椛の湖オートキャンプ場を解説!景観も居心地も抜群!

 キャンプ場

椛の湖の桜

出典:岐阜県観光連盟

岐阜県中津川市にある「椛の湖オートキャンプ場」の予約方法や営業時間、アーリーチェックインなどについて詳しく紹介します!テントサイトの他にもウッディハウスやトレーラーハウスがあるので、キャンプ初心者や小さな子連れキャンプでも安心して過ごすことができます。


 目次


標高560m!椛の湖オートキャンプ場

椛の湖オートキャンプ場

出典:椛の湖オートキャンプ場

標高560mに位置する椛の湖の湖畔にある「椛の湖オートキャンプ場」。自然豊かな椛の湖の景観を楽しめますし、湖で釣りやカヤックなどのアクティビティを楽しむことができるキャンプ場です。春には湖畔に満開の桜が咲き誇り、夜にはライトアップされた夜桜が絶景。また、レジャースペースには水着で遊べる人工池があり、小さな子供でも安心して遊べます。

椛の湖オートキャンプ場の大きな魅力の一つが、キャンプ場内に浴場が付いていること。天然温泉ではないのですが、浴室にはコウヤマキという木材が使われており、爽やかな木の香りでリラックス効果も抜群です。

サイトはテント区画、ウッディハウス、トレーラーハウスの3タイプに分かれています。サイトに関する詳しい情報は後の項で解説するので、そちらを参考にしてください。

ブログでキャンプ場の口コミをチェック!

椛の湖オートキャンプ場

出典:椛の湖オートキャンプ場

椛の湖オートキャンプ場で実際にキャンプした方の口コミをブログからご紹介します。リピーターの多さからも「景観が良く居心地が良いキャンプ場」ということが伺い知れます。

テントサイトからは、いつも湖の素晴らしい景色を眺めることができます。早朝、湖に映る美しい朝焼けと、日の出の瞬間を眺めながらコーヒーを飲み、夕方には、赤く染まった幻想的な湖を見ながら夕食をいただきくことができます。椛の湖オートキャンプ場では、湖の美しい自然の景色をたっぷり満喫することができます。

キャンプ200gください

椛の湖オートキャンプ場での一番の醍醐味ともいえるのが、湖の景観!時間と共に変化する湖面を眺めていると、しみじみとキャンプの良さを感じられます。

温度計

出典:Pixabay

この日の朝は5度まで気温が下がったとの事。ポップアップテントに2畳用のホットカーペットが丁度入りました。私の2人用テントにはコットと電気毛布です。テント上部がメッシュになっていて閉まらない構造なので、夜間寒くないか不安なので着込みます。22時に就寝(-_-)zzz夜間、私は何度か寒くて目を覚ましました。電気毛布の温度を強くしてみたり、ダウンを着込んでようやく暖かく寝れました。一方ホットカーペットで3人寝ているポップアップテントの方は、暑くて何度も目を覚ましたようです(笑)

岐阜から始めるファミキャン

4月下旬に宿泊した方の口コミです。椛の湖オートキャンプ場は標高が高いので、春秋キャンプは防寒対策が必要。寝具だけではなく、アウター類も暖かいものを持っていくと安心です。

こうしてる間も、スタッフの方が子どもたちのために魚をおびき寄せてくださったり、とっても親切にしてくださったようです。

KINTANO

カヤックの体験をしたお父さんの口コミです。順番を待っている子供たちが退屈しないようにとスタッフが遊び相手になってくれたようです。椛の湖オートキャンプ場は「スタッフがフレンドリーで親切」と評価が高いことも特徴的。スタッフが親切だと、安心してキャンプを楽しむことができますね。

ゴミ箱

出典:Pixabay

ゴミについては受付でビニール袋が1枚もらえますので、燃えるごみはそれに入れて管理棟左手の分別ごみ回収カゴへ。ビニール袋がいっぱいになったら、スーパーの袋でもいいみたい。ペットボトルはラベルを剥がして回収カゴへ。燃えるゴミ、ペットボトル、アルミ缶、スチール缶とカゴ毎に分かれています。ゴミ回収は楽だね~(*´з`)

yashiと子供の夢キャンプ

椛の湖オートキャンプ場では有料でゴミの回収をしています。ゴミを車に積んで持ち帰るのは匂いや汚れが気になりますし、帰宅してからの処理も手間がかかってしまいますよね。ゴミ袋足りなくなっても自前のゴミ袋で代用できるのは嬉しいポイントです。

椛の湖オートキャンプ場の宿泊施設を解説

椛の湖オートキャンプ場はテントサイト、コテージ、トレーラーハウスの3タイプがあり、フリーサイトはありません。ブログの口コミも交えて、それぞれのタイプごとに詳しく解説していきます!

10m×10mのゆったり空間!テントサイト

椛の湖オートキャンプ場

出典:椛の湖オートキャンプ場 / Facebook

椛の湖オートキャンプ場のテントサイトはフリーサイトがなく、区画サイトのみとなっています。湖畔沿いに32サイト、林間に33サイト。基本的にサイトの場所指定はできないのですが、混雑時でなければ可能な範囲で希望に沿ってくれることも多いようです。

湖に面したサイトは大きな区画を4サイトに分けています。サイトの大きさも見た感じ一定です。それにくらべて林間のサイトは広さも形もバラバラですが、基本的に広いです。1つのサイトに車2台駐車して、ランドロックを2張りしているサイトもありました。ただし、林間は急な坂を上り下りしなければならないサイトが多いです。

岐阜から始めるファミキャン

林間サイトの側には木立ちがあるので、強い日差しを遮ってくれるというメリットがあります。湖畔サイトは湖が眼前に広がるので開放感がありますね。どちらのサイトも基本的に10m×10mと広いので、ゆったり過ごすことができます。

グルキャンは湖畔サイトが空いてれば入れてくれるようです サイト間の垣根がないので広く使えますよ

キャンプばんざい!!

湖畔サイトには隣接するサイトとの間に垣根などがないので、プライベート感はありませんがその分グループキャンプでは使いやすくなっています。一方で、林間サイトの方は段違いで配置されているので、湖畔サイトよりは隣接サイトが気にならないというメリットがあります。

湖畔沿いのサイトは、雨が降ると水はけが良くありません。水たまりができて、地面の土は泥になります。一方で、高台にある「山側サイト」は地面が砂利でできているため、水はけは問題ありません。

キャンプ200gください

ペグの刺さり具合や、水はけの良さなど、地面の性質によって快適さに違いは出てきます。どちらのサイトでも、テントの下にグランドシートを敷くことで雨の浸水や、砂利によるテントへのダメー時を軽減することができます。

別荘感覚のコテージ「ウッディハウス」

子連れで初めてのキャンプや、雨が心配な時にはコテージが安心です。コテージごとに洗面台やキッチン冷蔵庫が備え付けなので、快適に過ごすことができますし、トイレも付いているので夜間のトイレも心配ありません。

椛の湖オートキャンプ場

出典:椛の湖オートキャンプ場 / Facebook

そしてチェックインを済ませてコテージへ。3家族で使うには十分な広さ。コテージは施設としてはそれなり、という感じですが小高いところにあって景観が素晴らしい!子供達はさっそく場内を走り回る。テントの設営がないので楽チン。大人もコテージ前でゆっくりBBQを始めます。

ソトアソブログ (SOTOASO部log)

テント設営撤収の必要がないコテージは、ゆっくりと過ごせるのが魅力の一つですよね。また、子連れキャンプであれば、雨や風の音で夜眠れないこともありますが、コテージならその点も心配ありません。さらに、ウッディハウスは湖に向かって横一列に配置されているので、どのコテージからも湖を見下ろすことができ、最高のロケーションになっています。

椛の湖オートキャンプ場

出典:椛の湖オートキャンプ場 / Facebook

ウッディハウスは合計5棟(6名用も含む)隣との距離もそれ程なく、囲いも特になし。奥から順に段差があるのですけど、窓を開けるとお隣の室内が丸見え(笑)まぁ気になる方は、カーテンを閉じとけばいいんですけどね^^;

MINAGI's ROOM

コテージは10名用が3棟、6名用が2棟の計5棟。コテージとコテージの間には、車1台から2台を停められるスペースがあります。コテージの数が少ないので、ハイシーズンに利用したい方は予定が決まり次第早目に予約することをおすすめします!

湖畔をのぞむ、トレーラーハウス

ウッディハウスよりもコンパクトなサイズのトレーラーハウス。布団が備え付けられているので、寝袋や寝具を持っていかなくても大丈夫。基本的なキッチン道具も備え付けなので、少ない荷物でキャンプを楽しめます。

椛の湖オートキャンプ場

出典:椛の湖オートキャンプ場 / Facebook

テントサイト以外にウッディーハウス(コテージ)とトレーラーハウスがあります。どちらも桜が目の前にあるため4月上旬の満開の時期に行くと本当に綺麗な桜を眺めながら一杯飲んでくつろぐことができます。夜は桜がライトアップされて燃えるような花ビラの色になります!こんなの見ながらのお酒は格別に美味いですよねぇ。

登っちゃえば?

トレーラーハウスは湖畔とウッディハウスの間に位置するので、遮る物なく湖の景色を楽しむことができます。また、桜の季節にはライトアップされた夜桜と湖の絶景を独り占め。湖畔サイトで確実に予約したい、という方にはトレーラーハウスがおすすめです。ただし、トレーラーハウスは4台しかないので、早目に予約するようにしましょう。

椛の湖オートキャンプ場

出典:椛の湖オートキャンプ場 / Facebook

一階寝室部分です!一階には4人分の布団が用意してます!二階ロフトスペースです!二階には3人分の布団が用意してます!一階で寝るか、二階で寝るか仲良く決めてくださいね(笑)酔っ払った方は一階がオススメです^m^

ハナハナキャンプ

トレーラーハウス内にはロフトが付いているので、子供がロフトで寝た後で大人は一階スペースでゆっくりした時間を過ごすこともできますね。また、エアコン完備で暑さ対策もバッチリ。おじいちゃんやおばあちゃんと一緒の3世代キャンプにも最適ですね。

椛の湖オートキャンプ場で楽しめる遊び

椛の湖オートキャンプ場

出典:椛の湖オートキャンプ場

椛の湖オートキャンプ場では、アクティビティの他に体験型のイベントなどが開催されることもあります。その時々でイベントの有無や内容に違いがあるので、興味がある方はセンターハウスに設置されているホワイトボードを確認しましょう。

バーベキューハウスでバーベキュー

最大100名まで収容できる屋根付きのバーベキューハウス。利用料金は3時間2,620円~となっており、利用人数により料金が変わります。また、炭5キkg付き+BBQコンロを1,830円でレンタルすることも可能です。

ここは屋根があるので直射日光を浴びたくない人や天候が怪しい時にはお勧めですが、私としてはオープンな青空エリアがよかったです。連休中なので多くのキャンパーや家族連れで賑わっておりましたが、この棟は利用者が少なく広々と使えました。

Umilog

屋根が付いていると、タープを張らなくても陽射しを遮ることができますし、急な雨に慌てる心配がありません。バーベキューコンロのレンタルを利用すれば、さらに気軽にバーベキューが楽しめますね。サークルや会社でのイベントにもおすすめです。

魚釣りに挑戦!

椛の湖には、ブラックバスやブルーギル、ヘラブナ、鯉などがいます。ニジマスを子供が釣りあげるなんてこともありますよ♪ 

椛の湖オートキャンプ場

出典:椛の湖オートキャンプ場

この日はあいにくの曇り空。まずはセンターハウスでチケットを購入し湖畔へ。スタッフさんに「前日までの雨で増水しているので気をつけて!」と声をかけて頂きました。

WILD-1

椛の湖では大人1日500円で釣りを楽しむことができます。釣りチケットはセンターハウスで購入して下さい。子供が簡単に釣りを楽しめるようにレンタルの釣竿もあります。ただし、湖に落ちてしまわないように注意。大人が付き添うようにしましょう。

椛の湖オートキャンプ場

出典:椛の湖オートキャンプ場

テニスで遊べる

キャンプ場内にあるテニスコートが使用できます。料金は1時間820円です。

キャンプ200gください

キャンプ場内には有料のテニスコートもあります。テニスラケットは、1本200円でレンタルすることが可能。子供よりも、大人の方が夢中になってしまうことが多いようです。

レンタサイクルも可能

管理棟の横です。自転車もレンタルできます。1台1時間500円。

yashiと子供の夢キャンプ

レンタサイクルは子供用自転車もありますので、親子で椛の湖の遊歩道をサイクリングしても楽しいですね。人が多い時期にはくれぐれも気を付けて運転しましょう。

レジャースペースでゆったりくつろごう

椛の湖オートキャンプ場

出典:椛の湖オートキャンプ場

遊具はシンプルですがブランコとお馬さんがあります。この後なぜか“かけっこ”をすることになり子供達と走ったり、友人パパとガチで走り合ったりして一気に体力を消耗しました。。。

登っちゃえば?

レジャースペースでは自由に休むことができ、子供は自由に駆け回ることができます。虫探しやお花摘み、お父さんは草の上で一休みしてもいいですね。アクティビティを楽しめない小さな子供でものんびりと楽しめるスペースがあると、お母さんもホッと一息つけますね♪

砂場でお山を作って遊びました。これには息子も大満足。

air cooled arataman

キャンプ場にしては珍しく砂場もあります。砂場道具を持っていけば、子供が退屈した時に遊べます。また、暖かい時期には徒歩池で水遊びができます。人工的な浅い池なので小さな子でも大丈夫。周囲にはベンチが配置され大人が見守ることができます。椛の湖は遊泳禁止で水遊びができないので、浅い徒歩池があるのは嬉しいですね。普段遊んでいるような公園のようなスペースがあると、小さな子供も退屈せずにキャンプを楽しめます。

料金や天気など、予約前のチェック項目!

予約前にチェックしておきたい予約方法やサニタリー情報、椛の湖オートキャンプ場のお天気などを説明していきます!

電話受付の営業時間は?

スマホで予約する様子

出典:Pixabay

椛の湖オートキャンプ場の予約方法は電話受付のみです。2020年4月1日からの電話受付時間は午前9時から午後5時。4月1日までは午前8時30分から午後5時となっているので注意しましょう。予約状況はキャンプ場ホームページから確認できます。

予約状況の確認はこちら:椛の湖オートキャンプ場

トイレやお風呂について

椛の湖オートキャンプ場

出典:椛の湖オートキャンプ場 / Facebook

テントサイトには3つのサニタリーハウスが配置されています。サニタリーハウス内にはトイレ、洗面所、シャワールーム、炊事場が完備。トイレはセンターハウス内とトレーラーハウス側の遊歩道にも設置されているので、ハイシーズン中の混雑時でも安心です。炊事場には100円で利用できる給湯器が1台設置されていて、寒い時期の洗い物にとても便利です。

トイレは男女別の水洗トイレで洋式と和式の2タイプ。ウォッシュレットはついていません。洗面所には鏡が設置されているので、身支度を整えるのにも便利です。

シャワーは3分100円のコイン式。シャワースペースの前にスノコを敷いた脱衣スペースと衣服置き場の棚が設置されているので、子供連れでもゆっくりと身支度を整えられます。椛の湖オートキャンプ場はサニタリースペースに清潔感があることで高評価を得ているので、キャンプ場のトイレが苦手な方でも気持ち良く使えますよ。

椛の湖オートキャンプ場のお風呂

出典:椛の湖オートキャンプ場 / Facebook

また、センターハウスから廊下続きで男女別の浴場があります。大人420円で入浴可能。木の香り漂うお風呂でゆっくり温まれますよ。利用時間は混雑状況などで変動するので、センターハウスに設置されているホワイトボードを確認しましょう。

レンタル品や販売品情報

椛の湖オートキャンプ場

出典:中津川観光協会

センターハウスでは一通りのキャンプ道具のレンタルが可能なため、忘れ物があった場合にはレンタルでしのげます。「大きなものはレンタルで」と事前に決めている場合は、キャンプ場に事前に確認しておいた方が確実。売店ではビールやジュースのドリンク類、アイスや焼肉用の肉など食品や調味料の取り揃えも豊富です。地元で採れた野菜が並ぶこともあります。

またセンターハウス内には、コールマンのランタンがずらりと並び圧巻。アウトドアアイテムも販売していて、買い物やレンタルの用事がなくても楽しめる店内になっています。

キャンセル料は?

ぶたさん貯金箱

出典:Pixabay

天気や病気などで、予約をキャンセルしなければならないこともあります。キャンセルが決まり次第早めにキャンプ場に連絡するようにしましょう。キャンセル料の発生は、テントサイトとトレーラーハウス・ウッディハウスで異なりますので注意が必要。キャンセル連絡は基本的に電話ですが、混雑時などで電話がつながりにくい時期はメール連絡も可能です。

テントサイトの場合は「利用日を含まない3日前」から発生。3日前から前日のキャンセルは料金の半額、当日のキャンセルが全額です。トレーラーハウスとウッディハウスは「利用日を含まない7日前」からの発生。7日前から前日までは料金の半額、当日キャンセルは全額です。

アーリーチェックインは可能?

スマートウォッチを触る様子

出典:Pixabay

椛の湖オートキャンプ場では、テントサイトのみアーリーチェックインとレイトチェックアウトが可能です。アーリーチェックインは10時から、レイトチェックアウトは16時までとなっており、どちらも追加料金が1.050円。1泊2日でもゆっくり過ごしたいという方にはぜひおすすめです。ただし、ハイシーズンや連休中など混雑時には利用できません。

オフシーズンには無料でアーリーチェックイン、レイトチェックアウトができることもあるようなので、予約時に確認してみましょう。

椛の湖オートキャンプ場周辺の天気をチェック!

椛の湖オートキャンプ場

出典:椛の湖オートキャンプ場 / Facebook

標高560mに位置する椛の湖オートキャンプ場は、夏でも夜には涼しくなります。春や秋は日中でも涼しく、夜には10度前後まで下がることも。昼と夜の寒暖差が大きいので、防寒対策をしっかりととるようにしましょう。夏の日中は暑くなりますが、夜は涼しく感じます。アウターや寝具など、涼しくても対応できるアイテムを持っていくようにしましょう。服装や防寒具に迷った時は、事前にキャンプ場スタッフにメールや電話で確認しておくと安心です。

詳しくはこちら:椛の湖オートキャンプ場の天気

椛の湖オートキャンプ場の基本情報

住所:岐阜県中津川市上野589-17
電話:0573-75-3250
営業期間:3月中頃から11月下旬
料金:
[全共通施設利用料] 210円 / 大人・100円 / 小人
[ゴミ回収協力費] 320円 / サイト・棟・台
[オートサイト] 4,950円 / 1区画1泊
[オートサイト電源利用] 1,050円
[オートサイトデイキャンプ] 2,200円
[ウッディハウス] 9,900円~ / 棟
[トレーラーハウス] 17,810円~ / 台
チェックイン / チェックアウト:
[テントサイト] 14:00 / 13:00
[テントサイトデイキャンプ] 10:00 / 16:00
[ウッディハウス] 15:00 / 10:00
[トレーラーハウス] 15:00 / 10:00

※2020年7月より料金が一部変更になりますのでご注意ください。

公式はこちら:椛の湖オートキャンプ場

椛の湖オートキャンプ場で春夏秋冬の自然を満喫

椛の湖オートキャンプ場

出典:椛の湖オートキャンプ場 / Facebook

椛の湖オートキャンプ場は、場内の清潔さやスタッフさんの対応の良さで、利用したキャンパーの高評価を得ているのが特徴的。また、季節ごとに紅葉や桜に彩られる椛の湖は絶景で、年に数回訪れる方も多くいます。キャンプ初心者や子連れでも安心して楽しめる椛の湖オートキャンプ場に行ってみませんか?夜にライトアップされる湖畔の眺めも最高ですよ。

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪