キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜もっとそとが好きになる〜
寝袋

出典:PIXTA

ワークマンの寝袋がコスパ抜群で大人気!おすすめアイテムを紹介

※本記事には一部プロモーションが含まれます

ワークマンの寝袋は、手に入れやすい価格と優れた機能を兼ね備えてコスパ抜群!ワークマン独自開発の機能を盛り込み、真冬に使えるモデルも展開されています。この記事では、そんなワークマン寝袋の魅力と選び方のコツを解説。おすすめの寝袋も紹介します!

ワークマンの寝袋の魅力

寝袋

出典:PIXTA

ワークマン製寝袋の最大の魅力は、なんといってもそのコストパフォーマンスの高さ。中には1,500円という驚きの低価格モデルもラインナップされています。ここまで安いと「性能が劣るのでは……」と機能性に不安を抱いてしまいますが、どの製品も価格以上のスペックを兼ね備えているため安心です。 春から秋にかけてのシーズンに最適なベーシックなモデルから、厳冬期のキャンプにも対応できる高機能モデルなど、充実したラインナップも魅力のひとつ。ワークマンの寝袋は、これからキャンプを始める初心者や、なるべく予算を抑えてキャンプ道具をそろえたい人に最適なアイテムです。

寝袋の選び方

寝袋

出典:PIXTA

ワークマンの寝袋には、さまざまな種類があります。素材や形状などをよくチェックし、自分にあった寝袋を選ぶことが大切。ここでは、寝袋の選び方について解説します。

寝袋の形状

ワークマンの製品に限らず、寝袋には大きく分けて2種類の形状があります。価格や収納性、利用するシーズンによって選ぶのがおすすめ。ここではそれぞれの特徴について解説します。 マミー型・・・全身をすっぽり覆うような構造の寝袋。身体との隙間を少なくすることにより、保温性が向上。コンパクトに収納できる。 封筒型・・・その名の通り封筒のような形状の寝袋。丸洗いできるタイプや連結できるタイプもあり、使い勝手の良さが魅力。マミー型より保温性は劣るが、布団に近い寝心地でのびのびと寝ることができる。

対応している温度

シュラフ

出典:PIXTA

寝袋を選ぶときに大切なことは、使用するシーズンに適した性能を持った寝袋かどうかということです。寝袋には、その温度までであれば使用可能であるという「使用可能温度」と、その寝袋で快適に眠れる温度を示す「快適使用温度」があり、その寝袋が対応している温度が設定されています。タグや公式ホームページを確認し、その寝袋がどれくらいの温度に対応しているかをよく確認するようにしましょう。

サイズや重さ

寝袋

出典:PIXTA

寝袋を選ぶ際は、自分の身体にあったサイズを選ぶようにしましょう。サイズが合っていないと、本来の寝袋の性能が発揮されません。また、寝袋の収納サイズと重さも大切。積載や持ち運びのしやすさに関わってくるため、自分のキャンプスタイルにあった寝袋を選んでください。

ワークマンの人気寝袋

ワークマンで人気の寝袋を紹介します。リーズナブルな価格のエントリーモデルから、真冬のキャンプに対応できる高機能モデルまで、ワークマンの独自技術が生かされた寝袋をぜひチェックしてみてください。

ワークマンの寝袋を使ってみよう!

今回はワークマンの寝袋の人気モデルをたっぷり紹介しました。高品質なアイテムがリーズナブルな価格で手に入れられるのがワークマンの大きな魅力。ぜひこの機会にワークマンのオンラインストアをチェックしてみてください。

今回紹介したアイテム

商品画像ベーシックスリーピングバッグ3Mスリーピングバッグ(キャンプ用:封筒型)3Mレジストスリーピングバッグ(WEB限定)3Mシンサレートインナーシュラフアルミフュージョンダウン+(プラス)シュラフフュージョンダウンプラスシュラフハイエストダウンシュラフ1290エクストリームダウンシュラフ1290
商品名ベーシックスリーピングバッグ3Mスリーピングバッグ(キャンプ用:封筒型)3Mレジストスリーピングバッグ(WEB限定)3Mシンサレートインナーシュラフアルミフュージョンダウン+(プラス)シュラフフュージョンダウンプラスシュラフハイエストダウンシュラフ1290エクストリームダウンシュラフ1290
商品リンク

特集・連載


あわせて読みたい記事