トイモックはどこでも使えるハンモック!累計16万台の人気商品をチェック

 キャンプ用品

出典:amazon

ハンモックはその独特の雰囲気で、バカンス感を盛り上げてくれるアイテムです!一方、設置場所が限られ、安全にも注意が必要なので、準備が少し面倒でもあります。そんな面倒を避けたい方におすすめなのが、自立スタンド付きのハンモック「トイモック」。簡単にゆらゆら楽しめる、便利な一品を紹介します。


 目次


トイモックとは?

トイモックとはノルコーポレーションが製作販売している「自立スタンド式のハンモック」です。それまでのハンモックは設置する時に支えとなる樹木やポールが必要でしたが、独自のスタンドでネットを支えるため場所を選ばず使用でき、移動も簡単なハンモックです。またスタンドも折りたたんで持ち運びできるため、アウトドアでの携行性も高いのも魅力です。

トイモックのハンモックは自立式だからどこでも使える!

そもそもハンモックと一口に言っても実はいくつか種類があります。支柱と支柱の間に張り、両側の紐から乗る部分が直結し体を包み込むようなノーマルハンモック、上からフックなどで吊り下げるように設置し、椅子のように腰掛けるハンモックチェア、乗る部分の両サイドに棒がついており、ノーマルハンモックより幅広で水平になりやすいバーハンモックなどがあります。

これらに共通して言えるのは広めのスペースや支えとなるしっかりした支柱、吊り下げフックが必要でした。しかしこれらに比べトイモックはスタンドが展開できるスペースがあればベランダや室内、全くの平地でも支点無しで使用することができます。そのためアウトドアに限らず、好きな場所で使うことができる便利なくつろぎグッズとして人気を得たのです。

体重制限はどのくらい?

トイモックはサイズによって異なりますが、レギュラーサイズで~100㎏までの耐荷重が設定されています。公式の商品ページの情報によると、200㎏までの耐荷重試験をしているようなので、大柄な成人男性でも問題なく使用可能でしょう。手荒に扱わなければ1~2人までの利用なら問題なさそうです。

トイモックの良い点

良い点

トイモック最大の良さは、ロープの固定箇所が必要なく室内でも場所を選ばす使えるところです。ハンモックは吊り下げる支柱やポイントの強度、ネットを張る幅が適切でなければ使いづらいという欠点がありますが、トイモックはそういった面を気にせず「ここで使いたい!」という場所で気軽に設置できるのがうれしいですね。

またスタンドをたたんだ状態でも、展開した状態でも持ち運びができる点も便利です。通常のハンモックなら移動したいときは固定したロープを解いてもう一度結ぶ作業が必要ですが、トイモックならロープを解かずにスタンドごと移動すればOKです。これなら日差しの強い日に日陰に合わせて寝転ぶ位置を変える、といった使い方もできます。

口コミをチェック!

このTOYMOCKのハンモックですが、自立式ながら低価格で、組立ても簡単、そして割と軽量ですので優れものです。

寝心地もいいですね!!
自立式でないと、ちょうど良い立木を探さなければいけなかったり、足をロープとペグで設置しなければいけなかったりで、面倒くさくなりそうです。その点これは、寝たいところに置くだけ。

ハイエースとキャンプとサーフィンと

支柱や支点がなければ使えなかったハンモックに比べ、大幅に使いやすくなったのは圧倒的な強みといえます。また組み立てにも器具や工具を必要としないのも、お手軽さをより高めてくれます。

気になる点

収納時のサイズですが、長さが1.13mとやや大きめです。

キャンプにと思い一度車で持っていきましたが、車に対して横向きでは入らなかったため斜めに立てるか、後部座席を倒して縦に入れる必要があり、車の収納には思ったより不便でした(^_^;)

△ファミキャン△

スタンドが折りたたみでき、比較的コンパクトに持ち運べるトイモックですが、それでも最低限のスペースを必要とします。普通自動車以上ならばトランクなどに入れるなどで問題はなさそうですが、バイクや小型自動車に積む場合は事前に積めるかどうか、採寸チェックをした方がよさそうです。また重量も8kg~と持ち運べる重さではありますが、長距離を移動するのは大変かもしれません。

好きなデザインを選ぼう!トイモックのポータブルハンモック

レギュラーサイズ

ビッグサイズ

リミテッドエディション

インテリアライン

トイモックのミニチュア小物入れ

交換用ネットとして、ネットのみでも売ってます

耐久性の高い素材で作られているトイモックですが、使用しているとネット部分が汚れてしまった、裂けてしまうということもあるでしょう。そんなときも安心でネットのみの販売も行っています。交換用としてはもちろん、ネットだけ購入してフレームとカラーを変えるのもアリです。カラーバリエーションが豊富なため、自分のキャンプギアのカラーとあわせることもできそうです。

詳しくはこちら:トイモック ネット単体

トイモックの販売店

トイモックはネット上での購入できます。、5,000円以上の注文で送料無料で、Web直営店のみで手に入る限定カラーなどもある公式ページは是非チェックしておきたいところです。もし重量やサイズ感、カラーの確認したいのならば家電量販店のアウトドアコーナーなどでも取り扱っている場所も多いため、訪問し実物に触れてみましょう。

詳しくはこちら:ノルコーポレーション

まとめ

   

出典:楽天

場所を選ばず使えるトイモックは老若男女問わず楽しめる便利グッズといっていいでしょう。豊富なカラーバリエーションだけでなく、室内で使用するモデルやサイズの異なったシリーズもあるため、気軽にハンモックを楽しみたい方に是非お勧めしたいアイテムです。


あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

キャンプ小物

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪