アウトドアをワンランクアップ!バークリバーのナイフに注目!

 キャンプ用品

出典:Amazon

アウトドア用にがっつり使えるナイフを探したことのある人なら一度は聞いたことがある「BARK RIVER」(バークリバー)のナイフ。注目すべきはその圧倒的な高級感と性能の高さ。一体どんなナイフなのか、バークリバーの魅力をチェックします!


 目次


キャンプで便利!バークリバーとは?

   

出典:Bark River Knives / Facebook

バークリバーはアメリカのミシガン州に拠点を置くナイフブランドです。同社のナイフは「丈夫でコンパクト、とにかくハードな扱いに耐える」という条件を満たすため、米軍でトレーニングテストされた上で開発されました。現場での実用性を追求しており、その上でなお美しい曲線のデザインは、アウトドアだけではなく狩猟用としても高く評価されています。

またすべてのナイフに生涯補償がついており、これは刃の欠損や折れ、ハンドル材の割れや欠けを無償で修復してもらえるというサービスです。こういったサービスもこのメーカーのナイフが一生ものと言われる所以です。刃物の種類も豊富で、様々な用途に合わせて選択が可能。近い形状であっても1つのモデルに対し、多くの材質のハンドルを用意するなどナイフに凝りたい人のニーズに応えるメーカーです!

バークリバーのナイフはバドニングにもおすすめ!

   

出典:photoAC

バークリバーのナイフは形状がハマグリ型(コンベックスグラインド)で楔のように打ち込みやすいため、薪に火を着火しやすくするために薪を割ったり削ったりするバトニングにも便利です。

大型の薪を割るなら鉈や手斧が優れていますが、ある程度割れた薪をさらに小さく、焚き付け用の薪を作る際には頑丈な刃物が使いやすいです。ハードに扱えて、さらに適度な刃厚があるバークリバーのナイフはそんなときにはぴったり。もちろん木片や薪を細く薄く削ったフェザースティック作りにも使えるため、一本あればアウトドアでの活躍は間違いないでしょう。

バークリバーのナイフの評価をブログでチェック!

Bark Riverのナイフは1本や2本持っていてもその良さも悪さも分かりません。
ロット違いや鋼材違いも含めて同一モデルを5本以上持つようになってやっとその実態がつかめてくることでしょう。

あと,国内生産のナイフやコンピューター制御で作られたナイフしか知らない人には不向きです。一本一本職人さんが削っています。神がかり的なものもあれば残念なものもあります。それが許容できない人には向きません。私のようにBravo1を7本も買えば,いいものも悪いものもあるのに気づくでしょう。それも個性と認識しています。

案ずるより産むがやすし

バークリバーのナイフは機械による大量生産品と異なり、職人の手作りのため同商品でも差や違いが出てきます。同じ製品と価格でも一つ一つに違った味わいがあり、ナイフの奥の深さがうかがえます。

バークリバーのナイフをチェックしよう

中古でもチェック!

また元がしっかりしているため、自分で研ぎ直せるという方は中古のナイフをチェックするのも◎。個人所有で品質に保証はできませんが、定価よりも割安で意外な掘り出し物に出会えるかもしれません。

ヤフオクで見る:バークリバー
メルカリで見る:バークリバー

シース(ケース)も合わせてチェック!

便利なバークリバーのナイフですが、むき出しで持ち運ぶのは大変危険なため、シースと呼ばれるナイフ用のケースに入れての持ち運びが必須です。購入時に各ナイフについてくる付属のケースもありますが、ケース単体でも取り扱いがあります。お気に入りの一品をぜひ探してみてください♪

バークリバーのお手入れ

バークリバーに限らず、どれほど切れ味鋭い刃物でも使い続けていると刃先が鈍るため、定期的にお手入れをしたいところですが、砥石を使うのもコツがいるものです。そこで役立つのが砥石ではなく「皮砥」です。これは研磨成分を皮素材に定着させたもので、刃先を砥石よりも細かく研ぐことができます。

砥石でナイフを研ぐ場合、初心者だと刃先が微妙に荒れてしまいます。皮砥を使うと、革の弾性により刃先が革に沈み込むことで刃先までしっかり研磨され、滑らかに仕上がります。ナイフに限らず家庭にある包丁やハサミにも使えるため、一つ持っていると大変便利なアイテムです。ただし革砥はあくまで軽い研磨に使うものですから、刃物の切れ味をしっかり回復したいなら、ぜひ砥石にも挑戦してみてください!

まとめ

   

出典:Amazon

同じシリーズでもその鋼材やハンドルの素材によって全く違う表情をみせるバーグリバーのナイフ。人の手の形がそれぞれ異なるように、ナイフの握り具合も手の形にマッチする形状が異なります。ぜひお気に入りのものを見つけて、いつものアウトドアをワンランクアップさせてみてください!


あわせて読みたい記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪