hinata

>

キャンプ用品

>

アウトドアブランド

>

コールマン

>

【2018最新版】おしゃれアウトドアならコールマンのレジャーシート!定番ストライプからコラボまでご紹介

【2018最新版】おしゃれアウトドアならコールマンのレジャーシート!定番ストライプからコラボまでご紹介

 キャンプ用品

かごのバスケットに入った果物

出典:OlenaMykhaylova / ゲッティイメージズ

おしゃれなアウトドアをしたい人にはコールマンのレジャーシートがおすすめ!ストライプやチェックなど、可愛くておしゃれな柄が豊富に揃っています。サイズ展開も多く、コンパクトで使い勝手が良いのもポイントです。今回は、2018年に登場した新作をはじとしたコールマンのおすすめレジャーシートと綺麗なレジャーシートのたたみ方、気になる洗濯方法をご紹介します。


 目次


コールマンのレジャーシートの特徴とは?

クッション性と保温性を持った素材

レジャーシートを使う場面は様々あると思いますが、1つのレジャーシートでどんなシーンにも使えることがベストですよね。コールマンのレジャーシートはクッション性にとても優れているので、芝生はもちろん、土の上でも座り辛さが気になりません。また保温性も抜群で地面からの冷えを通しづらく、冬のキャンプにも最適です!2枚持っていけば、簡易ブランケットとしても利用できます。

他のアイテムを意識したサイズ感

コールマンのレジャーシートは、他のコールマングッズと一緒に使えるサイズになっています。こちらは、コールマンのスクリーンシェードというテントとコールマンレジャーシートを、合わせて使っている様子です。スクリーンシェードは210×180cmなので、通常サイズのレジャーシートがぴったりと入ります!

コールマンとモンロのコラボ商品    

出典:コールマン

タープと組み合わせても、日陰にすっぽり収まるサイズ感です。

注目の2018年新商品!

   

出典:コールマン

今回で、7回目になる「BEAUTY&YOUTH」とのコラボ商品。毎年恒例であるコラボ商品を楽しみにしているファンも多いのではないでしょうか?

BEAUTY&YOUTHらしい深いネイビーとホワイトで表現したデザインは、コーディネート自体ではシックにもポップにもなりますね!縦は約200cmあり、大人も十分に寝転べるサイズです。また、荷物を置いても余裕のあるスペースが確保できますよ。

【基本情報】
使用時サイズ:200×145cm
重量:約1.5kg
購入はこちら:コールマン

おひとり様からカップルにおすすめのミニサイズ

迷ったときこそ、定番のノーマルサイズ!

キャンプ用品はついつい渋めな色が増えがちですが、この人気ストライプ柄ならオシャレ度がぐっとUPしますね!より一層ピクニックを楽しめるはずです。

運動会やピクニックで!大人数で使いたいワイドサイズ

チェック柄にもワイドサイズが!

チェック柄のレジャーシート    

出典:Amazon

人気のチェック柄にもワイドサイズがあります。大人数でピクニックに行くなると、レジャーシートを2〜3枚持っていく必要がありますよね。しかし、最大8人まで使えるワイドサイズならそのような心配も無用ですね!

現在公式ホームページでは取り扱いを中止しているので、気になる方は下記の「購入サイト」からチェックしてみてください!

【基本情報】
サイズ:210×210cm
収納サイズ:42×28×13cm
重量:1,500g
購入サイト:Amazon

このように、ナチュラルなテイストで合わせるとより一層可愛さが増しますね。芝生や土の上でも気にならずに使え、本当に万能なアイテムです!

おしゃれなインディゴレーベルからもレジャーシートが!

ブルーとホワイトのボーダーのレジャーシートを使ったピクニック    

出典:コールマン

青を基調としたインディゴレーベルは、海にも持って行きたくなるデザインですね。他のインディゴレーベルグッズとの相性も抜群!芝生の上、砂の上、どこでも活躍してくれる優秀なレジャーシートです。

【基本情報】
サイズ:200×170cm
収納サイズ:20×45cm
重量:約1,000g
購入はこちら:コールマン

綺麗なたたみ方と気になる洗濯方法

綺麗にたためない人も意外と多いのでは?

ピクニックやキャンプなどアウトドアには欠かせないレジャーシートですが、片付けるのに苦労した経験はありませんか?たたみ方を忘れてしまったなんて人も多いと思います。改めて、レジャーシートの綺麗なたたみ方をご紹介します。

1. 両端を均等に折り目に合わせて折り畳みます
2. さらに半分におって縦長の状態にします
3. 体重をかけながらくるくると巻いていきます
4. 付属のゴムひもで縛れば完成!

綺麗に畳んだ形がこちらです。このようにゴムを使ってまとめると、持ち運びにとても便利!しかし、ゴムを止めるのにもなかなか力が要るので難しいという方は、丸める前の状態で折り畳んでバッグに入れて保管して行くのもひとつの手です。こちらだと、ゴムの耐久性も気にせずに保管できますよ。

▼コールマン以外のレジャーシートも見たい人はこちらの記事もチェック

洗濯方法には気をつけて!

クッション性もあり、保温性にも優れているコールマンのレジャーシートですが、洗濯方法には注意していただきたいところ。

特に起毛タイプのレジャーシートは、公式には「洗濯不可×」と書かれています。汚れた部分は、掃除機をかけたり、水拭きをするなどで対応しましょう!

まとめ

いかがでしたか?コールマンのレジャーシートは、機能性だけでなく、可愛いものが多くどれを買おうか迷ってしまうと思います。自分の用途、ファッションに合ったレジャーシートを選んでアウトドアを楽しみましょう!


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事


おすすめのキーワード

  • hinata trunk banner
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪