぐのであれば砥石を300番台の荒砥、800~1000番台の中砥、仕上げに2000番の仕上げ砥と用意して順番に仕上げて行くことになります。省略して行うのであれば1000番の中砥だけで仕上げるのも良いでしょう。

刃を砥石に当てる角度はオピネルでは20°を推奨しています。これは一般的な料理包丁より少し角度をつけた状態です。(料理用包丁の多くは15°くらいです)

タッチアップで砥ぎを簡単に

△こんな風に簡単に砥ぐこともできます。
実は、砥ぎは大変テクニックの要る作業なので、本格的な砥ぎについては別途特集を組むとして、ここでは簡易的な砥ぎテクニックをご紹介します。

使用するのはスティック式のセラミックまたはダイヤモンドシャープナーです。ブレードをこのシャープナーに一定の角度を付けて押し当て、刃の両方をそれぞれ同じ回数滑らせる方法です。ナイフメーカーによっては簡易的な携帯シャープナーも出していますが、オピネルの場合は刃が薄く角度が20°と立っていますのであまりおすすめできません。

スティック式シャープナーはどのタイプの刃物にも使えますので1本持っていると大変便利です。それでも何回かに1回は本格的に砥石を使って時間をかけて砥ぎの作業はした方が良いでしょう。

研ぎ方を詳しく開設したものがこちら▽

オピネルナイフの安全な使い方を覚えよう!

オピネルナイフで木を削る様子    

オピネルのナイフはとてもシンプルな構造で良く切れます。なので使い方を正しく知っておくことも大切。オピネルに限らずアウトドアで使う多くのフォールディングナイフもこの使い方が基本になるのでぜひ覚えておいてください。

ブレードの出し入れ

まずブレードの出し入れについて。
ブレードを引き出してロックリングをかけるというのがオピネルの基本動作になりますが、この時ブレードは自分とは反対方向に広げるように出すのが安全なやり方です。ブレードが自分の方を向いていると予期しないことで怪我をする危険性があります。

ロックリングを必ずかける

オピネルナイフ    

そしてロックリングを回して必ず掛けましょう。この時、ブレードには刃が根元まで付いているので指を引っ掛けないように注意してください。
また、ブレードをハンドルに収めた未使用状態でも必ずロックしてください。ポケットなどに入れている時はブレードがハンドルからわずかに開いて怪我をする事もあります。

ナイフの安全な使い方をもっとよく知りたい方はこちら▽

オピネルを所有するための注意点

ブレードロックは自己管理

前述のようにオピネルは自分でロックリングをかけるという動作が特徴的です。
近年のフォールディングナイフのロック機構は、ブレードを出すと自動的にロックされる仕組みが採用されていますが、伝統的デザインを踏襲するオピネルは使用者が自分でロックするという方式です。オピネルナイフを所有する時にはこの事を十分理解しておく必要があります。

木製ハンドルの特性を知っておく

木の上に置かれたオピネルナイフ    

出典:OPINEL

オピネルでは近年樹脂製のハンドルも生産されていますが、やはり木製のハンドルが主流です。アウトドアを楽しむ者としてはやはりこの木製ハンドルは雰囲気があって良いですよね。いっぽうで、木製ハンドルを選んだ場合少し注意することがあります。

注意点①:木製ハンドルは水に浸けない。
オピネルの木製ハンドルは水を含むと反ったり歪んだりする原因となり、ブレードの出し入れがし辛くなったり最悪の場合は取り出せなくなったりしてしまいます。

注意点②:無理やりブレードをハンドルから出さない
キャンプの時だけしか使わないという場合、長期間使用していないとブレードがハンドルから出し辛くなっている事があります。これは木の成分が刃を固着させている場合やカーボン製の刃の場合はわずかに錆が生じている事もあるためです。
こうなった場合はロックリングをオープンの状態にしてハンドル内のブレードの背中を固い木の板などに打ち付けるように当てて叩いてみてください。それでも刃が出てこない場合は植物油(エゴマ油などの乾性油)をブレードの収まっているところ全体に注ぎ再度叩いてみます。ブレードが出てきたら余分な油は必ず拭き取ってください。

ナイフを保管する

使用したナイフはブレードの汚れをしっかり取りましょう。ブレードをぬるま湯とスポンジで良く拭い、しっかりと水分を拭き取ります。(くれぐれも水の中に浸けたりしないでください)その後亜麻仁油やエゴマ油やクルミ油などの乾性油を軽く塗っておくと良いでしょう。オリーブオイルやサラダ油は不乾性油で乾かずいつまでもベトつきますのでおすすめできません。

水洗いされているオピネルナイフ    

出典:OPINEL

また金属磨きなどでブレードのしつこい汚れを取るような場合、多くの金属磨きにはアンモニア成分が含まれており、これを放っておくとダメージになりますのでパーツクリーナーなどでしっかり脱脂をして拭き上げてから改めて乾性植物油を塗っておきます。

オピネルナイフはリーズナブルで使い方が簡単でよく切れる優れものですが、だからこそ扱いには注意が必要です。特にお子さんのいらっしゃるご家庭ではお子さんの手の届かないところに保管するようにしましょう。

お子さんの起こす事故で一番多いのはブレードをロックせずに使い、刃がハンドル方向に畳み込まれて指を切断するといった痛ましいものです。お子さんにはナイフの使い方をしっかり修得させてから持たせるようにしたいものですが、未熟な間は遠ざけておくことをおすすめします。

まとめ

木に刺さったオピネルナイフ    

優雅なカーブの木製ハンドルにクリッピングポイントと呼ばれる形状のブレードはアウトドアシーンに完璧に溶け込むデザインで多くの人を魅了するオピネルナイフ。シンプルなデザインだけに使い方も注意が必要で、メンテナンスにも少し手間がかかりますが、何より安価で手に入りやすく多くのアルピニストが愛用する伝統的なこのナイフをアウトドアアイテムに加えてみてはいかがでしょうか。


あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

登山 キャンプ料理
  • hinata trunk banner


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪