キャンプの灯りはダイソーで決まり!人気のランタンやグッズを紹介

 キャンプ用品

キャンプのランタン

出典:Pixabay

おなじみのダイソーでもキャンプに必要不可欠なランタンが手に入るんです!コスパの良さだけでなく、使い勝手の良いおすすめのランタンとそのほかのアイテムを紹介します。


 目次


ダイソーのランタンがおすすめの理由

灯油のランタン

出典:Pixabay

ダイソーは100均だからと言って侮れない!ダイソーのランタンをおすすめする最大の理由はコスパの良さです。

とにかく安い!

ダイソーのランタンの値段分布は税別100円〜300円です。アウトドア専門店やメーカーで購入すると、もちろん機能性の差や、ガスとLEDライトの違いなどはありますが、2,000円から高いものだと10,000円を超える場合もあります。
気軽にキャンプを始めたい人や、どのギアを買えばいいか迷っている人には少々ハードルが高いお買い物かもしれません。その点、キャンプのランタンを100円から購入できるのは最大の魅力です。

機能性も妥協する必要なし

「安かろう悪かろうだし」と機能性を諦めてしまう必要はありません。
そもそもダイソーのランタンは最も明るくて100ルーメンほどのものなので、メインランタンには明るさが足りないと感じるでしょう。しかし、100ルーメンあればテーブルランタンなどサブとして立派に仕事をします。
また、安いので構造がシンプル。誰が操作しようとしても分かりやすく、お子さんでも使いやすい重さなのもうれしいポイントです。

シンプルな作りでちょうど良いスペック

ランタンはすべて電池式なので、オイルやガス漏れの心配はありません
また、高価なものだとスペックが高すぎて持て余してしまうこともあるかと思いますが、ダイソーのランタンはシンプルです。ワンアクションで灯を灯せるので、ランタンとしての必要最低限の機能はOK。
他にも機能が欲しくなったら、その時は新しいものを購入しよう、と気軽に考えられるのがダイソーのランタンです。

売り切れ続出?!明るさも十分なダイソーのランタン

伸縮ランタンライト 6SMD

連続点灯時間43〜48時間
明るさ100ルーメン
電池の個数単三電池×3
大きさ約85mm×H125mm
重さ300g弱
電球の色電球色と表示されているが、実際には白に見える

ダイソー商品ですが、本体価格300円です。

灯油ランタンのようなデザインが気分を上げてくれるこちらのランタンは、ブラックと暗めのシルバーの2色展開です。商品名通り、上部のハンドルを持ち上げるように収納されているライトの部分を引き上げると点灯する設計です。難しい操作は何もなく、暗い場所でも簡単に点灯できる点が特徴です。

明るさは100ルーメンとありますが、実際にはもっと明るく感じるという声も上がっています。
電池収納部分は手で回して開くので、ドライバーは不要です。
ただ、大変人気がある商品で、店舗によっては売り切れている場合もあるみたいなので事前に要確認!

COB炎/白切替伸縮ランタン

連続点灯時間20時間(炎)/5時間(白灯)
電池の個数単四電池×3
大きさ
約68mm×H95mm
電球の色オレンジ(炎)/白

上のランタンと同様に本体価格300円の商品です。

こちらのランタンが大人気の訳は、見事に再現されている炎の揺らぎ
上の伸縮ランタンライトと同様に、ライトの部分を上に引き上げることで、ランタンが点灯します。灯の色を変える時も、同じ動作を繰り返せばいいだけなので簡単に行えます。

さらに、手で回すだけで収納部分が開くので、電池交換の際にもドライバーは不要です。
灯油ランプで実際に火を灯したいけど、一酸化炭素やお子さんがいて心配…という方はぜひ、この電池式のランタンで炎の揺らぎを見て癒されてください!

COB/LED 2WAYハンディランタン

連続点灯時間COB:8時間/LED:16時間
電池の個数単三電池×3
大きさ約98mm×H130mm
電球の色COB:黄色/LED:白

本体価格200円のランタンです。

強化版懐中電灯のようなので、いわゆるアウトドアで使うランタンの見た目ではありません。
ランタン上部はフックのようになっているので、色々な場所に簡単に吊るすことができます

COBとは「Chip on Board」の略で、板上にLEDを配置させることでより明るく発光するものです。
つまり、このランタンは、普通のLEDとより明るいLEDがあるというように考えれば良いでしょう。
ボタン一つで明るさを調整できる
点も分かりやすく、使いやすいです。
ただ、電池収納部分を開けるにはドライバーが必要なので、キャンプ中の突然の電池切れには注意しましょう。

ランタンクリスタル

連続点灯時間12時間
電池の個数単四電池×3
大きさ約78mm×H100mm
電球の色

本体価格100円のランタンです。

今回紹介しているランタンの中で値段が最安なだけあってスペックも最もシンプル。ボタンはOn/Offのみです。
ライトの明るさや色などを変えることはできませんが、筒の部分がクリスタル風になっているので、ちょっとした庭園のような雰囲気が出ます。

電池交換時には、ドライバーがいるのでキャンプ前には交換してから行くか、ドライバーも忘れずに持っていきましょう!
カラー展開は、ロゼッタ、深緑、青の3色です。

ランタンと一緒に使えるハンガーなどの便利グッズも

ランタンハンガー

耐荷重量約5kg
対応ポールサイズ約20〜25mm
本体サイズ全長14cm

ポールなどにつけることのできるランタンハンガーです。ポールに絡ませる部分が塩化ビニル樹脂なので、しっかりと固定されよほどのことがない限りずれ落ちることもありません。
ランタンをかける部分が上を向いているので、ランタン以外の物も簡単に掛けられ使い勝手抜群です。
ただ、少し長さが短いので、大きなランタンをかける場合は、安定しないかもしれないので注意してください。

ランプ掛け

耐荷重量約3kg
対応ポールサイズ約18〜32mm
本体サイズ全長26.5cm

上のランプハンガーよりも長さがあります。
また、対応ポールサイズも幅広く、市販のテントポールはほとんど網羅されていると考えて良いです。ただ、その分細めのポールだと若干緩いと感じるユーザーもいます。
長さがある分、さまざまな形のランタンを吊るしても余裕があり、メインランタンにはぴったりのランプ掛けです。

ハンガーロープ

耐荷重量約4kg
本体長さ5m

このハンガーロープがおすすめなのは、ただのロープとは異なり、ロープの隙間にカラビナやフックなどを掛けられるようになっているところです。
ロープに吊るすと重さがあるため、どうしても中心が弛んでしまいます。このロープの隙間があることで、各隙間でそれぞれの物が固定され場所がずれることもありません
テントの中で衣服を吊るしたい時、タープ内でランタンを複数吊るしたい時など、あらゆる場面で大活躍のアイテム。
ロープなので、かさばらないし重くないのもうれしいポイントです。

ダイソー商品を活用して賢いキャンパーに

いかがでしたか?100均だからと言って侮ってはいけません!痒い所に手が届く、使い勝手の良い商品がたくさんあります。高いギアは、値段相応のスペックの高さが魅力的なので、アイテムや使用用途によってプチプラとを使い分けるのも賢いやり方です。
キャンプ初心者さんも、常連キャンパーさんもそれぞれこだわりの使い方を見つけて、キャンプをより充実したものにしてください。
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

LEDランタン ランタン

おすすめのキーワード

おすすめのコンテンツ

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪