キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

アウトドア女子必見!冬でもお洒落に防寒できる重ね着をご紹介

出典:PIXTA

防寒対策のためにただいっぱい服を着込んで冬のアウトドアに参加してませんか?間違えた服装は逆に身体を冷やすことにつながります。今回は初めて冬のアウトドアに参加する方でもわかりやすい、お洒落にできる冬の重ね着についてお伝えします。

寒いけど楽しい冬のアウトドア!

マフラーや麦わら帽でデコレーションされた雪だるま

出典:Pixabay

冬のアウトドアの良いところは、夏場に予約がいっぱいのキャンプ場やグランピング施設でも予約が取りやすくなるところ。空気も澄んでいるので満天の星が眺められ、寒い中での焚き火は心と体に暖かさと安らぎを与えてくれます。街中では味わえない楽しさのある冬のアウトドアですが、忘れてはいけないのが「防寒対策」。今回はアウトドア女子にぜひ見てほしいお洒落な防寒対策について紹介します。
▼キャンプで着る服の選び方を知りたい方はこちらの記事もチェック!

冬のお洒落なアウトドアコーデ

インスタグラマーを真似してみよう

@shohe_momo_campさんは最近流行りのフリースをアウターレイヤーにもってきています。防寒対策についてお伺いすると、ワークマンの裏地モコモコレギンスを愛用するなどインナーに工夫を行っています。防寒対策はするが、徹底しすぎておしゃれを怠らないよう注意しているとのことでした。
k.iiiiii.iiさんの防寒対策は上も下も肌に接するベースレイヤーにユニクロの超極暖ヒートテックを着用。中間着のミドルレイヤーにこっそり薄手のファーストダウンを着て、その上にアウターを着用しているとのこと。最近はフェールラーベンのファーキャップを被り、顔周りの防寒対策とおしゃれも怠っていません。
chamo.camさんはソロキャンにもいく女子代表キャンパー。頭の先から指先までしっかり防寒対策を行っています。お伺いすると、冬キャンプに必要なのは服の防寒対策はもちろん、「なんだかんだ湯たんぽが大活躍」とのこと。足元とお腹に抱くスタイルで、朝まで暖かく眠れるそうです。

冬場の服装は「重ね着(レイヤー)」を徹底

「とにかく着込めば寒くないでしょ?」と、冬のアウトドアで何重に着こむのはおすすめできません。たくさん着こめば当然、動きにくくなったり、動いた汗で逆に汗冷えしてしまうこともありません。紹介したインスタグラマーさんのように、冬場の服装は適した衣類、順番を実践することで、効果的に暖かく着こなせます。 重ね着の一番の工夫は、3つの層に分けて着ることです。肌から近い順に、 下着:ベースレイヤー 中間着:ミドルレイヤー ジャケット:アウターレイヤー と分け、各レイヤーにはそれぞれ役割があります。

「下着:ベースレイヤー」とは

ベースレイヤーとは肌に直接触れるウェアのことです。親しみやすい言葉なら下着です。素早く汗を吸収し、体温を維持する役割があります。また肌に直接触れるのでフィット感や肌ざわり、動きやすい柔軟性なども重視されます。

おすすめのベースレイヤー

「中間着:ミドルレイヤー」とは

おすすめのミドルレイヤー

中間着のミドルレイヤーで求められる機能は保温性です。外部からの寒気をシャットダウンし、内部の温まった空気を外へ漏らさないため、フリースジャケットや中綿のジャケットがおすすめです。
patagonia(パタゴニア)ウィメンズ・レトロ・パイル・フーディ
パタゴニア ウィメンズ・レトロ・パイル・フーディ

出典:Amazon 

新開発のリサイクル・ポリエステル素材を100%使用した伝統的なフリース。肌触りは柔らかく、保温効果が高いパタゴニアのフリースは秋から春まで長いシーンで使用できます。

「ジャケット:アウターレイヤー」とは

最後は外側に着るアウターレイヤー。雨や風を内側に通さない機能だけではなく、汗をかいたときは蒸気を外に逃がす透湿性が重要です。ミッドレイヤーに比べ、少しゆとりをもった服を選ぶことで空気をたくさん含み保温力がアップします。

おすすめのアウターレイヤー

冬キャンプで気をつけておく注意点

冬のキャンプ場

出典:Shaiith/ゲッティイメージズ

冬のキャンプでは、油断して防寒対策をせずに寒い中で眠ってしまうと低体温症になる可能性もあります。睡眠中は体温が下がるのでしっかりと着込み、ネックウォーマーやレッグウォーマーを身に付けましょう。湯たんぽを使用すると朝まで暖かく睡眠をとれます。また寒いのが嫌だからと、薪・石油ストーブをテント内に置いたまま眠ってしまうと一酸化炭素中毒の危険性があります。室内に暖房器具を置く場合は、必ずテント内の換気をこまめに行うなど十分注意してください。

寒い冬もこれで完璧!

冬のアウトドアは寒さ対策さえしっかりしていれば、楽しみどころが満載です。とにかくたくさん着用するのではなく、季節に適した素材や機能性をもった服を選び、順番を守った重ね着をすることが大切です。インスタグラマーを参考に、ぜひあなたらしい冬キャンプファッションを表現してみて下さい。

今回紹介したアイテム

商品画像Icebreaker(アイスブレーカー)200 オアシス ロングスリーブ スクープColumbia(コロンビア)ヴィアジェンタIIロングスリーブトップHOTCHILLYS マイクロエリートシャモアパタゴニア クラシックレトロXパイルフリースジャケットマムート   ミドルレイヤージャケット Columbia(コロンビア)ラビリンスキャニオンジャケットPL5449THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)レディースマウンテンダウンコートNANGA(ナンガ)レディースタキビダウンジャケット カリマー ウィスプダウンパーカー
商品名Icebreaker(アイスブレーカー)200 オアシス ロングスリーブ スクープColumbia(コロンビア)ヴィアジェンタIIロングスリーブトップHOTCHILLYS マイクロエリートシャモアパタゴニア クラシックレトロXパイルフリースジャケットマムート ミドルレイヤージャケット Columbia(コロンビア)ラビリンスキャニオンジャケットPL5449THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)レディースマウンテンダウンコートNANGA(ナンガ)レディースタキビダウンジャケット カリマー ウィスプダウンパーカー
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事