キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

テントポールが壊れた時の修理方法を徹底解説!壊れないようにするための予防策も紹介

テントポールを修理するカップル

出典:PIXTA

テントの設営中に突然ポールが折れてしまったり、家で準備中にポールが折れてしまい困ったことはありませんか?今回の記事では、テントポールが壊れた時の対処法を状況別で紹介していきます。テントポールが壊れないようにするための対処法もまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

壊れたテントポールをキャンプ当日に修理する方法

壊れたテントポール

出典:PIXTA

キャンプ当日にテントポールが壊れてしまった場合、その場でできる対処法があります。ここではキャンプ当日にテントポールを修理する方法について紹介していくので、「今すぐどうにかしたい!」となっている場合はぜひ参考にしてみてください。

写真を撮って記録を残す

テントポール

出典:PIXTA

テントポールが壊れた場合、写真を撮って記録を残すことが大切です。どのような状況で壊れたのか、テントを購入したメーカーに伝えるためにも必要な作業になります。 撮影すべき箇所は、「壊れたポール」と「テント全体」です。たくさんの写真を残しておけばメーカーに説明がしやすくなり、原因がメーカー側なのか利用者側なのかもはっきりします。 製造上の欠陥が原因であれば無料で修理してくれるケースが多いので、しっかりと記録を残しておきましょう。

テントからポールを抜いて補強をする

補強したテントポール

出典:PIXTA

写真の撮影が終わったら、テントからポールを抜いて補強をしていきましょう。補強を行う際には、「リペアパイプ」と「ビニールテープ(もしくは布ガムテープ)」を使います。 リペアパイプをポールに通し折れた箇所にあてがった後は、リペアパイプの両側をガムテープで固定すれば簡単に補強することが可能です。一時的ではあるものの、補強をすることでテントを設営できます。

【注意】補強する道具がないならテント泊は諦めよう

補強する道具がない場合は、その日のテント泊は諦めましょう。無理して使い続けると、ポールの別部分が壊れたりテントが破れる可能性も出てきます。 テントが破れると雨漏りの原因になるだけでなく、修理に出すと必要以上の費用がかかることも少なくありません。キャンプを最大限楽しむためにも、安全第一で取り組むことが大切です。

壊れたテントポールを後日修理する方法

テントポールを修理する男性

出典:PIXTA

壊れたテントポールは、自分で修理をすることも可能です。ここでは、壊れたテントポールを後日修理する方法を解説していきます。

メーカーに問い合わせをする

最初に、所有しているテントのメーカーに問い合わせをしていきましょう。状況を細かく伝えることで、自分でも修理ができるのか、プロに修理を依頼すべきかの判断ができます。 問い合わせをする際には、壊れたテントポールの写真を用意しておくと話がスムーズです。保証期間外だったとしても簡単な修理方法を教えてくれるので、まずは相談をしてみましょう。以下に主要メーカーの問い合わせ先をまとめましたので、当てはまる場合はぜひ問い合わせをしてみてください。

替えのテントポールやショックコードを購入する

テントポールの修理セット

出典:PIXTA

自分で修理できると判断した場合、修理道具のテントポールやショックコードを購入していきましょう。直接お店に行かずとも、ネットからでも簡単に購入することが可能です。 ショックコードに関しては、傷がついていたり弾力が失われている場合などに購入が必要となります。壊れたポールからショックコードを外した際に、切れていないか確認をしてから購入するかを決めていきましょう。 以下では、交換用のテントポールやショックコードの一例を紹介しているので、購入する際の参考にしてみてください。

ショックコードを外して壊れたポールを取り出す

購入した替えのテントポールやショックコードが届いたら、ショックコードを外してテントポールを取り出していきましょう。
<取り出し方法>
  1. ポールの先端部分を引っ張って、ショックコードの結び目を確認する
  2. 結び目をほどく
  3. テントポールを取り出す
折れた箇所だけテントポールを交換するなら、外したポールが何節目にあったのか分かるようにしておくことが大切です。全てのテントポールを交換する場合は、折れていない部分のポールも交換用として活用できるので、大切に保管しておくと良いでしょう。

新しいテントポールにショックコードを通す

テントポールにショックコードを通す男性

出典:PIXTA

壊れたテントポールの取り外しができたら、新しいテントポールにショックコードを通していきましょう。全てのポールを通した後で、金具にショックコードを結びつけていきます。最後に、金具をテントポールに取り付ければ修復作業は完了します。

テントポールの修理屋に依頼することも検討しよう

壊れた箇所が多い場合や早く修理をしたい場合は、専門の修理屋に依頼することも検討しましょう。アウトドア専門店によっては、お店の中で直接修理をするサービスを設けています。 お店によってはメーカーに合わせたテントポールを保管している場合も多く、在庫があれば依頼した当日の修理が可能です。壊れないためのアドバイスをプロに直接聞けるというメリットもあるので、ぜひ近くの専門店へ問い合わせをしてみてください。

テントポールが壊れないようにするための予防策

テントポールを入れたテント

出典:PIXTA

キャンプを最大限楽しむためにも、テントポールの修理はできる限り避けたいところ。ここでは、テントポールが壊れないための予防策を紹介していきます。

テントポールに大きな負荷をかけないようにする

テントポールはある程度しなるものの、大きな負荷をかけないようにしましょう。強引に力を入れてポールをテントに通そうとすると、力に耐え切れず壊れる原因になりかねません。バランスを見つつ、徐々に力を入れてポールを通すのが壊さないためのコツです。

テントポールはしっかりと押し込む

テントポールを押し込む女性

出典:PIXTA

バラバラになったテントポールを1本にまとめる場合、つなぎ目が見えないくらいしっかりと押し込むようにしましょう。押し込む力が弱いとつなぎ目の挿しが甘くなり、壊れる原因になりかねません。 テントポールをテントに通す際の基本テクニックとして、グッと押し込みながら通すことが大切です。ポールを引いてしまうと挿しが甘くなりつなぎ目が緩んでしまうので、設営時も細心の注意を払うようにしましょう。

テントポールを事前に補強しておく

テントを設営する前に、テントポールを補強して壊れにくくする方法もあります。テントポールの中で最も壊れやすい箇所は、つなぎ目部分です。 つなぎ目に布ガムテープや水に強いパワーテープなどを貼っておけば、壊れにくくなります。テープで補強をしておけば強度が向上するだけでなく、壊れたポールがテントを突き破ることもなくなるのでおすすめです。

テントの風対策を行う

テントの風対策

出典:PIXTA

テントポールは、風の影響で壊れることも少なくありません。強風によってテントポールが壊れることもあるので、風が強い日は対策を行いましょう。 おすすめなのは、「ペグを重くて長いものにする」もしくは「テント用のおもり(ウエイト)を取り付ける」という方法です。テント自体をしっかりと固定すれば、テントポールが壊れないようにするための予防策につながります。 ペグやおもりの用意ができない場合は、風向きに合わせてテントの向きを変える方法もおすすめです。テントの入り口を風下とすれば、テントポールが壊れるリスクを軽減できます。

現地ですぐに修理できるアイテムを準備しておく

テントポールの補強セット

出典:PIXTA

安心してキャンプを楽しむためにも、現地ですぐに修理できるアイテムを準備しておきましょう。準備しておくと便利なアイテムは、以下の通りです。
<便利なアイテム一覧>
  • リペアパイプ
  • ビニールテープ(もしくは布ガムテープ)
  • 交換用のテントポール
  • 交換用のショックコード
  • ハサミ
前もって修理用のアイテムを用意しておけば、いざテントポールが壊れた時でもすぐに修理できます。テントポールが壊れると途中でキャンプをやめる結果になりかねないので、事前に対策を立てておくことが大切です。

おすすめの修理キットを紹介

ここでは、もっておくだけで安心できるおすすめの修理キットを紹介しいていきます!

テントポールが壊れたら早めに修理をしよう!

テントポールを通したテント

出典:PIXTA

テントポールが壊れたら、早めに修理をしましょう。自分で修理することも可能ですが、わからない場合はプロに依頼する方法もあります。 できるだけ早く修理をしたいのか、費用を抑えるためにも自分で修理をするのか。状況に合わせて、対処するようにしてみてください。

今回紹介したアイテム

商品画像コールマン(Coleman) スチールキャノピーポールセットコールマン(Coleman) ポールリペアショックコード30mコールマン(Coleman) テント 修理キットCigemay テントポール修理キット
商品名コールマン(Coleman) スチールキャノピーポールセットコールマン(Coleman) ポールリペアショックコード30mコールマン(Coleman) テント 修理キットCigemay テントポール修理キット
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事