hinata

>

キャンプ用品

>

スキレット

>

【全て解説!】ニトリの「スキレット」 の特徴やメリット・デメリットを紹介

【全て解説!】ニトリの「スキレット」 の特徴やメリット・デメリットを紹介

キャンプ用品

ニトリのスキレット

出典:PIXTA

キャンプ料理アイテムで人気のニトリのスキレット。アウトドアメーカーのスキレットよりお手頃、ダイソーより本格的でデザインがかわいらしく、「ニトスキ」の愛称で親しまれています。ふた付きのセットやメリット・デメリット、「シーズニング」というお手入れ方法に本格レシピなど、気になる全てをまとめました!

目 次

ニトリ「スキレット」の特徴は?

ニトリのスキレット

出典:楽天

スキレットとは、鋳鉄でできたフライパンのこと。食材に熱がゆっくりとムラなく伝わり、料理が美味しくでき上がります。保温性が高く料理が冷めにくいことから、近年はキャンプのみならず家庭でも愛用者が増えています。またお手頃な価格で、そのままでも料理が出せるかわいらしいフォルムが人気です。

サイズは「15cm」「19cm」の2種類

ニトリのスキレット2種類

出典:楽天

ニトリのスキレットは、15cmと19cmの2種類のサイズがあります。15cmは1~2人用、一回り大きい19cmはそれ以上の人数に対応します。熱々の料理をそのまま大皿のようにテーブルに出して、カップルや家族でワイワイ食べるのにちょうどよい大きさです。

スキレット対応のフタがある

ニトリのスキレットと蓋のセット

出典:Amazon

ニトリのスキレットには、ふた付きのセットもあります。専用のふたを使うことで、煮たり、蒸したりができ、食材の旨みがアップします。テーブルにそのまま出せる鍋料理にもぴったりで、キャンプや家庭での料理のバリエーションが一段と広がります。

ニトリ「スキレット」をサイズごとに紹介

商品名スキレット(15cm)スキレット(19cm)
画像
サイズ23.6×15.6×4cm29.5×19.7×4.3cm
重さ614g1.33kg
人数1〜2人2〜3人

ニトリ「スキレット」のメリットを紹介

ニトリのスキレット2個重ね

出典:楽天

ガス・オーブン・IHで使える

ニトリのスキレットは、ガス・オーブン・IHでも使えるので、さまざまな料理に活用できます。<家庭のキッチンでの使用はもちろん、アウトドア施設での調理にも便利です。ただし、IH調理器に関してはスキレット底辺の大きさとの兼ね合いで、機種によって使えないこともあります。使用時は取り扱い説明書を必ずチェックしましょう!

食洗機で洗える!

ニトリのスキレットは食洗機での洗浄に対応しています。しかし、食器用洗剤を使用したり、洗ってそのままにしておくとサビの原因になります。なるべくスポンジなどを使った手洗いで、しっかり水分をふき取ることをおすすめします。サビを防ぐための手入れ(シーズニング)も忘れずに!

ニトリ「スキレット」のデメリットを紹介

ニトリのスキレット裏側

出典:楽天

食器用洗剤で洗えない

ニトリのスキレットを洗う際は、食器用洗剤が使えません。スキレットを管理するには、油をなじませてサビを抑える「シーズニング」という手入れが必要です。食器用洗剤で洗うとその油までも落としてしまい、サビの原因になります。愛着を持って長く使うためにも、食器用洗剤の使用は避けてください。

重量がある

ニトリのスキレットはしっかりとした作りですが、その分重いというデメリットが。19cmサイズの重量は1,100gで1kgを超えています。通常のフライパンと比べるとかなりの重さであることを認識しておきましょう。

スキレットのお手入れ「シーズニング」の手順

ニトリのスキレット

出典:楽天

スキレットでおいしい料理を作り、できるだけ長く使うためには、「シーズニング」という手入れが必要です。スキレットのサビを抑えるために、定期的に油をなじませていきます。

①サビ止めのワックスを落とす。
新品のスキレットにはサビ止めのワックスが付いています。まずは食器用洗剤を使って(最初の一回のみ使用可)サビ止めワックスを落とし、水分をしっかりふき取ってスキレットを熱します。

②食用油をひいて火にかける。
少し冷ましてから食用油(オリーブオイルまたはサラダ油)を両面まんべんなく薄く塗り込み、スキレットをもう一度熱します。食用油はキッチンペーパーに含ませて、箸を使って塗り込むのがよいです。

③野菜くずを炒めて鉄のにおいを抑える。
2〜3回ほど食用油をひいたら、野菜くずを炒めていきます。野菜くずを炒めることで鉄のにおいを消してくれます。

④持ち手まで油をなじませ手順を繰り返す。
最後に食用油を持ち手まで塗り広げて完成。次からは食器用洗剤を使わずにお湯を使って洗い、後は同じ工程で定期的にシーズニングを行います。

ニトリ「スキレット」できるレシピ紹介

ニトリのスキレットを使って、和洋中さまざまな料理が作れます。今回は特にスキレットと相性抜群で美味しくできる、洋風レシピ2品を紹介します!
ニトリのスキレット料理

出典:楽天

アヒージョ

ニトリのスキレットとグリルで本格的なアヒージョができます。作り方は簡単!にんにくをみじん切りにし、鷹の爪、オリーブオイルと一緒にニトリのスキレットに投入。エビやマッシュルームなどの具材を入れたら、オリーブオイルを追加して、軽く塩を振ります。グリルに入れて点火し、ぐつぐつと音がして具材に火が通ったら完成です。グリルから取り出すときは、持ち手が熱いので気をつけてください!

参考:cookpad

フレンチトースト

ふわふわ、とろとろ、カリカリのフレンチトーストも簡単にできます。卵と牛乳を混ぜたものを用意し、食パンを食べやすいサイズに切っておきます。ニトリのスキレットにバターを入れて火をかけ、溶けてきたら食パンを投入。上から卵と牛乳を混ぜたものを流し込み、火が通ったらハチミツをかけて完成です。トッピングにバニラアイスをのせてもおいしいでしょう!

参考:cookpad

ニトリ「スキレット」でキャンプを楽しもう

ニトリのスキレットは、家庭やアウトドアでの料理をさらに美味しく、楽しくしてくれます。手入れに手間がかかりますが、その分愛着がわき、一度使ったら手放せないキャンプの必需品です。ぜひキャンプでスキレットを使ってみてください!

おすすめのスキレット・使い方は、こちらの記事もチェック▼

今回紹介したアイテム

商品画像 ニトリ 6インチ スキレット ニトリ スキレット鍋 19センチ
商品名 スキレット(15cm) スキレット(19cm)
商品リンク Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事