キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜もっとそとが好きになる〜
本結び

出典:PIXTA

本結びのやり方を解説!アウトドアや日常でも使える便利なロープワーク

※本記事には一部プロモーションが含まれます

数あるロープワークの中でも、アウトドアだけでなく日常生活においても役立つ「本結び」。本記事では結び方を動画つきで解説します。簡単にでき実用性が高い本結びを、この機会にぜひ習得しましょう。ロープワークにおすすめのロープもあわせて紹介します。

本結びとは?

本結び

出典:PIXTA

本結びは同じ太さのロープ同士をつなぎ合わせる時や、1本のロープで輪をつくる時に便利な結び方です。着物の帯締めにも使われる基本的な結び方で、簡単に結べて解けにくいことが特徴。正しい解き方を知っていれば、解きたいときに簡単に解くこともできます。ただし力をこめてしっかりと強く結んだ場合や、細い紐を使用して結び目が小さいと解きにくくなるので注意しましょう。 また本結びは、太いロープや太さの異なるロープ同士の連結には不向きです。太さの異なるロープ同士をしっかりとつなぎ合わせるときは、「二重つなぎ」という結び方で結びましょう。

本結びが活躍するシーン

長いロープ

出典:PIXTA

汎用性の高い本結びは、アウトドアでも日常生活でも活用シーンが多くあります。例えばアウトドアでは、束ねた薪をまとめて縛る際に便利です。薪の数が多く1本のロープでは長さが足りない場合は、複数のロープをつないで束ねることもできます。またテントやタープなどのポールがバラバラにならないよう、まとめておくときにも本結びはおすすめです。 日常生活では、雑誌や新聞段ボールなどをまとめる際によく用いられます。しっかりと結べば、ゴミ捨て場やリサイクルステーションまで運搬する途中で解けてしまうことがありません。

本結びのやり方を解説

本結びの手順を解説します。やり方は非常に簡単!以下の動画とテキストを参考にチャレンジしてみてください。
本結びの手順は以下の通りです。
  1. ロープの両端を交差させる
  2. 上を通っているロープをもう一方のロープに1周巻きつける
  3. 再度ロープの両端を交差させる(この時、先ほど上を通っていた方を上にする)
  4. 上を通っているロープをもう一方のロープに1周巻きつける
  5. 左右の紐を引っ張って締めると完成
このように、本結びの手順はシンプルで簡単。アウトドアや日常生活で活用してみましょう!

本結びなどのロープワークにおすすめのロープ

ここからは、ロープワークにおすすめのロープを3アイテム紹介します。本結びを含むロープワークの練習用ロープや、テントやタープを張るためのロープを探している人は参考にしてください。

本結びはアウトドアでロープをつなげるのに便利!

結び方は簡単なのに、強度が高く使い勝手のいい「本結び」。キャンプで薪をまとめたり日常生活で新聞や雑誌をまとめたりするときに便利です。細いロープや紐で本結びをしてしまうと、解くことが難しくなるので注意しましょう。本記事を参考に本結びを習得して、さまざまなシーンで活用してください。

今回紹介したアイテム

商品画像GEERTOP(ギアトップ) タープロープ 4mm 6本Youriad パラコード 4mm 7芯HERCULES パラコード 15m
商品名GEERTOP(ギアトップ) タープロープ 4mm 6本Youriad パラコード 4mm 7芯HERCULES パラコード 15m
商品リンク


あわせて読みたい記事