キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

【耐荷重別】頑丈・折りたたみ可能なおすすめアウトドアチェア(椅子)25選

アウトドアチェアに座る男性

出典:PIXTA

折りたたみできるアウトドアチェア(椅子)は、キャンプを楽しむための必須アイテム。できれば頑丈なアウトドアチェアを選んで、長く愛用し続けたいところ。今回は頑丈かつ折りたたみ可能なアウトドアチェアの選び方を解説しつつ、特におすすめのアイテムをご紹介していきます!

頑丈・折りたたみ可能なアウトドアチェア(椅子)の選び方

アウトドアチェアの選び方

出典:PIXTA

自分にぴったりのアウトドアチェアを探しているけど、選び方を間違えれば後悔する可能性もあります。ここでは、頑丈かつ折りたたみができるアウトドアチェアの選び方について解説していくので、参考にして「これだ!」というアイテムを見つけてみてください。

耐荷重で選ぶ

頑丈な椅子を選びたいのであれば、耐荷重を見てから購入するかを判断していきましょう。耐荷重とは、物が何kgまで耐えられるかを示した値で、数値が高いほど頑丈です。 例えば、アウトドアチェアを選ぶ際に耐荷重が「200kg」と表記されていれば、200kgの体重までは耐えられるという意味合いになります。逆に、耐荷重の数値が低すぎると座る人によっては壊れる可能性もあるので、選ぶ際には数値をチェックしておくことが大切です。

コンパクトに収納できるかで選ぶ

アウトドアチェアをコンパクトに収納

出典:PIXTA

折りたたみ式のアウトドアチェアを選ぶなら、コンパクトに収納できるかをチェックしておきましょう。コンパクトであればあるほど収納もしやすく、軽ければ軽いほど持ち運びが楽になります。 一方で、極端に軽すぎるアウトドアチェアを選んでしまうと、耐荷重や耐久性が低くなりがちです。選ぶアイテムごとにスペックは異なるので、購入を進める際にはチェックするようにしましょう。

座り心地の良さで選ぶ

アウトドアチェアの座り心地

出典:PIXTA

アウトドアチェアを選ぶ際には、座り心地の良さもチェックしておくのがおすすめです。座り心地が悪いとストレスを感じてしまい、結果的にキャンプを楽しめません。例えば、アウトドアチェア1つとっても以下の種類があります。
ロースタイル座面が地上高30cm以下のアウトドアチェア。足を伸ばしてゆったりくつろげるのが特徴的。
ハイスタイル座面が地上高50cm程度のアウトドアチェア。座面が高いので、立ったり座ったりがしやすい。
ローバック背もたれが低いアウトドアチェア。座って作業をする時に使いやすい。
ハイバック背もたれが高いアウトドアチェア。背もたれに体を預けてリラックスでき、長時間座っていても疲れにくい。
座り心地を追求するのであれば、ゆったり座れる「ハイスタイル」や「ハイバック」がおすすめです。「ロースタイル」は立ち上がる際に腰へ負担がかかり、「ローバック」は形状から座り心地がいいアウトドアチェアとは言えません。 他にも「座面には柔らかい素材を使っているか」「リクライニング機能が付いているか」などに着目するだけでも、座り心地は大きく変わります。口コミなどを参考にして、座り心地がどうだったかをチェックして選ぶことが大切です。

価格で選ぶ

アウトドアチェアは、スペックやブランドに応じて価格が変わることも少なくありません。耐荷重・耐久性が高くなれば、必然的に価格も高くなります。同じ機能性を持ったアウトドアチェアでも、ブランドによって価格が変わることも多いので選ぶ際には注意しましょう。

素材で選ぶ

アウトドアチェアの素材

出典:PIXTA

アウトドアチェアを選ぶ際には、素材も確認しておきましょう。アウトドアチェアはフレームや背もたれ、座席部分にさまざまな素材が使われています。 例えば、夏でも涼しい状態を保ちたいなら、濡れても乾きやすいメッシュ生地のアウトドアチェアを選ぶのがおすすめです。座り心地を重視するなら、素材は中綿を選べば問題ありません。素材ごとに特徴は異なるので、使用目的に合わせて選ぶようにしましょう。

座面の高さで選ぶ

アウトドアチェアの座面の高さ

出典:PIXTA

アウトドアチェアを選ぶ際には、座面の高さも確認しておきましょう。例えば、アウトドアチェアの中には座面の高さが異なるハイチェア・ローチェアもあります。 ハイチェアは一般的な折りたたみチェアで、座面高が30cm以上と通常の椅子と同じように使うことが可能です。ローチェアは座面高が10〜30cmとなっており、足を前方に伸ばしてリラックスできるという特徴があります。座面の高さによって使い方は大きく異なるので、どのような目的で使用するかを考えながら選ぶことが大切です。

【耐荷重150〜200kg】頑丈・折りたたみ可能なおすすめアウトドアチェア(椅子)10選

アウトドアチェアに座る人たち

出典:PIXTA

自身の体重が100kg以上で頑丈なアウトドアチェアを探しているなら、耐荷重が高めのアイテムを選ぶのがおすすめです。ここでは、耐荷重が150〜200kgの頑丈かつ折りたたみ可能なおすすめアウトドアチェアを紹介していきます。

【耐荷重100〜150kg】頑丈・折りたたみ可能なおすすめアウトドアチェア(椅子)10選

アウトドアチェアに座る男性

出典:PIXTA

自身の体重が70〜90kg程度であれば、耐荷重が100〜150kg程度のアウトドアチェアを選ぶのがおすすめです。ここでは、耐荷重が100〜150kgの折りたたみできるおすすめアウトドアチェアを紹介していきます。

【耐荷重100kg未満】頑丈・折りたたみ可能なおすすめアウトドアチェア(椅子)5選

アウトドアチェアに座る女性

出典:PIXTA

耐荷重が100kg未満のアウトドアチェアは全体的に価格が安めなので、コストを抑えたい人におすすめです。ここでは、耐荷重が100kg未満の折りたたみできるおすすめアウトドアチェアを紹介していきます。

頑丈な折りたたみできるアウトドアチェアを選んで快適なキャンプ生活を!

頑丈かつ折りたたみできるアウトドアチェアを選んでおけば、より安心してキャンプを楽しめます。それぞれ特徴は異なるものの、耐荷重や収納力、素材や座り心地などを考慮して選ぶことが大切です。ぜひ気になるアウトドアチェアを見つけて、快適なキャンプ生活を楽しんでください。
アウトドアチェアを楽しむ女性

出典:PIXTA

今回紹介したアイテム

商品画像PORTAL リクライニングチェアTIMBER RIDGE アウトドアチェアTIMBER RIDGE あぐらチェアLOGOS neos ファミリースムースリクライナーGODEARU アウトドアチェアKingCamp アウトドアチェア 3段階調節可Campsnail アウトドアチェア LandField リクライニングチェアHaruma「2セット」アウトドアチェアLOCYOP アウトドアチェア 折りたたみ椅子Coleman オーバーサイズQuad Chair with CoolerポーチColeman インフィニティチェアHelinox サンセットチェアGEERTOP アウトドアチェアLOGOS Tradcanvas ゆらゆらハンモックチェアKingCamp アウトドアチェアSunnyfeel  サイドテーブル付き ディレクターズチェアTIMBER RIDGE ロッキングチェアXGEAR リクライニングチェアLuoda フルムーンチェアColeman リゾートチェア オリーブColeman レイチェア 3段階リクライニング式CAPTAIN STAG ウルトラハイバックチェアクイックキャンプ ウッドローチェアCLS アウトドアチェア
商品名PORTAL リクライニングチェアTIMBER RIDGE アウトドアチェアTIMBER RIDGE あぐらチェアLOGOS neos ファミリースムースリクライナーGODEARU アウトドアチェアKingCamp アウトドアチェア 3段階調節可Campsnail アウトドアチェア LandField リクライニングチェアHaruma「2セット」アウトドアチェアLOCYOP アウトドアチェア 折りたたみ椅子Coleman オーバーサイズQuad Chair with CoolerポーチColeman インフィニティチェアHelinox サンセットチェアGEERTOP アウトドアチェアLOGOS Tradcanvas ゆらゆらハンモックチェアKingCamp アウトドアチェアSunnyfeel サイドテーブル付き ディレクターズチェアTIMBER RIDGE ロッキングチェアXGEAR リクライニングチェアLuoda フルムーンチェアColeman リゾートチェア オリーブColeman レイチェア 3段階リクライニング式CAPTAIN STAG ウルトラハイバックチェアクイックキャンプ ウッドローチェアCLS アウトドアチェア
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事