hinata

>

キャンプ用品

>

キャンプチェア

>

【コンパクト派vsリラックス派】快適さを求めるのはどこ!?キャンプのチェア対決

【コンパクト派vsリラックス派】快適さを求めるのはどこ!?キャンプのチェア対決

キャンプ用品

PR

ハングアウト

出典:Amazon

「自分に一番合ったキャンプギアはどれだろう?」。そんな疑問に答えます!テーマに合わせて厳選した5つのキャンプギアを徹底比較。初心者でも最適なものが必ず見つかります。今回は、キャンプ界で人気が二分しているチェア編です。

目 次

実はキャンプで一番使っている時間が長いのは、チェア!

キャンプ風景

出典:PIXTA

キャンプで快適さの決め手になるギアは何でしょうか。テント?寝袋?実はチェアこそコンディションを左右する重要なアイテムなのです。最近トレンドになっている持ち運びが楽な組み立て式のコンパクトチェアと、はたまた重厚感たっぷりのくつろぎ重視なチェア。あなたはどっち派?

あなたにぴったりのチェアは?hinata編集部が本気でジャッジ!

コンパクト派なあなたにもリラックス派なあなたにも、hinata編集部がおすすめのチェアを紹介します!チェアはすべて、大手スポーツ・アウトドア店「スーパースポーツゼビオ」とアウトドア専門店「エルブレス」で購入できるものの中からピックアップ。細かいポイントを解説するので、それぞれ見比べて、ぴったりのものを探してください。

今回選んだのは以下の5つです。

①【コンパクト】ヘリノックス アウトドアワン
②【コンパクト】ハイマウント フォールディングスツール
③【リラックス】ハングアウト ポール・ローチェア
④【リラックス】コールマン インフィニティチェア
⑤【番外編】スノーピーク グランドパネルチェア


あなたが手に入れるべきは、どのチェアでしょうか?それぞれ解説していきます!

①【コンパクト】ヘリノックス チェアワン

【ここが良い】コンパクトチェアのパイオニア!

チェアワン

出典:エルブレス

韓国発のアウトドアブランド・ヘリノックスが手がける「チェアワン」は、折りたたみ式コンパクトチェアのパイオニアとも言うべき存在。爆発的な人気の理由は、1kg以下という軽量さ、35×10×12(h)cmという収納性の高さです。持ち運びに一切のストレスがないチェアワンは、荷物をなるべく減らしたいと考えているキャンパーに大人気。

「テントを持っている友人にキャンプに誘われた」なんてとき、チェアワン一つ持っていけば気軽にキャンプに参加できます。ポールをはめていくだけで組み立てるのも簡単なため、初心者でも安心して扱えます。

【ここが気になる】機能性は高いけど…。

チェアワン

出典:Amazon

持ち運びやすさに特化している分、座り心地の良さは少し欠けるのが難点です。また軽さゆえに、強風でどこにでも飛んで行きやすく、ふと席を立った瞬間にチェアが焚き火へダイブ…なんて失敗談も。高い技術力を持って作られた製品だけに、価格も1万円超えとファーストチェアとしては少しハードル高めとなっています。

ヘリノックス アウトドアワンが気になる

エルブレスでみる

【コンパクト】ハイマウント フォールディングスツール

【ここが良い】圧倒的コンパクトさ!

ハイマウント

出典:エルブレス

とにかく軽さに特化した、ハイマウントの「フォールディングスツール」。約630gと、今回紹介するチェアの中でもペットボトルほどの重さで最軽量!収納時も約18×22.5×3(h)cmとスリムになり、ザックに忍ばせておいてもまったく場所を取りません。カラーバリエーションが豊富で、キャンプサイトのテイストに合わせて選べます。価格も1,500円以下とお手頃なので、気になったら気軽に手に入れられます。

【ここが気になる】快適性に難あり

ハウママウント

出典:エルブレス

限界まで機能を削ぎ落としているため、やはり快適性はなかなか求められないのが実情。背もたれや肘掛けがなく、長時間座り続けることには向かないチェアです。座面も小さめで、大柄な男性には物足りないサイズかもしれません。耐荷重が80kgとなっているため、重い荷物などを載せる際は注意が必要です。

ハイマウント フォールディングスツールが気になる

エルブレスで見る

③【リラックス】ハングアウト ポール・ローチェア

【ここが良い】ラグジュアリーなデザイン

ハングアウト

出典:Amazon

家でも外でも使えるアイテムづくりをテーマとするアウトドアファニチャーブランド「ハングアウト」。人気チェアといえば、この「ポール・ローチェア」です。天然木のオーク材を使ったフレームとキャンバス地の座面は、ぬくもりを感じさせ、キャンプシーンだけでなく室内にもなじむ仕様。チェアの生地には、はっ水加工が施されているため、外で気軽に使えます。そこにあるだけで存在感を放つこのチェアは、おしゃれなキャンプサイトを目指している方にもってこい!

【ここが気になる】ちょっぴり上級者向け?

ハングアウト

出典:Amazon

一つあたりの重さが2.9kgというのは、軽量化・コンパクト化を目指すキャンパーなら見逃し難い点です。家族4人でポール・ローチェアを使用する場合、計10kg超となることを考えると、ためらってしまう方もいるはず。安定感はあるものの、背もたれのフィット感が物足りないという声も。組み立ての難易度が少し高くなっているため、初めて使う際は事前に説明書をよく読んでおくのがおすすめです。

④【リラックス】コールマン インフィニティチェア

【ここが良い】極上のリラックスを

インフィニティチェア

出典:エルブレス

コールマンの「インフィニティチェア」は、くつろぎを追求したぜいたくなチェア。座面が高く、頭を預けてリラックスできるのが特徴です。なんといってもうれしいのは、座ったままで使えるリクライニング機能。座面幅は約46cmと広く、枕も付いているので、快適に寝そべることができます。

収納時は二つに折りたたまれており、設営する際は開くだけと一切の手間がかかりません。日中のお昼寝や、夜の星空を眺めるのに最適な一品。

【ここが気になる】重さがネックに

インフィニティチェア

出典:Amazon

重量が8.8kgと圧倒的に重いのが気になる点。寝そべって使うチェアのため、安定感は必須ですが、この重さだと持ち運べない方もいるはずです。収納時も、約15×69×90(h)cmとそれほどコンパクトにはならないことを鑑みると、車を使うキャンパー以外は使用するのが難しいアイテムとなっています。

コールマン インフィニティチェアが気になる

エルブレスでみる

⑤【番外編】スノーピーク グランドパネルチェア

スノーピーク

出典:エルブレス

テレワーク需要の増加により、めきめきと頭角を現してきたのが座椅子タイプのチェア。中でもスノーピークの「グランドパネルチェア」は人気の一品。厚い背面のパネルが背中をしっかり支え、長時間の使用でも快適な座り心地を実現してくれます。このチェアの特徴として、背もたれが自立する仕様となっているため、立ち上がった瞬間にチェアが後ろに倒れてしまうことがありません。お座敷スタイルでキャンプをする方や、自宅で過ごす時間が多い方にぴったりなチェアとなっています。

スノーピーク グランドパネルチェアが気になる

エルブレスでみる

あなたはどのチェアを選ぶ?

テントと家族

出典:PIXTA

どのチェアを選ぶかによって、キャンプでの過ごしやすさが決まります。そのため、自分のキャンプスタイルを考えながら、しっかりと見極める必要があります。どのアイテムも、スーパースポーツゼビオもしくはエルブレスで購入できるので、ぜひ店頭で実際に手にとって比較したり、オンラインストアをのぞいてみてください。
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ