炎の性質を考えつくした超個性的な焚き火台!ファイヤーウォールの魅力

 キャンプ用品

出典:photo AC

アウトドアをするときに欠かせないのが、焚き火台。多くのメーカーが発売している多種多様なものの中から、一風変わった個性的なものを選ぼうと思うなら、『ファイヤーウォール』の焚き火台がおすすめです。ここでは、『ファイヤーウォール』の焚き火台の魅力と、製品の詳細を説明していきます。


 目次


カナダのアウトドアブランドから発売された斬新な焚き火台

この投稿をInstagramで見る

"Steak in japan " on our FIREWAALL + by our friends from @assy1204 #🇯🇵 thank you so much for your amazing posts and support 🙏 適当に焼いて🔥 それでも、まずまずの出来で 美味しかった #キャンプ#ソロキャンプ#ソロキャンパー#ソロキャン#広島キャンパー#広島キャンプ#キャンプ場#outdoor#bonfire#takibeast#camphack取材#campzine掲載希望#キャンプでブー#焚き火#焚き火台#薪#焚き火ギア#キャンプギア#キャンプ道具#ローストビーフ#キャンプ飯#firewaall#firewaallplus#sportesoutdoortools#cottage_jp#笠戸島家族旅行村 #madeincanada #foodphotography #outdoorcooking

SPORTES Inc.さん(@sportes_outdoor_tools)がシェアした投稿 -

2014年に創業されたカナダのアウトドアブランド「スポルテス アウトドア ツールズ(SPORTES outdoor tools)」が発売している焚き火台が、ここでご紹介する「ファイヤーウォール プラス(FIREWAALL + PLUS) 」。
「スポルテス アウトドア ツールズ」の創業者は才能ある工業デザイナーで、「自然へのオマージュ」をテーマに掲げて独創的な商品を発表しています。「ファイヤーウォール プラス」もその中の一つなのです。

少しとがった印象のネーミングとおり、「ファイヤーウォール プラス」のルックスも実に個性的。「炎の壁」という名のとおり、薪を垂直に積み上げていく形状をしており、作り手のセンスを感じることができます。しかし、これは単なる遊び心ではありません。

炎には、上へ上へと燃え移る性質があります。垂直に積み上げた薪は、炎の性質そのままに燃え上がるのです。こうした個性的かつ考え抜かれた形状は、他の焚き火台にはない、「ファイヤーウォール プラス」ならではのもの。

他の人がもっていないようなインスタ映えのする焚き火台がほしいという方、薪が見事に燃え上がるさまが見たいという方におすすめの焚き火台です。

収集癖があり、焚火台もいろいろと手を出しておりますがこれは素晴らしいです。

Amazon

「ファイヤーウォール プラス」以外にさまざまな焚き火台を使ってきた方も絶賛の焚き火台。この機会にぜひ手に入れてください。

魅力がいっぱいある、機能性の高い焚火台

放っておいても燃焼し続ける便利な焚き火台

先にも述べたように、「ファイヤーウォール プラス」は、炎の性質を考えぬいて作られた焚き火台です。燃やす際はまず、底面のプレートに葉っぱや小枝などをのせて着火し、薪を積み上げます。そのあとは、薪が燃え落ちたら、上から薪を継ぎ足すだけ。薪を組み替えたりする手間は必要ありません。面倒を見なくても、自動的かつ効率的に燃焼し続ける、便利な焚き火台なのです。

キャンプを楽しんでいるときは、薪の手入れをするのも楽しみのひとつではありますが、それにだけかまけているわけにもいきません。薪が崩れることなく、ノータッチできれいな炎を見せてくれるなら、それに越したことはないのです。

グリルプレートもちょうどよいサイズで、構造上薪が無駄にならず効率的に料理ができます。

Amazon

火の手入れが必要ないので、料理に専念できるのもうれしいポイントですね☆薪が無駄にならずに料理や焚き火を楽しめるのもグッドです!

携帯しやすいコンパクトさも魅力のひとつ

「ファイヤーウォールプラス」の前身は、「ファイヤーウォール-003」。この形状を改善し、パーツを簡略化して生まれたという意味合いで、「プラス」と名付けられているのです。

「ファイヤーウォール プラス」の本体に必要なパーツは3つ。組み立てで迷うことはありません。ほんの数秒あれば、初心者でも簡単に組み立てられる便利な焚き火台です。

1人もしくは2人での利用を想定して作られている「ファイヤーウォール プラス」は小型で薄く、コンパクトな形状をしています。プレートと支柱を重ねて収納すれば、携帯するのにもとても便利。パーツはすべてとても薄い板状なので、ソロキャンプやバイクツーリングなど、荷物をたくさん持てない場合でも持ち運びにさほど苦労しません。

割高に感じるかもしれませんが、これもスノピ同様一生使えると思います。

Amazon

多少値ははりますが、一生使えるという魅力を考えると、納得のお買い物になるのではないでしょうか。

手に入れられる「ファイヤーウォール プラス」をご紹介

まとめ

個性的かつ効率的な焚き火台「ファイヤーウォール プラス」は、その名のとおり、「炎の壁」を作り上げ、自動的に燃焼し続けます。標準装備のグリルを使って料理もでき、実用性にも問題なし。インスタ映えするだけでなく、とても使いやすい焚き火台です。コンパクトなので、ソロキャンプにもおすすめです。ぜひ手に取ってみてください。

▼色んな焚き火台を比べたい方はこちらをクリック!


あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

焚き火台

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪