デリカミニ

コールマンとのコラボも!三菱「デリカミニ」の可能性とは【東京オートサロン2023超速報】

キャンプのお供に「クルマ」を探している人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、2023年1月13日(金)〜15日(日)に開催の「東京オートサロン2023」で見つけたキャンプなクルマをお届けします。1回目は、三菱自動車が展示した「新型デリカミニ」と、コールマンとのコラボ車両です。

日常とキャンプをシームレスにつなぐ「デリカミニ」

デリカミニ
デリカミニ(4WD T Premium)
2022年11月にスペシャルサイトを公開して話題を集めた、三菱自動車の「デリカミニ」。キャンパーにも大定番のデリカの名を冠したスーパーハイトワゴンの軽自動車だけあって、2023年5月の発売を首を長くして待っている人も多い新型車です。 東京オートサロン2023年の会場では、そんなデリカミニと複数のカスタムカー(いずれも参考出展)が登場しました。
デリカミニ
デリカミニ(4WD T Premium)
デリカミニは、三菱自動車のアイコンとも言えるフロントグリル「ダイナミックシールド」を採用しながらも、半円形デザインのヘッドライトを組み合わせた顔周りで唯一無二の存在感を獲得。フロントとバッグに大きく入れられたDELICAのロゴも遊び心を感じられる部分です。 出展車両(T Premium)はアッシュグリーンメタリック/ブラックマイカ(有料色)とされ、ブラックのホイールアーチなどと相まって、デリカシリーズならではのスタイリングにまとめられています。15インチのアルミホイールもタフさを表現! また、T(ターボ)の他にG(ノンターボ)車もラインナップ。それぞれ2WDと4WDから選べ、プレミアムグレードも用意されています。

安心&快適!アウトドアの頼もしいお供に

デリカミニ
デリカミニ(4WD T Premium)
見開き角が広いフロントガラスや大型ナビなどによる、運転のしやすさも見逃せないところ。写真のT Premiumは、高速道路同一車線運転支援機能やデジタルルームミラー、マルチアラウンドモニターなどの「安全装備」も充実しています。シートヒーターに加え、グレードによってはパドルシフトや本革巻のステアリングヒーターなどの「快適装備」が設定されているのもうれしいところです。
デリカミニ
デリカミニ(T Premium)
後席は320mmのロングスライドでシートアレンジできるのもポイント。荷室スペースを拡大したり、居住空間を広くして車中泊したりと、さまざまなライフスタイルに寄り添ってくれるのです。 荷室には樹脂ラゲッジボード&PVCシートバックが採用されているので、汚れた荷物も積載しやすいはずです。

hinata的これイイゾ!

デリカミニ
デリカミニ(T Premium)
撥水生地によるシートやオールウェザーマットも魅力の一つ!雨の日や濡れたギアなどもストレスなく積み込むことが可能です。さらに、電動式ハンズフリータイプの後席スライドドアも。大きな荷物も楽に出し入れできるので、キャンプ場でもスムーズに楽しめるはずです。
【基本情報】 車名:デリカミニ(T Premium) サイズ: [全長]3,395mm [全幅]1,475mm [全高]1,830mm [ホイールベース]2,495mm 車両重量:1,060kg 乗車定員:4名 エンジン:DOHC12バルブ3気筒 総排気量:0.659L 駆動方式:4WD タイヤサイズ:165/60R15(F・R)

コールマンとのコラボで車中泊仕様に!

デリカミニ×Coleman(参考出展)
デリカミニ×Coleman(参考出展)
デリカミニのカスタムカーの中でhinata編集部が特に注目したのが、こちらの「デリカミニ×Coleman」です。アウトドアブランドコールマンの手によって、デリカミニのあるキャンプの姿を提案! アウトドアになじむグレージュのボディに、コールマンのランタンロゴをオン。ルーフキャリアやホワイトレターを施したタイヤ、マッドフラップ(純正オプション品)なども装備して、よりタフでキャンプなクルマに仕上げられています。
デリカミニ×Coleman(参考出展)
デリカミニ×Coleman(参考出展)
車内にはシングルベッドキットが組み込まれて、車中泊が楽しくなる仕様に。サイドストレージパネルやバックドアパイプでギア類を収納しやすくしたりと、キャンプでの利便性が高められているのも特徴です。

キャンプの愛車に期待大!

2023年5月に発売予定とされている三菱自動車「デリカミニ」の詳細をお届けしました。デリカシリーズの名を冠しているだけあって、キャンプの相棒としても定番になる予感。hinataではこれからもアウトドアなクルマ情報をお届けするのでお楽しみに!

特集・連載


あわせて読みたい記事