冬キャンプ!おすすめの茨城にあるキャンプ場4選!

 キャンプ場

茨城のキャンプ場

出典:MIKI Yoshihito / flickr

あの暑い夏休みのキャンプもおわり、既に暦の上では『冬』となりました。なにかと外に出るのをためらう季節になりましたが、最近この時期にキャンプをするのが通のキャンパーで振わっています。冬でも暖かく快適にすごせるキャンプ場がここ茨城にあります。その中でも特におすすめの冬キャンプに適したキャンプ場をご紹介させていただきます。


 目次


まずは、冬キャンプに向けた備え

今回は、茨城のおすすめスポットをまとめていきますので、より詳しい冬キャンプの知識やノウハウを知りたい方は、こちらの各記事をご参照ください。防寒アイテムから、雪中キャンプでの張り方、気をつけるべきアイテムをまとめております。

大子広域公園オートキャンプ場『グリンヴィラ』

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ    

出典:大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ

大子広域公園オートキャンプ場『グリンヴィラ』は、日本三名瀑のひとつ袋田の滝のそばの大子広域公園内にあり、キャンピングカーやトレーラーをお持ちの方も気軽にご利用いただけます。温泉ふれあいの湯もあり、冷えた体にはこたえられない温もりを味わえます。キャンプ場では、携帯ガスヒーターや屋外用ペレットストーブのレンタルもあり、寒さ対策は万全です。特に手ぶらでも本格キャンプができるレンタルセットもあるので、これからキャンプを始められる方にもうってつけです。

【基本情報】
住所:茨城県久慈郡大子町矢田15-1 
電話:0295-79-0031
営業期間:通年
公式はこちら:大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ

城里町総合野外活動センター『ふれあいの里キャンプ場』

城里町総合野外活動センター『ふれあいの里キャンプ場』    

出典:城里町総合野外活動センター『ふれあいの里キャンプ場』

城里町総合野外活動センター『ふれあいの里キャンプ場』は、藤井川ダムに隣接した丘陵地に立地した公営初のオートキャンプ場です。天然温泉、温水プール、リラックスルームなどを完備した温泉施設『ホロルの湯』(営業時間:午前10時から午後9時、休館日:月曜日)があり、ポカポカになれます。

【基本情報】
住所:茨城県東茨城郡城里町上入野4384
電話:029-288-5505
営業期間:通年
公式はこちら:ふれあいの里キャンプ場

太平洋が眼前の神栖市営『日川浜オートキャンプ場』

神栖市営『日川浜オートキャンプ場』    

出典:神栖市営『日川浜オートキャンプ場』

神栖市営『日川浜オートキャンプ場』は、目の前には果てしない太平洋が広がり、風力発電の風車がある日川浜海水浴場に隣接する2.9ヘクタールの広さの総合オートキャンプ場です。全面きれいな芝生で便利なAC電源も完備しています。周辺には天然温泉施設の湯楽々、神栖海浜温水プールも5分圏内にあり、寒さを忘れてBBQや釣りに楽しさいっぱいです。

【基本情報】
住所:茨城県神栖市日川2036-124
TEL:0299-97-0567
営業期間:通年
公式はこちら:日川浜オートキャンプ場

筑波山の麓『石岡市つくばねオートキャンプ場』

筑波山の麓に広がる『石岡市つくばねオートキャンプ場』    

出典:石岡市つくばねオートキャンプ場

『石岡市つくばねオートキャンプ場』は筑波山の麓に広がる丘陵地に広がる自然たっぷりのキャンプ場です。キャンプ場独自にいろいろなイベントを行っており、お子様も寒さを忘れて楽しめます。この冬の限定特別サービスとして、鍋の限定メニューでみんなで囲めば身体も温まる『牛鍋コース(大人1,200円、子供1,000円)』と『ちゃんこ鍋コース(大人1,000円、子供800円)』(※各3日前までの申込が必要です。)のサービスがありますので、寒さもへっちゃらです。

【基本情報】
住所:茨城県石岡市小幡2132-14
TEL:0299-42-2922
営業期間:通年
公式はこちら:石岡市つくばねオートキャンプ場

まとめ

今回は管理が行き届きながら、冬でも楽しめるオートキャンプ場をご紹介させていただきましたが、まだまだ楽しみ方はたくさんあります。ご家族、お仲間そろって今年の冬を楽しんでみてはいかがでしょうか? 夏にない冬の自然を満喫しながら、冬だからこそのグルメなキャンプってありかもしれません。



あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

冬キャンプ

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪