煤で汚れたクッカー

煤で真っ黒なギアをピカピカに!クッカーの煤を実際に落としてみた!

2022.11.30ノウハウ

思い入れのあるキャンプギアの中でも、ひときわ使用頻度の高い調理器具たち。直火で使って煤が付き、真っ黒になった経験はありませんか?かくいう筆者もお気に入りのクッカーやポットを煤だらけにしたまま「ギアに味が出たよね」と放置中。これではいけないと一念発起し、今回煤落としにチャレンジすることにしました!大切なギアがピカピカになる瞬間を見届けてください!

煤はどうして付くの?

煤がついたクッカー
煤(すす)とは、薪を燃やした際の不完全燃焼により発生した炭素微粒子やタールのこと。つまりバーナーの炎では煤は発生しません。また、不完全燃焼が原因なので薪の水分が多いほど煤は出やすくなります。
直火と飯盒

出典:PIXTA

焚火での調理はキャンプの醍醐味!ですが、この煤によってお気に入りのギアが真っ黒になってしまう経験をされた方も多いのではないでしょうか。 まさに私もそのうちの一人。しかも超ズボラな性格ゆえに「ギアに味が出た」などと言い訳し、真っ黒なクッカーやポットをずっと放置してきました。しかし!ギアを使うだけでなくメンテナンスするのも持ち主のつとめ!真っ黒なあれこれをピカピカにしてみせます!

煤だらけ!選手紹介

まずは今回ピカピカになっていただく選手をご紹介します!

ルーキー「クッカー」

煤で黒くなったクッカー
このアルミ製クッカーがとにかく使えるので酷使した結果、見事に真っ黒です。触ると手が黒くなるので軍手必須、収納時にはレジ袋に入れられてとっても不憫なクッカーです。 こちらはヒロシさんの真似をして購入した「キャンプセット5」というクッカーセットの中のひとつ。

これが噂のCAMP SET 5!

煤で黒くなったクッカーの底
裏側も焦げ付いており、真っ黒。とっても味があります。これは落ちるのでしょうか…。

レギュラー「飯盒」

煤で黒くなった飯盒
キャンプにハマる前、炊飯器が壊れたためノリで買ったキャプテンスタッグアルミ製飯盒。今ではキャンプのお供として本来の役目を存分に果たしてくれています。
↑もともとはこんなにおしゃれなカーキ色だったのに
煤で黒くなった飯盒の底
裏側が剥げてしまっているのもむしろかっこいい…ような気もする…。全体的になかなか味があるのですが、もとのカラーが暗めなので煤が落ちても「映えない」可能性を憂いています。

永遠のアイドル「ポット」

煤で黒くなったポット
ドラマ「ゆるキャン△」のオープニングで出てきて一目惚れし、購入したこのホーロー製ポット。実は以前はもっと真っ黒だったのですが、お気に入りなのでなんとかしようと洗ったりこすったり。それでこの有様。これが限界だと思って放置していました。
本当はこんなにかわいいキャメルだったんです。それがいつの間にかくすんでしまい、なんかベタベタに…。書いてて恥ずかしくなってきました。
煤で黒くなったポットの下部
しかし今回本来のおしゃれなキャメルに戻ってくれることを切に期待。きれいになったらポットはちゃんとバーナーで使います!

雑誌の付録「フライパン」

煤で黒くなったフライパン
キャンプめし特集の雑誌に付いてきたステンレス製のフライパンです。このサイズ感がすごく使いやすくて、軽いおつまみを作るときに重宝しています。シーズニングもしてかわいがっているのですが、残念ながら真っ黒です。 ちなみにこのフライパンはチャムスとのコラボアイテム!
煤で黒くなったフライパンの底
…ブービー真っ黒です。ごめんね。せめてブービーだけでもきれいにしてあげたい!!
煤で汚れた食器
はたしてみんなピカピカになるのでしょうか…?

煤をおとす手順&必須アイテム!

まずはアルミのクッカーで煤落としに挑戦します!

鍋でお湯を沸かす

鍋
クッカーが入るサイズの鍋に水を張り沸騰させます。大きめの鍋があれば一番ですが、我が家はひとまずクッカーが入るサイズの片手鍋で間に合いました。

沸騰したお湯にクエン酸を入れる

クエン酸
煤は油汚れではないので、台所用の洗剤ではきれいに落ちません。煤を落とすためには「クエン酸」を使います。 アルミ製など、変色を起こしやすいギアでも安心して使えるのがクエン酸。ドラッグストアやネット通販、100均などでも買える手軽さもおすすめです!自宅にあるお酢でもOKですが、お酢の強い香りが苦手だなという方にはクエン酸をお勧めします。
鍋のお湯にクエン酸を入れる
お湯1リットルあたり小さじ4〜5杯程度のクエン酸を投入します。

鍋にクッカーを入れる

沸騰したお湯にクッカーを漬ける
クッカーを沈めて5分ほど煮沸、その後20分放置しました。
お湯の中に剥がれ落ちた少量の煤
クッカーを引き揚げたあとのお鍋の中にはほんの少し煤のかたまりが…。イメージではもっとボロボロ落ちるのかと思っていたので一抹の不安がよぎります。しかし…。

メラミンスポンジでこする

メラミンスポンジ
水回りが一気にピカピカになるお掃除の強い味方、メラミンスポンジでクッカーをこすります。 メラミンスポンジと言えば「激落ちくん」が有名どころ。他にもいろいろなメーカーから販売されており、100均でも入手可能です。
メラミンスポンジでクッカーをこすってみると…
メラミンスポンジで汚れをおとす
黒い煤がするすると落ちました!力を入れる必要もなく、ほとんど撫でているくらいの感覚でどんどん煤が落ちていきます。
きれいに煤が落ちる様子

なんということでしょう…!

磨き上がったクッカー
これがクエン酸の力!!真っ黒だった煤がきれいに落ちました。
クッカーの裏側
裏側もずいぶんきれいになりました! そしてその他のアイテムも同じ条件で煮沸、放置、磨きを行った結果…。見てください!
ホーローのポット
ポットはかわいいキャメル色に蘇りました!
フライパンの裏
ブービーの姿も見えた!
飯盒
…あれ…? 正直、フライパンと飯盒は強くこすってもなかなか汚れが落ちきらず、ギブアップです。これは煮沸時間やつけ置き時間をもっと増やす必要がありそう。頑固なものは2〜30分の煮沸と数時間の放置でやっと落ちる場合もあるようです。 それにしてもアルミクッカーにはてきめんにクエン酸が効きました!アイテムの材質や状態によって、同じ方法でも煤の落ち方は変わってくるということがわかります。

洗剤は?重曹は?アルコールは煤に効く?

クエン酸での煮沸以外にも、煤を落とす方法をいくつかご紹介します!

洗剤

オレンジピール洗剤
いわゆる食器用中性洗剤ではなかなか落ちない煤ですが、オレンジ洗剤を使うと比較的簡単に落とすことができます!ガスコンロや換気扇の汚れ、ヤニなども落とすパワーはさすが。ただ材質によっては変色や変質などに注意して、目立たない部分で試してから全体に使うようにしてください。

重曹

重曹
重曹はクエン酸と同じく100均でも手に入る身近な存在。ステンレスやチタンのアイテムに使うのがおすすめです。クエン酸と同じように、お湯に重曹を溶かしてクッカーを煮沸して煤や汚れを落とします。 アルミ製のアイテムは重曹を使うと変色してしまう可能性があるので注意。

アルコール

無水エタノール
ドラッグストアで見かける無水エタノールでも、布やキッチンペーパーに含ませてこすることで煤を落とすことができます!少しの力でしっかり落ちるのですが、他の方法に比べると少々コスパが劣る点にはご注意。また、キッチンなどで作業を行う場合、くれぐれも火に近づけないよう気をつけましょう。

ちなみに我が家のクッカーでは

オレンジ洗剤重曹を溶かした水、無水エタノールをそれぞれ染み込ませた布で、アルミのクッカーをこすった結果がこちら!
煤の汚れ落とし比較
無水エタノールは笑いが出るほどするすると煤が落ちて驚き…。ただ、どんどん揮発するのでクッカーをまるまる1個を掃除するとなると消費が激しそうです。オレンジ洗剤も力を入れずに少しこするだけで綺麗に煤を落とすことができました。 重曹に関しては、単純に塗りつけてこするだけではパワーが発揮できないようで、クエン酸と同じく煮沸させて汚れを浮かせる方法がよさそうです。
ホーロー ポットの裏側
ちなみにホーローのポットは、無水エタノールで拭き上げをすると一層きれいになりました。

さいごは石鹸でコーティング!

石鹸とクッカー
煤が落とせたら、最後に固形石鹸を塗り付けます。この作業を行っておくことで石鹸がコーティングとなり、次から煤が付きにくくなるのです。

煤を落として大切なギアをピカピカに!

煤で汚れたキッチンツール
これが…
磨いたあとのキッチンツール
こう!! まだまだ伸びしろはあるものの、ずいぶんきれいに!生まれ変わったギアを見るのは嬉しいですし、また早く使いたくなりました。そしてこれからは汚れたら早めのメンテナンスを心がけようと思います!多分! 小さなクッカーなどであればそれほど大掛かりな作業ではありませんので、大切なギアに煤が付いたときにはぜひ今回ご紹介した方法を試してみてくださいね。

今回紹介したアイテム

商品画像キャプテンスタッグ 林間丸型ハンゴー4合炊き月兎印 スリムポット 1.2L キャメルミヨシ石鹸 暮らしのクエン酸レック 激落ちくん ダブルポイポイリンレイ ウルトラオレンジクリーナーピクス マルチ重曹クリーナー健栄製薬 無水エタノール
商品名キャプテンスタッグ 林間丸型ハンゴー4合炊き月兎印 スリムポット 1.2L キャメルミヨシ石鹸 暮らしのクエン酸レック 激落ちくん ダブルポイポイリンレイ ウルトラオレンジクリーナーピクス マルチ重曹クリーナー健栄製薬 無水エタノール
商品リンク

特集・連載


あわせて読みたい記事