話題のゼインアーツ「ゼクーM」でファミリーキャンプ!快適に過ごせた秘密とは?

 キャンプ用品

ゼクーM

「ファミリーキャンプで快適に過ごせるワンポールテントが欲しい」。そう思っていたところおすすめされたのが、キャンパーの間で注目が高まっている国内ブランドのゼインアーツ「ゼクーM」です。機能性と居住性はもちろん、男前なデザインが、我が家の心を鷲掴み。実際にファミリーキャンプで体験して分かったゼクーMの魅力を紹介します。


 目次


我が家がゼクーMを選んだ理由

まず最初にあった懸念は、ワンポールテントの最大の難点である、「デッドスペース」。人数だけでなく荷物も多いファミリーキャンプでは、テントは広々と使えるに越したことはありません。そんなワンポールテントの難点を解消したのが、ゼクーMです。

通常のワンポールテントなら、外周部に向かって狭くなってしまう部分に、逆V字型のエクステンションフレームを取り付けて立ち上げることで、空間を広く使えるよう設計されています。これなら、端までスペースがしっかり確保され、家族でゆったり過ごせます。

暑い夏は特に熱気がこもりがちなテントですが、全面メッシュ仕様で、風通しが良いのもうれしいポイント。これを知った我が家は、即決で購入しました。

ゼクーMの初張りに挑戦!その手順は?

ゼクー

購入後はすぐにキャンプに行き、さっそく設営開始です。

はじめに、グレーのテープの端を4か所ペグダウンし、底面をきれいな長方形に固定。この最初のペグダウンの位置が肝心です。きちんと長方形になるよう形をよく整えることが、立ち上がったゼクーMのシルエットを美しくするポイント。

ゼクー

次は、トライアングルハンガーを取り付けたフックをセンターポールに掛け、ポールを立ち上げます。ここまでは数分。あっという間です!

ゼクー

残った黒いテープの端にテンションをかけたながらペグダウンし、入り口にはそれぞれエクステンションフレームを取り付けます。こちらの取り付けも迷うことなく簡単に設置できました。

ゼクー

あとはガイロープを装着し、計15ヶ所をペグダウンしていきます。ここでは子どもたちも協力して手伝います。最後に、センターポールに取り付けておいたトライアングルハンガーを、側面のコーナーリング・ループに掛けて取り付けていけば、設営完了です。

ゼクー

こちらが設営完了したゼクーMです。しばらく立ち姿を見ていると、設営の反省点もいろいろと出てきました。「テントからペグダウンの位置をもう少し離せばよかった…」など、次のキャンプの設営に活かしたい点はあったものの、テント自体にはおおむね満足。自然に溶け込む姿もかっこいい!

初張りでマニュアルを見ながらの設営となりましたが、完了まで30分ほど。想像以上にスムーズでした。力を使う作業もなく、これなら女性でも楽に建てられそうです。見た目の美しさだけでなく設営もしやすいという点に、デザイン性の高さを感じました。

ファミリーキャンプで快適に過ごせる!ゼクーMのポイントとは?

家族4人で十分な居住空間

ゼクー

父母、子供2人の我が家の就寝スペースは、テントを入れてカンガルースタイルに。「若干狭い?」と思いきや、クーラーボックス、コンテナボックス類、キャリーワゴンが余裕で入り、チェア、テーブルを置けばくつろぎスペースも確保できました。

ゼクー

全面メッシュにすれば、テント内は開放的で明るい空間に。

ゼクー

出典:ゼインアーツ

リビングシートが標準で付属されているのもうれしいポイント。広々としたお座敷スタイルを楽しめます。
開放的なお座敷で束の間のお昼寝をすれば、ママキャンパーの日々の疲れも取れそうです。

ファミリーキャンプで大活躍!ハンギングポイント

ゼクー
ゼクー

テント内のトライアングルハンガーと呼ばれる3本のテープには、上部から下部にかけて3ヶ所のハンギングポイントがあります。ミニランタンや、モスキーランタンなどをいくつかハンギングするのもおすすめ。我が家はランタンの他に、簡易扇風機を取り付け、テント内を涼しく快適にしました。好きな高さの場所に取り付けられるので、状況に応じてハンギングでき、ファミリーキャンプで大活躍します。

レイアウトしやすいサイズ感

ゼクー

ゼクーMは、サイズとしては、ミドルサイズ。六面体で、440センチと380センチの幅で構成されています。限られたスペースのサイトでも比較的レイアウトしやすいのも良いところ。サイト内で、調理スペースや焚き火スペースなども確保しやすいので、広々とレイアウトを楽しめそうです。

収納バッグに余裕があるから撤収もスムーズ

ゼクー

ゼクーMの収納ケースは、すべての部品を入れても余裕があります。慌ただしい撤収時、畳んだテントが収納ケースになかなか入らず結局畳み直す、というファミリーキャンプでのあるあるも、これなら起こりにくいはず。大きめの収納ケースは非常に高ポイントです。

ゼクーMの気をつけておきたいポイント

ゼクー

ゼクーMの設営は基本的に簡単ですが、ペグダウンの箇所が多いのが少し大変。ペグは購入時に付属していますが、紛失や破損も考えて、余分に持っておくことをおすすめします。複数人でペグ打ちすれば早いので、ペグハンマーも余分に持っていくと便利です。

ファミリーキャンプが快適に楽しめるゼクーM

ゼクーはファミリーキャンプで使うと、快適に過ごせるポイントがたくさんありました。高い機能性を持っているため、ファミリーキャンプだけでなく、さまざまななキャンプスタイルで楽しむことができます。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

【基本情報】
使用サイズ:440×380×250(h)cm
収納サイズ:79×27×27(h)cm
重さ:11.5kg
価格:76,800円(税抜)
詳細はこちら:ゼインアーツ ゼクーM

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪