尾高高原キャンプ場を解説!夜景がきれいな穴場スポットです!

 キャンプ場

キャンプ場

出典:instagram(@odakacamp)

三重県の菰野町にある「尾高高原キャンプ場」は、標高が高い位置にあることで景色がとてもきれいです。電源付きのオートサイト区画や人工の小川が流れる林間のフリーサイト、眺望バーベキューハウスなど充実した設備があります。大自然の中で四季を感じられる魅力あふれるキャンプ場です。


 目次


標高230mの景色が美しい、尾高高原キャンプ場

キャンプ場景色

出典:instagram(@odakacamp)

「尾高高原キャンプ場」は、三重県三重郡の菰野町(こものちょう)にあります。標高230メートルの場所に位置することもあり、キャンプ場から望む景色はとても美しいです。キャンプ場内には、オートサイト、フリーテントサイト、眺望ハウス、ロッジとキャンプを楽しめる区画が多数あります。オートサイトでは、AC電源付きで電化製品も使えて便利です。

キャンプ場内の共有設備は、管理棟、炊事場、温水シャワー室、トイレが完備されています。テントサイト内には、人工の小川が流れていて、子どもたちの水遊びスポットです。標高が高いこともあり、夜になると四日市、名古屋まで見渡せる夜景が広がります。

ブログの口コミ評判をチェック!

キャンプ場炊事場

出典:instagram(@odakacamp)

四日市の街灯かりやコンビナート、遠くには名古屋の街灯かりオッサン一人で眺めるにはもったいないくらいの夜景です(笑
まったりしながら気がついたんですが、このキャンプ場、虫がほとんどいませんたまたまなのかも知れませんが、日中も気にならなかったし、夜ランタンつけてもぜんぜん明かりによってきませんでした。

変態キャンパーkotaroのんびりキャンプ

標高が高い「尾高高原キャンプ場」からの夜景がとてもきれいと評判が良いです。もちろんキャンプを楽しむことを目的できすが、夜景を見るためだけに訪れるのも楽しみのひとつと言えるでしょう。

夏のキャンプでは、少し気になる虫の存在について気になる口コミがありました。標高が高いからなのか、昼も夜も虫があまり気にならないとのことです。蚊に刺されたりすることも多い夏場のキャンプですが「尾高高原キャンプ場」では、虫を気にせず快適に過ごせます。

駐車場が一段目と2段目にしかありません。なので、下のサイトはサイト中央の階段から荷物を運ぶ必要があります。ただし、どのサイトもロケーション抜群デメリットは、日差しを遮るものが一切なく、夏暑いということかな。

~ゆるゆるファミリーキャンプ~

テントサイトの場所を選ぶ際は、駐車場の位置を事前に確認しておくと良いでしょう。テントを設営する際に、車をすぐ近くに停めることができれば、荷物を運ぶ手間も省けます。ロケーションは抜群で、どの区画を選んでも絶景です。ただ、日差しを遮る木々が少ないため、夏場はタープなど日除けを作る工夫が必要でしょう。

尾高高原キャンプ場での施設・設備

オートサイト

キャンプ場オートサイト

出典:instagram(@odakacamp)

昔のブログを読み漁ると、このサイトはフリーサイトとして運営してたようですが、今ではしっかりと区画サイトに。ちょっと区画としては狭いかも・・・・大型テント張っちゃうとちとタープまでは苦しいのかもしれません。

CAMPハマりの備忘録

オートサイトは区画がしっかりと分かれています。区画内であれば比較的自由にテントなど設営できますが、大型テントを張るとタープを張るスペースはありません。あらかじめ区画の広さを調べておくと良いでしょう。また、不要な物は車に入れておくなど工夫が必要です。

道路下のオートキャンプサイトは全部で5段の段々サイト各段毎に大きさが違いますが、全部で18サイトになってます。上から1段目から3段目までは段の端につつじの生垣ともみじが植わっていて景色が遮られてしまってます。

変態キャンパーkotaroのんびりキャンプ

オートサイトの区画によっては、眺められる景色が多少異なります。タープを張った下にチェアーを並べて絶景を楽しむのであれば、木や生垣が低い場所を選びましょう。どの場所からでも絶景は楽しめるので、あまり場所選びに時間を掛けずキャンプを楽しみましょう。

フリーサイト

フリーサイト

出典:instagram(@odakacamp)

フリーサイト。林間でかなり狭いです。小型テントタープなら対応可能かと思います。夏場は気持ち良いかもしれませんが、、、尾高に来たら展望重視したいので、フリーサイトの選択肢は無いかも

CAMPハマりの備忘録

「尾高高原キャンプ場」のフリーサイトは、林間にあります。オートサイトと比べてしまうと区画サイズがやや小さいですが、テント設営に問題は無く、少人数で楽しみたい方におすすめです。景色や夜景を楽しみたい場合は、フリーサイトよりオートサイトの方が良いでしょう。目的に合わせてサイト選びをすると、キャンプを100%楽しめるはずです。

林間の方には綺麗な小川が流れています。真夏は区画せまいけど林間が気持ちよさそうでした。車では入れないのでこっちの方が安い設定です。

家と子供と暮らしのこと。

林間にあるフリーサイトには、人工の小川が流れています。小さい魚などの生き物も生息しており、ファミリーで楽しめるでしょう。ただ、区画サイズがやや小さいので、注意が必要です。林間にあるので、木洩れ日が気持ちよく、夏場のキャンプに向いているでしょう。

眺望ハウス

眺望ハウス

出典:尾高高原キャンプ場

ここにもバーベキューハウス(写真の屋根)がありました。この景色を見ながらのBBQ。良いんじゃないですか~?+.+゚d(´∀`*)グッ!!

~ゆるゆるファミリーキャンプ~

「尾高高原キャンプ場」には、絶景を楽しみながらバーベキューを楽しめる場所があります。眺望ハウスと呼ばれているバーベキューハウスです。山の斜面に建てられており、家族や友人とバーベキューを楽しみながら素晴らしい景色を眺められます。大人数でバーベキューを楽しみたい方におすすめの場所です。

ロッジ

ロッジ

出典:菰野町観光協会

この森の中の木はほとんどがもみじ。きっと秋になると紅葉してきれいなんだろうなぁ(*^_^*)

変態キャンパーkotaroのんびりキャンプ

「尾高高原キャンプ場」の敷地内の森の中に建てられたロッジには、宿泊設備はありません。使用に料金も掛かりませんが、管理棟へ連絡が必要です。キャンプ場内の散策時の休憩場所として利用すると良いでしょう。

尾高高原キャンプ場の魅力

夜景が美しい

キャンプ場夜景

出典:instagram(@odakacamp)

「尾高高原キャンプ場」のオートサイト、眺望バーベキューハウスからは絶景を楽しめます。特に夜景が美しく、四日市や名古屋の街の灯りまで眺められ、中部国際空港セントレアから飛び立つ飛行機も見れます。

夜景も美しいですが「尾高高原キャンプ場」には、もうひとつ夜に楽しめることがあります。山の斜面にあるキャンプ場で、周りには灯りがあまりありません。晴れの日には、満天の星もキャンプ場の魅力のひとつです。自然豊かな土地だからこそ楽しめる天体観測も合わせて楽しめます。

春には桜が楽しめる

キャンプ場桜

出典:instagram(@odakacamp)

「尾高高原キャンプ場」の敷地内には、たくさんの桜の木があります。春になると満開の花を咲かせ、桜並木がとてもキレイです。暑くも寒くもない気持ちの良い季節に花見キャンプを楽しめます。

通年営業で冬でも利用可能

キャンプ場冬

出典:instagram(@odakacamp)

「尾高高原キャンプ場」は通年営業しており、冬キャンプも可能です。夏のキャンプも良いですが、冬のキャンプの方が好きという方も多いのではないでしょうか?眺望を最大限に楽しむには、夏場より空気の澄んだ冬場がおすすめです。晴れの日で空気が澄んでいれば、知床半島や伊勢湾まで見渡せます。もちろん夜景も同じように空気が澄んでいる分、美しいです。

尾高高原キャンプ場周辺のスポット

尾高高原キャンプ場周辺のスーパー

地元野菜

出典:菰野町観光協会

「尾高高原キャンプ場」から車で約15分ほどの場所に「ザ・ビッグ菰野店」があります。「イオンタウン菰野店」の中にあり、イオン系列のディスカウントストアです。食料品はもちろん、生活用品や日用品も販売しています。営業時間は8:00~22:00となっており、一部の売り場では21:00で閉まるところもあります。駐車場は950台も駐車が可能で、料金も無料です。キャンプやバーベキューへ行く際の忘れ物など購入するのに便利でしょう。

「尾高高原キャンプ場」から車で約20分ほどの場所に「イオンモール東員」があります。専門店街が集まる大きなショッピングモールとなっており、さまざまな物が揃います。営業時間は8:00~23:00が基本となり、店舗で多少異なります。食料品は8:00~23:00ですが、お酒類は9:00~22:00と少し営業時間が短いので注意です。

尾高高原キャンプ場周辺の入浴施設

片岡温泉

出典:菰野町観光協会

「尾高高原キャンプ場」から車で約13分ほどの場所に「三休の湯」があります。入浴施設はもちろんのこと、バーベキューやデイキャンプができる設備も整っているカフェです。汗をかいた身体をお風呂で流し、さっぱりしたところで、目の前に広がる大自然をのんびり眺めながらカフェで珈琲タイムも癒されます。ただ、営業期間が短く、土日祝11:00~20:00です。

「尾高高原キャンプ場」から車で約16分ほどの場所に「アクアイグニス片岡温泉」があります。加水、加温、循環なしの100%源泉かけ流しの複合温泉リゾート施設です。硫黄が少し香る泉質は神経痛や関節痛、疲労回復などに効果があります。温泉以外の施設も充実しており、温泉カフェ、レストラン、ヨガ教室、エステサロン、ミネラルミスト浴も完備です。日帰り入浴可能時間は、6:00~0:00なので、0時までに退館する必要があります。

料金や天気など、予約前のチェック項目!

キャンセル料について

焚き火

出典:instagram(@odakacamp)

「尾高高原キャンプ場」は、区画サイトが多いため、キャンプなどで利用する際は予約が必要です。急な用事などで行けなくなっても、キャンセル料はかかりません。予約方法は電話のみとなっており、問い合わせ可能時間は8:00~20:00です。不明な点があれば、直接電話して問い合わせてみましょう。

ペットの同伴について

看板犬

出典:instagram(@odakacamp)

「尾高高原キャンプ場」には、看板犬がいるのでペットの同伴は可能です。多くの人が利用するキャンプ場には、ペットを嫌う方もいます。最低限のルールやマナーなど隣人に迷惑が掛からないよう注意しましょう。もし心配な場合は、事前にキャンプ場へ確認しておくと良いです。

尾高高原キャンプ場周辺の天気や気温をチェック

ロープウェイからの景色

出典:菰野町観光協会

「尾高高原キャンプ場」のある三重県三重郡菰野町は鈴鹿山脈の麓に位置し、標高が高い場所もあります。四季折々の姿を見せる鈴鹿山脈は、ウォーキングや登山の名所としても有名です。気候は暖温帯で、年間雨量が非常に多く、冬の乾燥時期にも雨が降ります。キャンプ場に訪れる際は、事前に天気を確認し、念のため雨具は持参しておくと良いでしょう。

詳しくはこちら:尾高高原キャンプ場の天気

尾高高原キャンプ場の基本情報

住所:三重県三重郡菰野町大字杉谷2300番地1
電話:059-396-3900
営業期間:通年
料金:
[入場料]:200円 / 大人・100円 / 小人
[オートサイト]:5,000円 / 区画
[フリーテントサイト]:3,000円 / テント1張り・500円 / タープ1張り
[デイキャンプ]:400円 / 人
[眺望ハウス]:5,000円 / ブース
チェックイン / チェックアウト:
[キャンプ]:11:00 / 10:00
[デイキャンプ]:10:00 / 15:00
公式はこちら:尾高高原キャンプ場

尾高高原キャンプ場で自然を満喫

大自然の中にある「尾高高原キャンプ場」は、実は街からそれほど離れている訳ではなくアクセスが容易です。高台にあることから絶景を眺めることができ、夜になれば夜景に満天の星も見れます。少しロマンチックなキャンプ場のイメージが付きそうです。キャンプ初心者の方でもレンタル品が充実しているので、問題なくバーベキューやキャンプを楽しめるでしょう。キャンプを計画している方はぜひ「尾高高原キャンプ場」もチェックしてみてください。

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪