スノーピークのハイテンションコットの魅力を徹底解説

 キャンプ用品

スノーピークコット

出典:Amazon

スノーピークの「ハイテンションコット」は、サイズ、寝心地、頑丈さ、組み立てやすさ、収納しやすさ、どれをとっても素晴らしい一品!今回は、そんなスノーピーク「ハイテンションコット」の魅力を、口コミや評判もチェックしながら徹底解説していきます。


 目次


キャンプの快眠にコットは必須! 

テント内に設置されたコット    

出典:Amazon

テントの中で寝るとき、下の地面がゴツゴツして背中が痛くなってしまいます。それを防ぐキャンプ用のベッドがコットです♪フレームと布で体を支える仕組みなので収納性が高く、普通のベッドと比べて持ち運びが楽なのが特徴。今回は数あるコットのなかでも、スノーピークが作る「ハイテンションコット」の魅力を解説していきます♪

スノーピーク「ハイテンションコット」の5つの魅力に迫る

コットの天面    

出典:Amazon

スノーピークが作る「ハイテンションコット」はこだわりがつまった珠玉の一品。魅力を余すことなく解説していきます。

① 32cmの絶妙な高さ&最高の寝心地!

公園でコットに寝転がる人    

出典:Amazon

一般的に、ローコットは高さ20~30cm、ハイコットは高さ40cmですが、スノーピークのハイテンションコットはあえて32cmという高さを設定。これは、昇り降りのストレスを無くしつつ、腰掛としても使え、下に荷物も置けるように、という配慮で決められています。

コットの解説    

出典:Amazon

また、寝心地にもこだわって作られているのも特徴。X脚の機構により、寝る人自身の荷重で張りを保つことで、安定感のある寝心地を実現しています。また、程よいクッション性があり、上質な寝心地を実現しています。

▼ブログで口コミをチェック!

めっちゃ、気持ちイイ……。
本気で15分くらい寝落ちてしまいました。

CAMP HOUSE

布面に適度なテンションがかかっているので、体が沈み込みすぎなく適度な浮遊感があって心地よい(店頭にあれば実際に試してみたください。絶対気持ちいいです)。

ママはずぼら

地面からの絶妙な高さと寝心地の良さが大きな魅力です♪家のベッド代わりに使う方も多いコットです。

② 作りが頑丈!

コットのパイプ部分    

出典:Amazon

6kgとやや重めですが、フレームの作りが頑丈で長持ちすることも魅力。アルマイト加工された合金が使われており、錆びにくく擦り減りづらく、長く使えるように作られています。更に、布地には耐久性が高いポリエステル600Dを使っており、快適な寝心地が長く続きます。

▼ブログで口コミをチェック!

布が地厚で丈夫な素材(ポリエステル600D・PVC加工)なので、ちょっと雑に扱っても破れる心配がない。

ママはずぼら

ベンチとして使用する場合の座り心地は、圧倒的にスノーピークが快適
端に座っても、反対側が持ち上がってしまうことはない

Kaoru君とBeet君のキャンプ日記

③ 設営と収納が簡単!

設営方法がとても簡単なのも魅力。組み立ての手順は、【① 脚を広げる】【② 4隅のパイプをシートに通す】の2つだけです♪さらに、収納袋も余裕があり、入らなくて困ることがないのも魅力!

コンパクトに折りたたまれたコット    

出典:Amazon

▼ブログで口コミをチェック!

ほぼ開くだけの簡単組み立ては、ファミリーキャンプにぴったりのコットではないでしょうか。

CAMP HOUSE

組み立ては非常に簡単です。①脚を広げる、②サイドバーを延ばして、③スリーブに通す。こんだけです。しかも、このスリーブが非常に幅広いんで、バーを通すのがとても楽です。スリーブに手を入れてバーを引っ張るだけです。

使ったもののことだけ書く

袋はある程度大きさに余裕があるので、スっと入れることが出来ました。

キャンプへGO!

設営が簡単なのは嬉しいですよね!また、ケースが出し入れしやすく作られているのも、スノーピークのこだわりです♪

④ カバーを使えば屋内でも使える!

ベランダにあるコット    

出典:スノーピーク

床を傷つけないためのオプション品「床面保護カバー」もあり、屋内使用もOKです。カバーを使うと床が傷つかないだけでなく、コットの脚が滑って外に広がるのも防止され、より長持ちに♪デザインもおしゃれで、家のインテリアとしても十分使えます。

▼ブログで口コミをチェック!

夏のキャンプでのお昼寝は、虫に邪魔されないように
Musasabi Mesh Inner Goodnight Mosquitoesの中に入れて使います
この時は、メッシュインナーの底が破れないように床面保護カバーを装着します

Kaoru君とBeet君のキャンプ日記

コットの足は先端はプラスチックキャップがついていますが、結局は1点で接地するため、床面にはかなりの力が掛かります。
テントシートの上などに置く場合は、これはあったほうが良いです。
素材はポリエステルですが、こちらも織や縫製がしっかりしています。

キャンプへGO!

家用のベッド代わりにも使えるコットです♪

⑤ 縦幅が200cmと広々!

コットの大きさがわかる画像    

出典:Amazon

縦幅190cmほどのコットが多い中、200cmはかなり広々しています。枕を置けて、スマホや本も置けて、まるで家のベッドのような使い心地です♪その分畳んだ時の高さが125cmと若干大きめで、収納スペースの確保が必要です。

ヘリノックスのコットワンと比較してみました!

   

数字で比較してみると、ヘリノックスんほうが価格が安く、使用サイズ、収納サイズ共にコンパクトなようです。ハイテンションコットは、足や布が丈夫な素材でできているため、少し重いというデメリットを持ちつつ、その分長く使えるというメリットも併せ持っています。

使用サイズにおいては、通常のコットは190cmのものが多いのに対してはハイテンションコットは200cmの長さがあり、ゆったりしていますね。また、ハイテンションコットは体重により布地にテンションがかかり、体が沈み過ぎないため、腰痛もちの方ははイテンションコットがいいかもしれませんね。

価格やサイズ、使用感など、自分の体や使用目的にあった物を選ぶと失敗が少ないです!

どこで買える?

実際に触ってみたい!見て確かめたい!という方は店舗に足を運ぶのがおすすめ。直営店も含めると北海道から沖縄まで幅広い地域で買えます。もちろんAmazonや楽天の通販でも購入可能♪

スノーピークの店舗情報はこちら▽
全店舗一覧 スノーピーク

布の張り替えサービスも!

5,000円前後かかりますが、スノーピークのアフターサービスでは布の張り替えも行っています。もし破れてしまった…という時でも、WEBで修理依頼ができるのは便利です♪

詳細はこちら:スノーピーク アフターサービス

中古で安く買う方法は?

魅力たっぷりのコットですが、お値段が4万円以上と高く、なかなか手が出せない…という方に朗報。どうしても安く買いたい場合、ヤフオクで買う方法があります。中古ですが、およそ2万円~3万円でGET可能♪

詳細はこちら:ヤフオク スノーピーク ハイテンションコット

まとめ

ローコットがテント内に設置されている画像    

出典:Amazon

頑丈で寝心地が良く、設営と出し入れが簡単。さらには屋内でも使用可能、そんな至れり尽くせりなスノーピークの「ハイテンションコット」を紹介しました。少々値が張るものの、1台買えば家でもキャンプ場でも最高の寝心地を楽しめる一品です。気になる方は要チェック!

▼コット以外にも、スノーピークについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!


あわせて読みたい記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪