hinata

>

キャンプ用品

>

レジャーシート

>

おしゃれな厚手のレジャーシートが欲しい!座り心地抜群でキャンプで活躍!

おしゃれな厚手のレジャーシートが欲しい!座り心地抜群でキャンプで活躍!

キャンプ用品

出典:Amazon

レジャーシートを選ぶなら、厚手で大判のものがおすすめです。大人数でもゆったり座ることができ、クッション性のある生地は長時間座っていてもお尻が痛くなりません。なおかつ畳むとコンパクトになるので、持ち運びも楽々!おしゃれなデザインのものなら、お出かけも楽しくなります。

目 次

厚手レジャーシートの選び方

種類が多いレジャーシート。値段を基準で選んでいる方も多いのではないでしょうか?値段も大事ですが、今回は値段以外のレジャーシートの選び方を解説していきます!

使用人数に合わせサイズを選ぶ

レジャーシート

出典:Amazon

ファミリーでの利用なら、大判サイズがおすすめ!縦と横の長さが200cmの広々タイプは、4~6名での利用に適しています。たくさんの荷物もシート内に置くことができ、とても便利。赤ちゃんが歩き回っても安心なので、小さな子連れファミリーはぜひ大判サイズをチョイスしましょう。

生地の厚みは3mm以上がおすすめ!

厚手レジャーシートの最大のメリットは地面のでこぼこが気にならないところ。生地が薄かったり、素材が柔らかすぎると座り心地が悪く、長時間座っていられません。おすすめは中層にスポンジが入っているタイプ厚さが3mm以上のものを選べばでこぼこを感じにくく、冷気や熱気もカットできます。

コンパクトに折り畳めるものが良い

レジャーシート

出典:Amazon

厚手のレジャーシートはコンパクト折り畳めるものがおすすめ。方法はパタパタと折りたたんだり、ぐるっと丸めたりするだけ。最後はマジックテープやバンドで留めておしまいです。コンパクトなので、移動時に場所を取りません。気軽にどこへでも持って出かけられるます!

湿った地面でも安心!裏面が防水タイプ

出典:photo AC

レジャーシートを敷く地面のコンディションはさまざまです。湿った地面だったりぬかるみがあったり、芝生に水滴が付いている場合もあります。そのような場合でも、防水タイプなら気にすることなくレジャーシートを敷けます。シートに水が染み込んでくる心配がないので、地面が濡れていてもお尻が濡れることはありません。アウトドアで利用するには防水タイプは必須です!

厚手レジャーシートの+α機能

あまり知られていないレジャーシートの機能を紹介します!

強風でも飛ばされないペグ穴

厚手のレジャーシート

出典:楽天

両サイドにペグ穴が付いているアイテムを選べば、ペグ(テントに使用する杭のこと)を打ち込み、強風や突風でレジャーシートが飛ぶ危険性を防げます。レジャーシートによってはペグもセットになっているため、購入前に確認してみましょう。

砂よけ機能で汚れをブロック

コールマンのレジャーシート

出典:楽天

レジャーシートの端が砂よけ(ウォールアップ)しているものを選べば、砂や葉っぱなどシートに入ってくのを防げます。また小さな子どもと使う場合はおもちゃがレジャーシートから転がっていくのを防止できます。

【使用人数1〜2名】おすすめ厚手レジャーシート

1〜2名の少人数ピクニックにおすすめのレジャーシートを紹介します!

【使用人数3〜4名】おすすめ厚手レジャーシート

友達グループやファミリー向けの3〜4名用レジャーシートを紹介していきます!

【使用人数5名以上】おすすめ厚手レジャーシート

グループでのピクニックに使える厚手シートを紹介します!

厚手のレジャーシートのメリット・デメリット

出典:photo AC

ピクニックやデイキャンプなど、アウトドアシーンでよく利用するレジャーシート。みなさんはどのようなものを利用していますか?良く見かけるのが、薄手のブルーシートのようなタイプ。安価で手に入れやすいのですが、生地が薄いため地面のでこぼこがあると座りくいのが難点。地面がぬかるんでいたりすると、水が染み込んできたりもします。もっとしっかりとした厚手のレジャーシートが欲しいと思いませんか?

厚手のレジャーシートのメリット

レジャーシート

出典:Amazon

厚手のレジャーシートの一番のポイントは、その座り心地の良さです。しっかりとした厚みのある生地なので、地面の多少のでこぼこが気になりません。長時間座っていてもお尻が痛くなりにくいんです。また、肌触りの良い起毛素材を採用しているシートもあり、肌にペタペタとくっつくことがなく快適に過ごせます。

裏面に防水加工がされているものや、断熱効果があるものも!濡れた芝生や、熱い砂浜など、アウトドアのあらゆるシーンで使えます。丈夫で使い勝手が良いので、長く利用できるのもうれしいポイントです。

厚手のレジャーシートのデメリット

レジャーシート

出典:Amazon

厚手のレジャーシートは、生地の厚みがある分、畳んだ時の大きさや重さが気になります。電車で移動する時や、他にも荷物がたくさんある場合、大きなレジャーシートを持っていくのは大変です。しかし、心配はいりません!最近の厚手のレジャーシートの中には、軽量でコンパクトなものもあります。使い終わった後でも畳みやすく、持ち手も付いているので、持ち運びも楽チンです。

厚手のレジャーシートで座り心地UP!

厚手のレジャーシートはいろんな場面で大活躍します。ひとつ持っておくととても便利です。肌触りが良くクッション性のあるレジャーシートなら、長時間のイベンドなどでも快適に座っていられます。コンパクトなのでどこにでも気軽に持っていけますよ。ぜひ、その座り心地の良さを体験してみてくださいね!

今回紹介したアイテム

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事