超個性的な焚き火台!ファイヤーウォールプラスの魅力を解説!

 キャンプ用品

ファイヤーウォールの焚き火台

出典:Amazon

アウトドアをするときに欠かせないのが焚き火台。多くのメーカーが発売している多種多様なものの中から、一風変わった個性的なものを選ぶなら「ファイヤーウォール プラス」の焚き火台がおすすめです。ここでは「ファイヤーウォール プラス」の焚き火台の魅力と、製品の詳細を解説します。


 目次


カナダのアウトドアブランド発!斬新な焚き火台

ファイヤーウォールの焚き火台

出典:Amazon

2014年に創業されたカナダのアウトドアブランド「スポルテス アウトドア ツールズ(SPORTES outdoor tools)」が発売している焚き火台が、ここで紹介する「ファイヤーウォール プラス(FIREWALL + PLUS) 」。
「スポルテス アウトドア ツールズ」の創業者は才能ある工業デザイナーで、「自然へのオマージュ」をテーマに掲げて独創的な商品を発表しています。「ファイヤーウォール プラス」もその中の一つです。

「ファイヤーウォール プラス」はルックスが実に個性的。和訳すると「炎の壁」という名のとおり、薪を垂直に積み上げて使う形状をしており、作り手のセンスを感じられます。しかし、これは単なる遊び心ではありません。
ファイヤーウォールの焚き火台

出典:Amazon

炎には、上へ上へと燃え移る性質が。垂直に積み上げた薪は、炎の性質そのままに燃え上がります。この原理を利用して生み出された個性的かつ機能的な形状は、他の焚き火台にはない「ファイヤーウォール プラス」ならではのもの。

他の人が持っていないようなインスタ映えのする焚き火台がほしいという方、また薪が見事に燃え上がる様子が見たいという方におすすめの焚き火台です。

収集癖があり、焚火台もいろいろと手を出しておりますがこれは素晴らしいです。

Amazon
「ファイヤーウォール プラス」以外にさまざまな焚き火台を使ってきた方も絶賛の焚き火台です。

ファイヤーウォール プラスの4つの魅力

男性キャンパーに人気!無骨なデザイン

ファイヤーウォールの外観

出典:Amazon

独創的なデザインが目を引きます。薪を積み上げていく独特の形状はなかなか見かけることがないため、他の焚き火台と被りたくない方におすすめです。

また少し無骨な見た目の焚き火台であることから、特に男性キャンパーからの人気が高い焚火台です。軍幕テントやブッシュクラフトにフィットします。

薪の持ちが良い

着火した太い薪

出典:Pixabay

立体的に薪を組んで燃やす一般的な焚き火台と異なり、横に倒した薪を上に積み重ねてゆっくり燃焼させる仕様となっています。薪の持ちが良いことで、焚き火をじっくり楽しめます。

薪の継ぎ足しにかける手間が不要

ファイヤーウォールの焚き火台

出典:Amazon

薪の継ぎ足しに手間をかける必要がないところも魅力の一つ。先にも述べたように、「ファイヤーウォール プラス」は、炎の性質を考えぬいて作られた焚き火台です。燃やす際はまず、底面のプレートに葉っぱや小枝などをのせて着火し薪を積み上げ、薪が燃え落ちたら、上から薪を継ぎ足すだけ。薪を組み替えたりする手間は必要ありませんし、面倒を見なくても自動的かつ効率的に燃焼し続けます。

キャンプでは薪の手入れをするのも楽しみのひとつではありますが、それにだけかまけているわけにもいきません。薪が崩れることなく、ノータッチできれいな炎を見せてくれるため非常に使い勝手が良いです。

グリルプレートもちょうどよいサイズで、構造上薪が無駄にならず効率的に料理ができます。

Amazon
火の手入れが必要ないため、料理に専念できるのもうれしいポイント。薪が無駄にならずに料理や焚き火を楽しめるのもうれしいポイントです。

軽くて携帯しやすいコンパクトさ

ファイヤーウォールの焚き火台

出典:Amazon

軽くてコンパクトである点もポイントです。1人もしくは2人での利用を想定して作られている「ファイヤーウォール プラス」は小型でコンパクトな形状。パーツはすべてとても薄い板状で、プレートと支柱を重ねて収納すれば、携帯するのにも便利なサイズ感です。ソロキャンプやバイクツーリングなど、荷物をたくさん持てない場合でも持ち運びにさほど苦労しません。

「ファイヤーウォール プラス」の本体に必要なパーツは3つで、組み立てで迷うことはありません。ほんの数秒あれば、初心者でも簡単に組み立てられます。「ファイヤーウォールプラス」の前身は、「ファイヤーウォール-003」。この形状を改善し、パーツを簡略化して生まれたという意味合いで、「プラス」と名付けられています。

割高に感じるかもしれませんが、これもスノピ同様一生使えると思います。

Amazon
多少値ははりますが、一生使えるという魅力を考えると、納得のお買い物になるのではないでしょうか。

ファイヤーウォール プラスを使う際の注意点

灰を受けるパッドの準備が必要

底プレートには穴が空いているため、灰や火の粉が落ちてしまう危険性があります。不燃素材の布やプレートを別で用意しておくと良いでしょう。

ファイヤーウォール プラスの詳細と関連アイテム

ファイヤーウォールの他にも人気アイテム多数

ファイヤーウォールを販売しているスポルテスからは他にもユニークなアイテムが販売されているため、一部を紹介します。

ファイヤーウォールで焚き火をより一層満喫しよう!

個性的かつ効率的な焚き火台「ファイヤーウォール プラス」は、その名のとおり「炎の壁」を作り上げ、自動的に燃焼し続けます。標準装備のグリルを使って料理もでき、実用性にも問題なし。インスタ映えするだけでなく、とても使いやすい焚き火台です。コンパクトなため、ソロキャンプにもおすすめ。ぜひ手に取ってみてください。
▼色んな焚き火台を比べたい方はこちらをクリック!
▼ソロキャンプの焚き火台について詳しく知りたい方はこちらをチェック!
この記事の感想を教えてください
ご回答ありがとうございました!
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

焚き火台

おすすめのキーワード

おすすめのコンテンツ

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪