スバル, クロストレック

クロストレックのカスタム仕様が早くも登場!新ブランド「BOOST GEAR」に注目【東京オートサロンで見つけたキャンプなクルマvol.1】

キャンプのお供に「クルマ」を探している人も多いのではないでしょうか。そこで、2023年1月13日(金)〜15日(日)に開催の「東京オートサロン2023」で見つけたキャンプなクルマをお届けします。今回は、スバルが新型クロストレックをベースにカスタムした「BOOST GEAR」を紹介します。

キャンプは「ギア」でもっと楽しくなる

スバル, クロストレック
2023年春に発売が予定されている、スバルの新型クロストレック。それをベースにしたカスタム車「BOOST GEAR」が早くもオートサロンのスバルブースに登場!普段の買い物から未舗装路までボーダレスに活躍する「クロストレック」を走るギアとして仕立てた1台は、フィールドでの利便性を考えた機能が満載。気になるポイントを紹介します。

ソトアソビを広げる装備が豊富

専用ヒッチキャリアで大きなギアもラクラク

スバル, クロストレック
会場に展示されていたコンセプト車両は、クロストレック専用のヒッチメンバーを利用してマウンテンバイクを積載。ルーフラックも搭載し、アクティビティで増えがちなギアを積むスペースがしっかりと作られています。 ルーフキャリアやヒッチキャリアは、積載性能アップももちろんのこと、デザインとしてもうれしいポイントです。 また、バンパーの一部やフェンダーにはブラックのチッピング塗装を施したパーツを装着し、傷がつきにくい工夫がされているのも「BOOST GEAR」ならではのこだわり。

すぐに参考にしたい!アウトドアテイスト強めるオフロードタイヤ

スバル, クロストレック
足元にはヨコハマタイヤのオフロードタイヤ「ジオランダー」を装着。オフロード性能を向上させるだけでなく、デザインのアクセントにもなっています。タイヤを履き替えるだけの手軽なカスタムでも、マイカーでキャンプへ行くワクワク感は倍増。 泥の跳ね上げを防止するターコイズカラーのマッドフラップも、同じく遊びゴコロを刺激するお手軽パーツとして要注目です。

工具を貼り付けられるマグネットカバーはこれからの開発に注目

スバル, クロストレック
リアのウィンドウ脇に取り付けられたマグネットカバーには、磁力の力で工具やギアを一時的に貼り付けることができます。将来的にはこのカバーからスマートフォンやガジェットにダイレクト給電ができるようにするとのことで、これからの開発に期待大です。

hinata的これイイゾ!

スバル, クロストレック
hinataが注目したのは、フロントフェンダーに取り付けられたパイプアーム。コンセプト車両ではオフロードの臨場感ある動画を撮影できる「GoPro」が取り付けられていました。駐車時に犬のリードを繋いだり、ライトなどをクランプして作業をしたりと、シンプルなパーツではありますがとにかく便利に使えそうです!
【基本情報】 車名:クロストレック(ベース車) サイズ: [全長]4,480mm [全幅]1,800mm [全高]1,575mm [ホイールベース]2,670mm 車両重量:1,540kg 乗車定員:5名 エンジン:DOHC 直噴+モーター(e-BOXER) 総排気量:1.995L 駆動方式:4WD タイヤサイズ:225/60R17(F・R)

アクティブライフを後押しする「BOOST GEAR」に注目

スバル, クロストレック
ユーザーのアクティブライフへの冒険心を刺激するギミックを詰め込み、「使ってみたい」、「行ってみたい」、「挑戦したい」という気持ちを後押しすることをコンセプトに誕生したサブラインブランド「BOOST」。 アウトドアユースに優れたスバルのクルマを、よりフィールドで使い倒せる1台にしてくれる新ブランドは、これからの展開に要注目です。hinataではこれからもアウトドアなクルマ情報をお届けするのでお楽しみに!
撮影/渡辺昌彦

特集・連載


あわせて読みたい記事