とっても簡単!スキレットのサビを簡単に落とす方法とは?

 キャンプ用品

スキレットの写真

出典:TAKA@P.P.R.S / flickr

スキレットなどの鉄製の調理器具は、しっかり手入れをしておかないとすぐにサビてしまいます。でもご安心ください!ちょっとしたことで意外に簡単にサビを落とせます。ここでは、スキレットのサビを落とす方法についてご紹介します。


 目次


スキレットはこまめに手入れをしないとすぐにサビてしまう

スキレットでアヒージョを作っている写真    

出典:TAKA@P.P.R.S / flickr

スキレットやダッチオーブンは、鉄製であることが多いです。鉄というのは、非常に繊細な金属であり、しっかり脂をなじませておかないとサビてしまいます。頻繁にキャンプに行かない方の場合、つい手入れが疎かになっているとすぐにサビてしまうことでしょう。

スキレットのサビの簡単な落とし方と再シーズニング方法

用意するのはじゃがいもと塩!

畑のじゃがいもの写真    

出典: branex / ゲッティーイメージズ

スキレットがサビてしまうと買い替えないといけないのではないかと思ってしまいがちです。市販のサビ落としなどを使うことも考えられるのですが、食品として使うスキレットに対して、サビ落としなどの薬品を使ってしまうのは少し不安になってしまいますよね。そんなときは、下記の動画を参考にしてサビ落としをしてみてはいかがでしょうか?

この方法であれば、実際にサビ落としに使うじゃがいもと塩は、普段私たちの口の中に入るものです。薬品を使ってサビ落としをするよりも、はるかに安全性が高いと言えるでしょう。大切なキャンプギアであるスキレットがサビてしまった場合は、参考にしてみてはいかがでしょうか。それでは、具体的な手順についてご紹介いたします。

じゃがいもと塩でサビを落とすための手順とは

スキレットと超理道具の写真    

出典: kerdkanno / ゲッティーイメージズ

まずは、サビてしまったスキレットに軽く火をかけて、サビが浮きやすい状態にします。煙が出る程度まで火をかけたら、いったん火を止めて冷ましてあげましょう。その後、スキレットのサビが見えなくなるくらいまで、たっぷりと塩を投入します。

塩がもったいないからとあまり使わないと、サビ落ち効果が実感できないことがあります。「多いかな?」と思うくらい投入するのがポイントです。持ちやすい大きさに切ったじゃがいも(たとえば半分など)の切断面を下にして持ちます。そして、ジャガイモで塩をスキレットに刷り込むように、こすっていきましょう。

このとき、小さな円を描くようにこすっていくことで、スキレットの面を均等に処理していくことができます。このときに、しっかりとゴシゴシとこすってあげるようにすると、サビが浮き上がりやすくなるでしょう。

こすり続けていると、徐々に塩がサビ色に染まってくるので、サビが落ちたと感じたら、水洗いで塩を落としてサビの状態を確認します。特に洗剤をつける必要はありません。また、洗い終わった後に、軽く空焚きをして水分を飛ばしてみると、サビが落ちているかどうかがしっかりと確認できるでしょう。

1回で落ちない場合は繰り返そう

ちょっとした軽いサビ程度であれば、塩とじゃがいもで軽くこすってあげるだけで、簡単にとることができます。時間も手間もそれほどかかりません。ただし、頻繁にキャンプに行く人は別として、1回ごとのインターバル期間が長い人も多い傾向です。そのような場合、スキレットがガッツリとサビてしまっていることもあるでしょう。

このような場合、1度ゴシゴシと塩とじゃがいもでこすったくらいでは、サビがしっかりと落ちてくれないことがあります。そのような場合でも、諦めてしまうのではなく、2度、3度繰り返して塩とじゃがいもで擦ってみてください。塩は、洗い流してしまっているので新しく投入する必要がありますが、じゃがいもはそのままで構いません。

何度も繰り返していると、頑固なサビでも徐々に薄まって落ちていきます。自分が納得できるところまでサビを落としてみましょう。

シーズニングでサビ予防

錆びついたフライパンの写真    

出典: BWFolsom / ゲッティーイメージズ

薬剤を用いなくても、塩とじゃがいもを使うことでスキレットのサビを落とすことができました。しかし、ここで安心してはいけません。このままサビを落とした状態で放置していると、また徐々にサビが発生してしまい、本当に使いたいときに使うことができなくなってしまいます。

そのような事態に陥らないためにも、シーズニングという処理をしておきましょう。スキレットの購入時にやったことがあるという方もいるかもしれませんが、おさらいの意味を含めて確認しながら作業をしてみましょう。

まず、スキレットを洗剤で洗いましょう。サビたスキレットのシーズニングの工程では必要ありませんが、念のため洗っておくと安心です。その後、何もつけていない状態で、しっかりと空焚きしてください。

空焚き後、スキレットをしっかりと冷ましてから、オリーブオイルを薄く塗り伸ばしましょう。そして、再度空焚きをしてください。煙が出てもそのままでしっかりと火を入れましょう。この工程を5回程度繰り返えすと、徐々に油がなじんできます。

ある程度なじんだと判断で来たら、鉄臭さをとるために、くず野菜をいためてください。スキレットの鉄板にこすり付けるように炒めましょう。軽く焦げるくらい炒めたら、野菜くずは捨ててください。スキレットの汚れや焦げ付きをとって、最後にオリーブオイルを薄く敷けば、シーズニング完了です。

まとめ

普段から使わないスキレットは、手入れに失敗してしまうとどうしてもサビやすくなってしまいます。サビてしまうと料理に使うことができないため、せっかくのスキレットが宝の持ち腐れです。じゃがいもと塩を使うと簡単に落とすことができるので、動画などを見ながら実際に試してみてはいかがでしょうか。


あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

スキレット キッチン用品

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪