キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

姫路市のオートキャンプができるキャンプ場3選!家族連れにおすすめ!

タロリン村のオートキャンプ場

姫路市でオートキャンプができるキャンプ場を紹介します。姫路市内陸の山間部には魅力的なキャンプ場が点在。親子で川で遊べたりペット同伴できたりと、どのキャンプ場にも魅力があります。

姫路市のキャンプ場の特徴

姫路市は兵庫県の西部に位置し、姫路城があることで有名な都市。瀬戸内海に面しているため、淡路島をはじめとする島々を眺められます。新幹線が通っているため、新大阪駅までは30分、九州の中心都市に位置する博多駅までは2時間半で到着。大都市へ時間をかけずに遊びに行けるアクセスの良さから、関西でも人気の高い街です。 姫路市は南北にかけて縦長で、南側は瀬戸内海に面した市街地が続き、北側には書写山(しょしゃざん)や増位山(ますいやま)といった山々が連なってます。キャンプ場は主に北部の山間部に集中しています。

家族連れにおすすめ!佐中ふれあいの里

姫路駅から車で約45分のところにある、杉林に囲まれたキャンプ施設。春には桜、6月にはホタルと、季節ごとの楽しみ方ができます。近くを流れる清流は浅瀬で川遊びや鮎釣りを楽しめるので、家族連れにもおすすめ。予約すると1人4,500円で鮎料理をいただけるので、この機会に鮎料理を堪能してみてはいかがでしょうか。
【基本情報】 住所:兵庫県姫路市夢前町山ノ内佐中 電話:079-338-0811 営業期間:4月20日~10月31日 料金:3,000円 / 区画 公式はこちら:佐中ふれあいの里

ペット同伴可!Camp Village タロリン村

書写山の麓にあるキャンプ場。山陽自動車道の姫路西ICから車で10分で到着します。オートキャンプサイトはもちろん、フリーサイトやタロリン号という名称のキャンピングカーに宿泊する方法もあり、プランの幅が広いのが魅力。ゲージかキャリーバッグの持参でペットを同伴できるのもうれしいポイントです。キャンプ場から徒歩2分のところにスーパーやコンビニがあるので、事前の買い出しで忘れ物があっても気軽に調達できます。 レジャーも充実しており、ニジマス釣りや陶芸体験、ドッグランなどを楽しむことが可能。釣ったニジマスは3匹1,000円で購入でき、その後のバーベキューで焼いていただくのが定番です。
【基本情報】 住所:兵庫県姫路市書写字菅生坂口3006-1 電話:090-8759-5550 営業期間:通年 チェックイン / チェックアウト:15:00 / 10:00 料金: [入場料]500円/人 [オートサイト]2,500円〜/区画 公式はこちら:Camp Village タロリン村

グループキャンプにおすすめ!牧野キャンプ場

姫路市山田町の山間に広がるキャンプ場。姫路駅からバスで40分ほどのところにあります。最大収容人数400人の広大な敷地で、大人数のグループキャンプにもおすすめ。テントやクッカー等のレンタルも行っているため、キャンプギアを持っていなかったり忘れたりした場合でも安心です。山に囲まれているため、より自然を感じながらゆったりとしたキャンプができるでしょう。 営業期間が4月〜12月なのは、1月〜3月に姫路市の水の供給が止まりトイレや水道が使えなくなるという理由から。それでも問題ないという方はキャンプ場を無料で利用できますが、事前にキャンプ場へ問い合わせてみることをおすすめします。 【基本情報】 住所:兵庫県姫路市山田町牧野701-3 電話:090-7481-8571(牧野自治会) 営業期間:4月~12月 ※要問い合わせ 料金:400円 / 人 公式はこちら:姫路市

姫路市でオートキャンプができるキャンプ場をチェック!

姫路市でオートキャンプができるキャンプ場を紹介しました。姫路市はお城が注目されがちですが、内陸には多くの魅力的なキャンプ場があります。季節ごとに楽しめるキャンプ場もあるため、遊びに行く際は体験できるイベントをチェックして訪れると、より良い思い出が作れるでしょう。姫路市にキャンプに行く際は、ぜひ紹介したキャンプ場をチェックしてみてください。 ▼全国のオートキャンプ場を知りたい方はこちらの記事もチェック
 最終更新日:

あわせて読みたい記事