乗鞍岳の眺望と白樺が美しい「高ソメキャンプ場」の魅力を徹底解説!

 キャンプ場

高ソメキャンプ場

出典:松本市公式観光情報

「高ソメキャンプ場」はバイクやマイカーの乗入れができるオートキャンプ場です。乗鞍岳を背景に素敵な景観をそえる大きな池は、ニジマスやイワナなどの釣りを楽しめる釣池。ゴールデンウィークには桜と水芭蕉を同時に楽しむ事も!そんな素敵な「高ソメキャンプ場」を紹介します。


 目次


高ソメキャンプ場ってどんなところ?

高ソメキャンプ場    

出典:松本市公式観光情報

長野県松本市にある「高ソメキャンプ場」は白樺の林や釣池からの乗鞍岳の展望が美しい、景観の良いキャンプ場です。上高地、乗鞍高原、安曇野、木曽、伊那、飛騨へのアクセスも良く、観光地巡りの拠点にも便利。水芭蕉の群生や夏のホタル、降るような星空など豊かな自然も味わえる魅力的な場所です。

高ソメキャンプ場、6つの魅力

車やバイクの乗り入れが可能なオートサイト

「高ソメキャンプ場」は全てオートサイトで車の乗り入れができます。荷運びの手間がかからないのは嬉しいポイント。サイトは白樺の林や池のほとり、水芭蕉の群生地の近くなどそれぞれの景観の良さがあります。トイレや炊事場もどのサイトからも不便なく使え、気持ちよく過ごせるキャンプ場です。

6番サイトや8番サイトなど、電源付きサイトも!

高ソメキャンプ場の園内マップ    

出典:高ソメキャンプ場

オートサイトのうち、電源付きサイトは10サイト。電気を使用すればキャンプ料理の幅が広がったり、うっかり切れてしまった携帯の充電もできます。また「高ソメキャンプ場」は標高1200mの場所にあるため、寒さ対策として電気毛布や電気ストーブが使えるのもありがたいポイント。スマートにキャンプを楽しみたい人や初心者にもおすすめです。

バンガローも乗り入れ可能!

「高ソメキャンプ場」には車の乗り入れOKなバンガローもあります。小さな子どもがいるファミリーなどはバンガロー利用が手軽でいいですね。寝泊まりに特化したA、Bタイプと、台所が付いて水やコンロも使えるCタイプがあります。どのバンガローも建物の周囲にゆとりがあり、タープやテントを張ったりバーベキューを楽しむことができます。

釣池で釣りし放題!

高ソメキャンプ場の釣池    

出典:高ソメキャンプ場

乗鞍岳の手前に大きな池。絵はがきのような「高ソメキャンプ場」の眺めですが、このエリア内にある大きな池で釣りを楽しめます。餌釣り用の竿のレンタルもありますし、釣り具を持ち込んでルアーフィッシングもOK。ニジマスやイワナを放流しているので子どもや釣り初心者でも比較的釣りやすくなっています。

美しい景色を堪能しながら親子や仲間で楽しんでみてはどうでしょうか。釣った魚は持ち帰りでそのままさばいてバーバキューや串焼きにどうぞ。

料金:
[大人] 410円 / 時間
[子ども] 200円 / 時間
[貸竿] 200円 / 回
[餌] 360円~
[釣った魚] 230円 / 匹

天文台で星空観察も!

星空    

出典:Pixabay

「高ソメキャンプ場」の近くの山に天文台があり、ハイシーズンに星空観察会を開催しています。月、土星、木星、星座などを観察。観察会の日程は公式ブログでお知らせしてくれます。空気がきれいで街明かりも少ないキャンプ場の夜空は驚くほどの美しさ。この機会に星空観察はいかがですか?

ゴールデンウィークに桜が楽しめる!

桜    

出典:photo AC

標高の高い「高ソメキャンプ場」ではゴールデンウィークに桜の見ごろを迎えます。そして同時期に水芭蕉も見ごろに。エリア内には水芭蕉群生地があり、300株ほどある花がキャンパーを楽しませます。桜と水芭蕉のお花見を一度にできる素敵なスポット。以降も数多くの山野草が可愛らしい花をつけ、6月下旬から7月上旬にはササユリが見ごろになります。

ブログで高ソメキャンプ場の口コミをチェック!

富士山    

出典:Pixabay

ウワサどおりのロケーション!で設営開始!
と、行きたかったんですが・・・
なんとも困ったことに、この1番サイト、2番サイトとも 虫の数がハンパじゃない!
まぁ水際なんで少しは覚悟していましたが・・・想像を遥かに上回る虫の量(泣)
コバエやら蚊やら何やら(-"-)

これはムリと判断・・・サイトの変更を申し出に管理棟へ・・・事情を説明しお願いすると、スタッフの方が親切にいろいろサイトの説明をして下さいました。
広めのサイト、人気のあるサイト、グループ向けのサイト・・・本当に親身になっていろいろと説明して頂きました。
説明を聞き終わると、「実際にサイトを見て決めていただいた方がいいと思いますよ!」と、予約が入っているところを教えて頂き、それ以外のサイトを見て決めようということに・・・

自然と遊ぼう!

スタッフのはからいが嬉しいですね。寄り添ってもらえるとキャンプがより楽しいものになります。

上空が開けた池のそばに出てみると満点の星空。すっげー。この高ソメキャンプ場のそばには立派な天体望遠鏡があり、週末には観察会が行われているとのこと。周りには人工物が少ないので、星を見るには好適な環境なんでしょうね。そんなに熱心な星屋さん(?)じゃないつもりですが、キレイなものを見ると撮りたくなっちゃいますね。星撮影に好適なこんな素晴らしい環境に触発され、寒い夜でしたがしばし天体撮影を楽しみました。

The 9th trail

標高が高く周囲の明かりも少ない「高ソメキャンプ場」は夜空も魅力的。さして興味の無かったキャンパーですら引き込まれてしまう美しさ、素敵ですね。

前日お電話して2泊の予約。「食材は用意して来て下さい。」と言われたので、18日に松本のキャンプ場を出た後、「山籠もり」の覚悟でお買い物してキャンプ場へ。
13時過ぎに到着。お電話した時「チェックインは15時だけど、前日に利用の無いサイトを用意しますから、何時でも大丈夫。」と言われたので、早くに伺った。

「熊出没注意」とのことで、チェックインの時に熊鈴を渡された。
熊鈴を持って遊歩道へ。ペットもOKのキャンプ場。お散歩に最適。

柴犬マメ吉の写真で綴るキャンプ日記

近くに食材調達の手段が無かったり、熊が出没したりということも。でもこういった「自然ならでは」の状況もキャンプの楽しみの一つです。しっかり準備して現地の注意事項に耳を傾けましょう。

天気や基本情報など、予約前のチェック項目!

高ソメキャンプ場    

出典:高ソメキャンプ場

高ソメキャンプ場周辺の天気をチェック!

「高ソメキャンプ場」は標高1200mの場所にあります。気候変動、特に寒さへの対策は必須。天気は常にチェックし、安全にキャンプを楽しみましょう。

こちらをチェック:高ソメキャンプ場周辺の天気

高ソメキャンプ場の基本情報

住所:長野県松本市奈川2212-16
電話:0263-79-2919
営業期間:4月13日~11月4日(2019年)
料金:
[オートキャンプ] 1,540円 / 人
[電源使用料] 510円 / 区画
[バンガロー] 5,650円~ / 棟
[デイキャンプ] 1,020円 / 区画
[入場料] 200円 / 人
チェックイン / アウト:15:00 / 14:00
※バンガローはチェックアウト 12:00
公式はこちら:高ソメキャンプ場

まとめ

いかがでしたか?自然豊かで目も心も癒される素敵なキャンプ場でしたね。「降るような星空や自然の草花を観賞したい。」「愛車を走らせて行ってみようかな?」と思い立ったら、ぜひ「高ソメキャンプ場」をチェックしてみてください。


あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

キャンプ場 区画サイト

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪