超軽量・コンパクトなULウォレット。アウトドアでの財布はこの一択!

 キャンプ用品

出典:ミニマライト

最近人気のUL(ウルトラライト)ウォレット。極限まで荷物を軽量化して登山やキャンプをするULスタイルの中で生まれ、アウトドアの場面でも重宝する存在です。最近はその使い勝手の良さから、普段使いする人も増加中!今回は実際に愛用している筆者が、ULウォレットの魅力やクラウドファンディングで支援を募集している注目のアイテムについて紹介します。


 目次


大きくて、重いお財布邪魔じゃないですか?

   

出典:MarianVejcik/ゲッティイメージズ

キャンプや山登りなどのアウトドアアクティビティでは、持ち運ぶ荷物はできるだけ少なく、軽くしたいもの。肌身離さず持ち運ぶ財布は、日常生活で使う長財布などでは、大きくかさばる上に、重さもあり、持っているだけで疲れてしまいます。財布を出す頻度が少ないキャンプや登山では「街中の財布を持ち歩きたくない」と感じている人も多いのではないでしょうか。

持っていることが全く気にならない!ULウォレットの魅力!

   

出典:ミニマライト

自然の中で楽しむと言っても、キャンプ場や山小屋では現金が必要な場面があり、財布は不可欠。街中でも、完全にキャッシュレスにするには、日本でもまだ少し不便です。そんな時におすすめなのが、超軽量でコンパクトなULウォレット。ここでは、ULウォレットの魅力について説明します。

超軽量!超コンパクト!超楽チン!

ULウォレットは、その名の通り超軽量の財布。軽量なゆえにサイズもかなりコンパクト!一般的な革製の長財布の重量が150gほどで、重いものだと300gになるものも。それに対してULウォレットはわずか15g前後のものが多いです。一般的な財布のわずが10分の1の重さしかありません。

財布として十分な収納性!

財布が軽いと、紙幣や硬貨、カードの収納量を心配する人もいるかもしれません。ULウォレットはそういった点も一切の妥協がありません。紙幣や硬貨、カードも、必要十分な量が入ります。

ミニマライトプレイウォレットの性能検証!

   

出典:ミニマライト

今回は実際に筆者が愛用しているもので、人気ブランド・ミニマライトのプレイウォレットの収納性や重さについて、検証します。

製品の特徴と、本体重量の計測

ミニマライトのプレイウォレットは三つ折りの財布で、折りたたみ時のサイズがほぼカードサイズです。このサイズでありながらも、紙幣や硬貨、カードの収納場所がぞれぞて独立していることが特長。カードも紙幣も硬貨も、すべて取りやすく、必要十分な量が収まります。

   

本体重量は筆者の物で実測16グラムと驚きの軽さ!お金が入っていなければ、持った時に存在を感じません。

収納力の検証

今度は収納力を検証します。今回は紙幣と硬貨、カードを同時に収納し、どれだけ収納できるかをテストします。

1.紙幣とカードを収納!
まずカードを収納。今回は7枚を入れましたが、まだ2〜3枚の余地はありそうです。今回は、紙幣との兼ね合いから7枚でストップ。紙幣は15枚ほど用意しましたが、さすがに全部は入らず、問題なく収納できるのは10枚でした。

   

2.硬貨を収納
驚くべきはコインの収納力!コインポケットは財布の裏側に完全に独立したポケットとして付いているので、紙幣やカードの量に影響を受けずに収納できます!大きさはまちまちですが、その数なんと20枚。ここまで入れても、もう少し入りそうです。

   

3.収納後
やはり少し膨らんだ印象ですが、7枚のカード、10枚の紙幣、20枚の硬貨が入ってこのサイズだから驚きです。まだ限界ではなさそうですが、大量のお金を入れるのにはあまり適してなさそうです。しかし、必要十分な容量があることは間違いありません。

   

【基本情報】
サイズ:65×95mm
重量:16g
カラー:ブラック、ホワイト、グレー、ネイビー、レッド
主素材:X-Pac
公式はこちら:ミニマライト

おすすめULウォレット

他のブランドが作るULウォレットをいくつか紹介します。今回は紙幣と硬貨とカードを独立して収納できるタイプをピックアップ。ほかのブランドも、軽量性と収納性はさることながら、使い勝手も考えられた優れものです。

パーゴワークス トレイルバンクS

   

出典:パーゴワークス

こちらも三つ折りタイプのULウォレット。折りたたみ時にはカードと同じくらいのサイズになります。3枚分のカードスロットがついており、別々のスロットでカードを収納できます。コインポケットにはメッシュ素材を採用し、開けなくても中身が確認できます。カラビナ付きでチェーンやキーを取り付けられるほか、ベルトループにかけられます。

【基本情報】
サイズ:110×65×10mm
重量:32g
カラー:ネイビー、ライトグレー
主素材:X-Pac
公式はこちら:パーゴワークス

if you have(イフユーハブ) ウォレット2カスタム

   

出典:イフユーハブ

二つ折りタイプのULウォレット。カードが5枚入るカードスロットが2つ付いているため、最大10枚のカードを収納できます。コインケースが大きく、センタージッパーで中身も見やすいため非常に使いやすいことも特徴です。他にも最大30枚入る札入れや、キーリングにペンホルダーなど、収納性と拡張性に優れたULウォレットです。

【基本情報】
サイズ:87×96mm(二つ折り時)
重量:14g〜
カラー:ブラック、ホワイト、グレー、レッド、ネイビー、迷彩、ブラックヘザー
素材:X-PAC
公式はこちら:イフユーハブ

and wander(アンドワンダー) ハイブリットカーボンファイバーウォレット

   

出典:アンドワンダー

構造は一般的な二つ折りタイプの財布に似ていますが、超軽量素材で驚きの軽さと薄さを実現したULウォレットです。全て個別のカードスロットでカードを個別に収納できます。一部分のカードスロットを取り外しでき、アウトドアに出かける際に不要なカードを置いていくのに非常に便利です。

【基本情報】
サイズ:100×110mm
重量:20g
カラー:ブラック、ホワイト
素材:ポリエステル、ポリエチレン
公式はこちら:アンドワンダー

ALLETT(アレット) ソフトテックミニマリストウォレット

   

出典:アレット

アレットのULウォレットは、12枚ものカードが収納できます。カードが多く入った時のために、カードスロットには落下防止の滑り止めがついています。ULウォレットでは珍しく、紙幣用ポケットが2つに分かれている点もうれしいポイントです。

【基本情報】
サイズ:90×195mm(開放時)
重量:15g
カラー:ブラック/ブラック、ブラック/レッド、ブラック/ブルー、ブラック/ブラウン
素材:ナイロン
公式はこちら:アレット

新ブランドも続々登場!

   

出典:Makuake

ULウォレットは、既存のアウトドアブランドだけではなく、新しいブランドからもリリースされています。中には今までのULウォレットになかったような個性的なものも。ここでは2020年にクラウドファンディングで新登場したブランドを紹介します。

チェーンで紛失を回避するTRAIL KING

   

出典:Makuake

三つ折り構造のULウォレット。内と外で素材を使い分け、外側は高い強度のX-pac、内側は軽く、多少の伸縮性があるタイベックを採用。特にカードポケットがタイベックになることで、ワンポケットに2枚カードを入れることができます。そして1番の特徴は、セットのウォレットチェーン。

   

ULウォレットの唯一の弱点は、軽く、小さいゆえの存在感のなさ。筆者も無くしかけたこともしばしばあります。その弱点を克服すべく、トレイルキングには、かっこいいウォレットチェーンがついてきます。これで、ULウォレット紛失の心配もありません。

   

出典:Makuake

トレイルキングはクラウドファンディングサービスMakuakeで支援を募集中。支援のリターンで、トレイルキングを手に入れられます。

クラウドファンディングはこちら:Makuake

【基本情報】
サイズ:115×70mm
重量:65g(本体とチェーン合わせて)
カラー:ホワイト、ブラック、スレートグレー、ヘザーグレー、フロストティール、イエロー、マルチカム、バハマブルー
素材:X-pac、タイベック

大きな財布は置いてアウトドアへ

アウトドアシーンではもちろんですが、普段使いでも十分使えるULウォレット。これからもますます人気は広がっていきそうです。すでに販売と同時に売り切れとなったり、手に入りにくいモデルが出るほど。大きくて重い財布にお悩みの方、ぜひ次の財布にULウォレットはいかがでしょうか。


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪