hinata

>

ファッション

>

アウトドアブランド

>

メイドインジャパンにこだわるアウトドアブランド。finetrackの店長が教えるおすすめの商品

メイドインジャパンにこだわるアウトドアブランド。finetrackの店長が教えるおすすめの商品

 ファッション

finetrack TOKYO BASEの外観

登山やトレイル、ランニング、ウォータースポーツなどさまざまなアウトドア用品を展開しているfinetrack。今回は原宿に第一号店として新しくできたfinetrack TOKYO BASEに潜入し直撃取材!店長の平川さんにfinetrackの魅力を余すところなく聞いてきました!


 目次


ーはじめまして。実は私は登山がすごく好きなんです。今回はfinetrackについてとおすすめの商品を知りたいです!よろしくお願いします!

平川さん:こちらこそよろしくお願いします。店長兼マウンテンガイド協会会長、応急時対応技術指導員をしています。わからないことはなんでも聞いてくださいね。

ーありがとうございます!それでは早速ですが、finetrackがどんな会社か教えてください!

アウトドアブランドfinetrackとは? 

finetrackのロゴ    

平川さん:finetrackを語るに当たって、重要なキーワードは2つです。一つ目は「遊び手が創り手」。finetrackの社員はほぼ全員フィールドプレイヤーで毎週のようにフィールドに出ています。本人がプレイヤーとして動かないと本当に必要なモノは見えてこないんですよ。そうして創られた本当に必要なアイテムは、ユーザーが無事に家に還ってこられるように「安全性と快適性」にも配慮されています。

finetrackのパンフレット    

ーたしかに、フィールドに出ないと何が必要なのかわからないものですし、自分自身も登山をしているので感じますが、安全性と快適性は欠かせない重要なポイントですよね。2つ目はどんなことですか?

平川さん:2つ目は、「オールメイドインジャパン」です。素材から縫製までメイドインジャパンにこだわっています。大量生産ではできない、日本でしかできない、高い品質のモノ創りができるので徹底している重要なポイントです。

finetrackの5本指ソックス    

平川さん:特に5本指ソックスの指と指の間をきれいに縫うのは非常に難しいことなんですよ。

ーなるほど!日本の縫製技術が高いことを初めて知りました!日本でしかできないことを強みにしているのは日本企業として素晴らしい取り組みですね。ありがとうございます。もう一つ、finetrackのロゴの意味を教えてください!

finetarackのロゴ    

平川さん:ちなみに、なにに見えますか?

ー山道に見えます。あと、スキーのシュプールのようにも見えますし、川や波にも見えます。

平川さん:そうなんです。道にも見えるし川が流れているようにも海にも。自然の中で徹底的に遊んでいくぞっていう意味を込めたものなんです。

finetrack TOKYO BASE店長の平川さん    

ーそうなんですね。登山をする私のイメージでは、finetrackのターゲットは初心者よりも中上級者なのかなと思っています。実際はどうでしょうか?

平川さん:その通りです。しかし、初級者をないがしろにしてるわけではなく、中上級者にとって本当に良いモノを創り、初心者に勧めてもらいたいと思ってるんです。

ーなるほど、アウトドアを本気で取り組んでいる人たちには、finetrackの商品はたまらないですね!

finetrackで一番売れている人気のアイテム

finetrackの陳列棚    

ーfinetrackでの人気のアイテムやおすすめのアイテムが気になります!

平川さん:一年を通して一番人気はドライレイヤーシリーズの「スキンメッシュ」です。

finetrackのドライレイヤーシリーズ一番人気のスキンメッシュ    

ーこれ実は、私もめちゃめちゃ愛用してます!肌触りもいいですし、汗かいたときの不快感がなくてすごく好きです!

平川さん:ありがとうございます。その通りで、スキンメッシュには汗を肌からいち早く離す撥水性という機能があり、汗冷えによる不快感とリスクを軽減してくれるんです。汗をかいて濡れた状態でのウェアを着続けることは非常に危険で、体力を失う可能性が高くなります。代表の金山はすごく常識を疑う人で、以前は3レイヤーが当たり前だって言われてたと思うんですけど、そういうところから疑っていくんですよ。3レイヤーは危ない、と。そこから生まれたのが下着の下に着るスキンメッシュであり、5レイヤリングなんです。

ーそうだったんですね!フィールドに出てるからこそわかる体験と知恵ですね!ちちなみに他のスキンメッシュ以外のドライレイヤーは、どのようなものがありますか?

平川さん:ドライレイヤーは「スキンメッシュ」を含めて全部で3つあります。一気に汗をかく人に向けた「パワーメッシュ」をまずご紹介します。

ドライレイヤーシリーズのパワーメッシュ    

平川さん:特にトレイルランニングや自転車のように汗を多くかくスポーツに最適です。細かいメッシュ生地でしょ?大量にかいた汗を逃げやすくするためなんです。ストレッチ性とフィット感が一番高く、ダイナミックに動くことができます。

ーそうなんですね!スケスケなのでなんだろうと思ってました(笑)ちなみにもう一つはなんですか?

平川さん:ドライレイヤーシリーズ3つ目は「アクティブスキン」です。水中や雪上などで活躍します。「保温力」や「濡れ戻りのなさが一番」です。

ドライレイヤーシリーズのアクティブスキン    

ーなるほど!ありがとうございます!ドライレイヤーを利用することで以前よりもパフォーマンスがグっと上がってきそうです!

【男女別】アウターおすすめアイテム

ーアウターは男性も女性も必ず着るものですけど、finetrackで一番売れているおすすめのアウターアイテムを教えて下さい!

平川さん:その前に、一点お話させてください。finetrackではアウターやベースレイヤーの考え方が少し変わっています。以下の表を見てください。

finetrackの5段階のレイヤリングシステム表    

平川さん:アウターにあたるのはL4とL5です。その中でも特に、男性で人気のミッドシェルは、L4の「フロウラップフーディー」です。高い防風性、耐水性が備わっているだけでなくて、生地が伸びるストレッチ素材とニット生地を使っているのでレインウェアの下に着ても動きやすくて着心地が良いのが特徴です。

春夏用マルチシェル エバーブレスフォトン    


平川さん:続いて女性に人気のアウターですが、レインウェアだけでなくさまざまなシーンで活用できるように施したL5の春夏用マルチシェル「エバーブレスフォトン」です。finetrack独自の防水透湿素材を使っていて、ストレッチが利いているだけでなく軽いんです。レインウェアは着心地が悪かったり、蒸れたりしやすいのですが、それらを解消しているんです。

ーそうなんですね!ストレッチのある防水透湿性のあるアウターは私も欲しかったです!登山で動きにくいアウターを着ているとストレスに感じるので非常に嬉しいです!これを私は求めていました!

【男女別】パンツおすすめアイテム

ー続いてパンツについて、finetrackで一番売れているおすすめのアイテムを教えて下さい!

平川さん:男性に人気のパンツは「ストームゴージュアルパインパンツ」です。オールシーズン用の定番モデルで耐久撥水性とストレッチ性、防風性が備わっています。

男性に人気のストームゴージュアルパインパンツ    

ーめちゃめちゃ優れたパンツですね!

平川さん:そうなんです。しかも11年前からあるモデルで、finetrackといえばこの「ストームゴージュアルパインパンツ」と言われています。落ち着いた配色で、太もものポケットなどギミックが多いので、女性にはそこまでですけど、男性に大人気ですね笑

ーははは、11年前からずっと売れ続けてるのはびっくりです!ちなみに女性に人気のパンツはなんでしょうか?

平川さん:レインパンツになるのですが、最近、女性には「エバーブレスフォトンパンツ」が売れていますね。finetrackの商品は、アウターもパンツもストレッチが効いています。通常のレインウェアパンツはごわごわしていてダボッとしているものが多いんですが、ストレッチが効いている分、きれいなシルエットにすることができるので、売れていますね。あとファスナーが長いので履きやすさ抜群です。

女性に人気のエバーブレスフォトンパンツ    

ーシルエットがかっこいいのいいですよね。最近登山でもファッションに対して意識する人が増えてきてるので女性には特に嬉しいと思います!

店長の平川さんがおすすめする小物アイテム

ー登山などで、「これは使えるぞ!」みたいなおすすめの商品はありますか?

平川さん:女性に大人気の商品なんですけど、「ナノタオル」です。ナノフロント繊維という細い糸を使っていて、水で濡らして拭くだけで身体の皮脂汚れを落とせるんです。そのため、身体のニオイやベタつきをスッキリさせてくれるんです。

女性に人気のナノタオル    

平川さん:しかも、ナノタオルはコンパクトにたためるし、非常に軽いのでおすすめですね。

コンパクトにたためるナノタオル    

ーホントだ!めちゃめちゃコンパクトですね!これならビジネスとかでも汎用的に利用できそうです!

平川さん:ナノタオルは汎用的に利用できるので本当におすすめですね。あともう一つおすすめの商品は、ケア用品で利用する「オールウォッシュ」と「ベースリカバー」です。

オールウォッシュとベースリカバー    

ーどんな場面で利用するのでしょうか?

平川さん:オールウォッシュはアウトドア製品専用の洗剤で、ウェアが備えている機能を損なうことなく汚れだけをしっかり落としてくれるんです。

オールウォッシュのボトルと詰め替え    

ーすごいですね!洗濯すると機能も落ちると思っていたので画期的な商品です!

平川さん:そうなんです。オールウォッシュは「汚れ」のみを落とすのでおすすめです。洗濯するときは「洗濯用ネット」に入れてくださいね。

ーありがとうございます!勉強になりました!「ベースリカバー」はどんな商品なんですか?

平川さん:ベースリカバーは「吸汗性」を蘇らせます。実はベースレイヤーなどの吸汗性は低下していくんですよ。ベースレイヤーの吸汗性が落ちてしまうと汗を吸わなくなってしまい、汗が処理できず、たとえドライレイヤーを着ていても汗冷えしてしまいます。これは家で簡単にケアできるのでおすすめですよ。

吸汗性を蘇らせるベースリカバー    

ーそうなんですね!これめちゃめちゃいいですね!ベースレイヤーについて何も考えたことなかったのですごく勉強になりました!

finetrackの凄さは着てみないとわからない!finetrack TOKYO BASEへ!

finetrack TOKYO BASEの外観    

ー本日は貴重な時間をいただき、本当にありがとうございました。

平川さん:こちらこそありがとうございました。

ーってかこのお店めちゃめちゃおしゃれですよね笑

finetrack TOKYO BASEのインテリア    

平川さん:そうなんです。少しでも自然の中にいるような感覚をもってもらうために岩や木を基調にしています。また、レイヤリングシステムや素材についてもじっくりお話しながら商品を出していくので「呉服屋」さんのイメージに近いですね。

ーへえ、そうなんですね!非常におしゃれな内装なので驚きました!

平川さん:2階では講習会も開催しているので、もし今度よければきてくださいね。

笑顔の店長の平川さん    

ーはい!ぜひ行かせていただきます!

「安全と快適」を追求した機能性重視のfinetrack。店内もお客様にあったウェアやギアをお出しするためにコミュニケーションを重視した店内作りに非常に感動しました。finetrackという会社がどんなときでもユーザー目線でいること、社員もユーザーであることを認識してモノ創りに励んでいることに非常に感銘を受けました。

店内では講習会も開催されているので、まずはそちらにも参加されてみてはいかがでしょうか。

店舗をcheck!

店舗を見る →


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

関連するキーワード

アウトドアブランド

おすすめのキーワード

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • LINE@ 友だち追加! 新商品や役立ちワザ、最新のアウトドアスポットまで毎日hinataから厳選した情報をお届けします。
  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪