グッドデザイン賞を受賞した傑作テント!ゼインアーツ「ゼクーM」のアレンジ集

 キャンプ用品

alt

2020年度のグッドデザイン賞を受賞した傑作テントが、ゼインアーツの「ゼクーM」。ワンポールでありながら圧倒的な居住空間を実現し、軽量コンパクトで初心者でも短時間で設営でき、コストを抑えた企業努力も評価されました。今回は受賞を記念し、Instagramの投稿から「ゼクーM」の素敵なアレンジを紹介します。


 目次


ゼインアーツ「ゼクーM」が2020年度グッドデザイン賞を受賞!

2019年に発売されたゼインアーツの「ゼクーM」。その美しいフォルムと、さまざまな工夫からなる使いやすさは多くのキャンパーから人気で、2020年度のグッドデザイン賞に選ばれました。

ワンポールのデメリットである空間の狭さをエクステンションフレームで解決しているため、アレンジの幅が広いのが魅力。別売のインナーテントを使えば、大型テントとしても使えるので、汎用性は抜群です。

今回はInstagramの投稿から、「ゼクーM」の素敵なサイトのアレンジをご紹介します。アレンジのポイントや、相性がいいと感じたギアなどもオーナーさんに教えていただきました!

真似したい工夫がいっぱい!「ゼクーM」のアレンジ9選

レイアウトの幅を広げる二股ポールを活用

alt

出典:Instagram(@yuckyike)

yuckyikeさん

yuckyikeさん

長野県のブランドで、デザインと10万円しないコストパフォーマンスの高さで選びました。デッドスペースが少ないのも魅力です。夏場のシェルターは熱がこもりやすい印象でしたが、大きな開口パネルとエクステンションフレーム部のメッシュのおかげで風がよく抜け、思ったよりも涼しかったのが印象的です。

【アレンジのポイント】
二股ポールにしたことで、幕内の居住空間がさらに広がりました。ワンポールではポールが邪魔で小型テントをインするカンガルースタイルにするのが難しく、どうしてもシンメトリーなレイアウトになりがちでした。二股ポールによって、今までとはまったく異なるレイアウトも可能となります。

この日は風速15mと厳しい天気の中での設営でしたが、高い引き裂き強度を備えたファブリックのおかげか、二股ポールでもびくともしませんでした。

【ゼクーMと相性がいいと感じたギア】
ゼクーMには、天井からランタンを吊り下げる高さ調節可能なハンギングテープ「トライアングルハンガー」が付いており、便利でした。ベアボーンズリビングの「エジソンストリングライトLED 3連」をそれぞれのテープに吊るすと、幕の雰囲気との相性が最高です。

ウッド系・ファブリック系でまとめたお座敷スタイル

alt

出典:Instagram(@mapo.outdoor.n.life)

mapo.outdoor.n.lifeさん

mapo.outdoor.n.lifeさん

360度どこから見ても美しいところが気に入りました。開放的で、夏にシェルターとして使っても快適です。グランドシートを使えばお座敷スタイルも楽しめ、アレンジの幅が広い点にもひかれました。梅雨の雨キャンプでも設営しやすく、幕内の空間が広いので、おこもりでも快適でした!

【アレンジのポイント】
ゼクーMは無骨系のギアにマッチしやすいイメージですが、私はウッド系・ファブリック系と合わせるのが好きです。お座敷スタイルはラグで印象を変えられるのでおすすめ! ニット素材を使うと、柔らかく女子っぽい印象になります。

【ゼクーMと相性がいいと感じたギア】
幕内にコットやベンチがあると、くつろぎタイムがより快適になります。

ヘキサテーブルを囲むアースカラーのリビング

alt

出典:Instagram(@miiyun0223)

miiyun0223さん

miiyun0223さん

狭すぎず、広すぎない4人家族対応のテントを探していたときに、リーズナブルな値段で、今までにない形のワンポールテントにひかれ、ゼクーMの購入を決めました。冬のキャンプで友人とおこもりをして、宴会をしたのが楽しかったです。円になってみんなの顔を見て過ごせるので、購入してよかったと思いました。

【アレンジのポイント】
冬のおこもりキャンプで、広々とリビングとして使用しました。冬は宴会幕としてもよく使います。宴会をするときは、みんなでヘキサテーブルを囲むことが多いです。ウッドテイストやミリタリーテイストの、アースカラーのギアで統一しています。

【ゼクーMと相性がいいと感じたギア】
ヘキサテーブルは、テント内の移動が楽で相性がいいと思います。今回使用しているヘキサテーブルはキャプテンスタッグのもの。小物はバリスティクスなど、ミリタリーテイストのものが好きです。

色味の合うタープを繋げれば雨の日もカッコいい

alt

出典:Instagram(@_atcamp_)

_atcamp_さん

_atcamp_さん

ワンポールテントを探していて、なるべくテント内の空間が広いものがいいと思っていたため、「探していた理想のテントに出会えた!」と即決。入口を変えられるため、テント内のレイアウトもいろいろと楽しめるのがいいところ。 設営後に相方とゼクーMの張りを確認すると、どの方向から見ても最高で、毎回2人で「かっこいいーーー!」と絶賛しています(笑)。

【アレンジのポイント】
雨の日はテントの頂点にポールアダプターをつけ、テントとタープを繋げて設営しています。リビングスペースと寝室を濡れることなく行き来できるうえ、ギアも濡れないので安心です。

ギアは、なるべく色味の統一感を持たせるようにしています。ほとんどは相方さんの集めたギアですが、自分で購入する際もテントを思い浮かべ、色味が合うかどうかで決めています。

【ゼクーMと相性がいいと感じたギア】
DDタープのコヨーテブラウンは、色味がゼクーMに合うか心配でしたが、意外にしっくりきました。インナーテントはゼインアーツのギギ1のインナーテントを使っており、テント内は寝室とリビングスペースがちょうど半分ずつになっています。

ゲウの組み合わせて小川張り

alt

出典:Instagram(@skoskocamp)

skoskocampさん

skoskocampさん

違うテントを買いに行ったのに、嫁が一目惚れして、急きょゼクーMを買うことになりました。他では見られない独特なスタイルは、張るたび゙にカッコいいと思います。今年からキャンプを始めましたが、どう考えても今年のベストバイです!

【アレンジのポイント】
やはり、テントとタープをつなげる「小川張り」です。

【ゼクーMと相性がいいと感じたギア】
ゼクーMと、同じゼインアーツのオールウェザー4ウイングタープ「ゲウ」の組み合わせは最高です。

自作の二股ポールで広々ファミリーキャンプ

alt

出典:Instagram(@amu.823)

amu.823さん

amu.823さん

発売された当初にインスタグラムで見て衝撃を受けました。色、形はもちろん、エクステンションフレームで室内空間を広くする技術が、すごいなと思いました。三面に大きなメッシュ付き入口があり、他の一面はフルオープン。さらに下部に三面ベンチレーターと、天井にも一つベンチレーターが!スカートまで付いて、本当に理想のテントです。

夏はフルメッシュで風通しがよく、虫も入らず快適。冬はスカートのおかげで隙間風も入らず、゙暖かく過ごせます。こんなにも機能的でかっこいいテントが8万円台は、安すぎるんじゃないかと思うくらいです。

ファミリーキャンプでは、フルメッシュで中が見えるおかげで、まだ一歳にならない娘のお昼寝中など、テントの外にいても安心でした。キャンプ場で「このテントはどこのですか?」と話しかけていただき、交流のきっかけにもなったので、本当に買ってよかったと思います。

ワンポールを活かして暖かいリビングに

【アレンジのポイント】
設営と撤収でテントを地面に広げた際、泥汚れや枯れ芝、炭などで汚れてしまうのが嫌なので、自分でゼクーM用のグランドシートを作りました。素材は厚めのブルーシート(ODグリーン)で作ったので、水を通す心配もありません。

グランドシートはテントの汚れ防止だけでなく、設営時のサイトの配置決めにも活躍します。サイトが狭く、テントとタープをどう配置するか困ったときは、グランドシートを敷けば一目瞭然。入口の方向決めやサイトのバランスが簡単にできるので、作ってよかったです。

家族5人のファミリーキャンプの際はゼクーM専用のインナーテント、父子キャンプの際はPOLERのテントでカンガルースタイルで過ごしています。テントに合わせて落ち着いた色でそろえるようにしています。

【ゼクーMと相性がいいと感じたギア】
自作の二股ポールを導入したことにより、さらに広く使い勝手の良い空間に。専用のインナーテントに使える二股ポールも作ったので、5人でもインナーテントで広々と寝ることができました。

alt

出典:Instagram(@m.tuulikki47)

m.tuulikki47さん

m.tuulikki47さん

純正のリビングシートやトライアングルハンガーが付いており、お座敷スタイルにしたり、ランタンやハンガーなどを゙簡単に吊るしたりできるので、コスパがいいです!
ナイロン幕のため、雨でも広い室内で快適に過ごせました。メッシュ部分が大きいため、暑い時期は風通しがよく、寒い時期はフルクローズにして暖かくできます。

【アレンジのポイント】
ゼクーをリビングとして広々使用しました。本来は邪魔になるセンターポールを、六角テーブルで囲み、中にストーブを入れて広く使用。3月の那須高原はまだ寒かったので、広々暖かく過ごせる空間にしました。

使用のメインギアは、カーミットチェア(マイスターシート.オリーブ)、オリコン(オリーブ)、アルパカストーブ(オリーブに塗装)、フィールドラック(ブラック)、メタヘキテ(ブラック)、アイスランドクーラーボックスアイアンラック、クル二郎。カラーはオリーブ、ブラック、ダークブラウンをメインに、落ち着いたスタイルにしています。

フルオープンパネルを正面にし、室内からも景色を眺めながらくつろげるように設営したのもポイント。寝室にはヒルバーグのケロン4GTを使用しました。

【ゼクーMと相性がいいと感じたギア】
TheArth-sixのクル二郎、アイアンラック、カーミットチェアと相性がいいと感じました。

男前ギアと合わせればインスタでも注目の的

alt

出典:Instagram(@hop_fam)

hop_famさん

hop_famさん

ゼクーMを買ったきっかけは一目惚れです。多くのテントは丸みを帯びた曲線でできているのに対し、ゼクーMは直線と角しかなく、とても斬新に思いました。

ゼクーを買ってから「インスタでもやってみようかなー」と思い始めたところ、最近キャンプ場で「インスタ見ましたよー」とお声がけしてもらうようになりました。もちろん、家族と過ごす貴重な時間も、ゼクーMを買ってよかったと思う瞬間です。

【アレンジのポイント】
ゼクーMをファミリーで使う場合、ツールームテントとは違い、別にリビングスペースが必要になります。ゼクー+ゲウの場合、車無しでも最低8.5m×7mくらいのスペースが必要なので、区画サイトで使う場合は気をつけないといけません。

ゼクーMを綺麗に張るには、最初に打つ4本のペグが重要。ここで四辺がすべて90度の綺麗な長方形を作らないと、どんなにロープを引っ張っても綺麗な形になりません。

【ゼクーMと相性がいいと感じたギア】
ナチュラルなものも合いますが、男前寄りなギアのほうがいいと思います。色は無難にベージュ系や黒、アーミーカラーで。キャンプは家と違い、いろいろな色が目に入ってくるので、差し色はいらない気がします。

ゼクーとギアが見渡せる綺麗な配置に

alt

出典:Instagram(@nori_khmr)

nori_khmrさん

nori_khmrさん

今までスノーピークのテントばかり購入していましたが、路線を変えて、風に強く設営が楽なワンポールのテントが欲しくなったため、最初はテンマクのサーカスTCを検討していました。

しかし、ワンポールにもかかわらず居住空間が゙広く、すべてがカッコいいゼクーMをインスタで発見して一目ぼれ。本体、ポール、ペグ、ライトを引っ掛けるロープなどが付いていてコスパもよかったため、ゼクーMを購入しました。

形だけでなく、生地の色やロープ、ペグ、ポール、すべてにおいてほれぼれするほどカッコいい幕なので、買ってよかったと思います。

【アレンジのポイント】
以前のテントはスノーピークのランドステーションアイボリーだったため、女性らしいイメージで合わせていましたが、ゼクーMは男前なテントなので、すべてブラックやブラックグレーで統一しました。

配置は、ゼクーとギアが一緒に見えるようにしているのがポイント。ゲウと合わせてゼクーを張る際は、ゲウのポールの折れた三角に、ゼクーの三角を合わせて張るようにしています。

【ゼクーMと相性がいいと感じたギア】
ベアボーンズリビングのエジソンストリングライトです。ブラックやブラックグレーのギアも似合います。YETIのボックスもいいです。

美しいフォルムを生かして「ゼクーM」のアレンジを楽しもう!

それぞれの好みやキャンプ スタイルが反映された、「ゼクーM」の素敵なアレンジ9つ。キャンパーの皆さんが絶賛している美しいフィルムを生かしつつ、張り方やギアの組み合わせによって幅広いアレンジができるので面白いテントです。「ゼクーM」をすでに持っている人も、これから購入を予定している人も、ぜひいろいろなアレンジを楽しんでみてください!

お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪