hinata

>

おでかけ

>

アクティビティ

>

ハイキング

>

大自然に囲まれて♪オレゴン山中のキャビン滞在とトレイル体験記

大自然に囲まれて♪オレゴン山中のキャビン滞在とトレイル体験記

 おでかけ

湖に浮かぶマウント・フッドの絶景

ポートランドから車で1時間半ほどの距離にある「マウント・フッド(フッド山)」は、1年を通してアウトドア好きを魅了する観光スポット。富士山にも似た美しい山は、オレゴンの7不思議の1つにも選ばれています。今回は、そのフッド山麓のキャビンとトレイルについてご紹介します。


 目次


マウント・フッド

四季折々の楽しみ

一面雪をかぶっているマウント・フッド    

「オレゴンの七不思議 (The 7 Wonders of Oregon)」の1つ、マウント・フッド(Mt. Hood)は、オレゴン州最高峰の成層火山。標高は3,426m、山頂には11の氷河があります。日系人に「オレゴン富士」とも呼ばれるその美しい姿は、ポートランド市内からも見ることができ、街のシンボル的存在になっています。

万年雪をたたえるフッド山は、北米で最長のスキーシーズンを誇る山の1つだけあって、スキーやスノーボードを始め、スノースポーツを楽しみに訪れる人は後を絶ちません。また夏を中心に、キャンプ、トレッキング、マウンテンバイク、フィッシング、カヌーやスタンドアップパドル(SUP)など・・・、1年を通して、雄大な自然の中で様々なアウトドア・アクティビティを楽しむことができます。

ポートランドからのアクセス

フッド山の玄関口「ガバメントキャンプ(Government Camp)」の街は、ポートランドから南東へ約90kmの地点。車で高速道路を約1時間半も走れば到着します。ただし、雪が降ってからは、チェーンかスノータイヤが必要になることもあります。

公共交通機関としては、サンディの街からガバメントキャンプを結ぶシャトルバス「マウント・フッド・エクスプレス(Mt. Hood Express)」も運行していますが、今回ご紹介するように、キャンプ場や幾つかのトレイルヘッドを周るなら、やはり車で出かけたいところです。

トリリアムレイクとキャビン

トリリアムレイク

マウント・フッドとトリリアムレイク    

トリリアムレイクは、ガバメントキャンプから車で南に10分ほどで到着する湖です。夏場は、湖畔を一周できる約3.2kmの初心者向けトレイルはもちろん、湖で泳いだり、カヌー、カヤック、SUP、釣りなどを楽しむことができます。また、キャンプ場やトイレ、ピクニックエリアもあります。なお、カヌーなどをレンタルする場合は、ガバメントキャンプにあるショップが最寄りとなります。

マウント・フッドと輝くオーロラと満天の星    

出典:Redfishingboat (Mick O) / flickr

この湖の最大の魅力は、近くで眺めることができるマウント・フッドの姿。早朝の静かな湖上に映る山の姿や、夕焼け頃の風景も人気があります。また、条件が合えば、なんとオーロラを見ることもできるとか・・・!

サミット・メドウ・キャビン

サミット・メドウ・キャビンの外観    

トリリアム・レイクには、「トリリアム・レイク・キャンプグラウンド」という人気のキャンプ場が隣接しています。ここも魅力的ですが、今回は、ガバメントキャンプと湖の中間地点にある「サミット・メドウ・キャビン」に滞在してみました。

サミット・メドウ・キャビンのキッチン    
サミット・メドウ・キャビンの寝室    
サミット・メドウ・キャビンのロフト    

私たちが泊まった「ミネラル・クリーク・キャビン」は、2階建で、2人から6人が泊まれるというもの。ベッドルームは、1階に1室と2階のロフト。キッチン、バス、トイレと十分な広さがありました。また、外にはバーベキューとピクニックテーブルもあります。

周りの豊かな自然と遊ぶ子供たち    

一番の魅力は、ガバメントキャンプからすぐ近くにも関わらず、自然のど真ん中にいる気分になることです。ハイシーズンだというのに、キャビンの付近で人と会うことは、ほとんどありませんでした。

キャビンのすぐ近くを流れる小川は、子供達の格好の遊び場です。また、キツツキを始めとする鳥やたくさんの星を眺めることもできます。

「サミット・メドウ・キャビン」の宿泊施設は、他にも3つあります。10人まで泊まれるものもあるので、大勢で出かけるのも楽しそうですね。

マウントフッド近辺のトレイル

続いて、私たちが出かけたフッド山のトレイルの中から、2つご紹介します。

タマナワス・フォールズ

タマナワス・フォールズの看板    

まずは、このエリアに詳しいキャビンのオーナーがお気に入りだと教えてくれた「タマナワス・フォールズ(Tamanawas Falls)」のトレイル。ガバメントキャンプから、マウントフッドの北東に向かって車で40分ほどです。

タマナワス・フォールズのトレイルコース    

トレイルの距離は往復で約5.8km。川沿いの美しいコースです。「オレゴン・ハイカーズ・フィールド・ガイド」によると難易度は、「easy(初級)」に分類されていますが、8月末の時点では、岩崩れがあったため、岩場を登る部分もできています。

コース途中の岩場    

美しい滝に到着すると、ミストが満ちていて癒されます。滝の裏の洞窟に行くこともできるのですが、岩が濡れていると滑りやすいので注意が必要です。

ミストに満ちたトレイルコース    

パシフィック・クレスト・トレイル

マウント・フッドの中腹には、歴史ある「ティンバーライン・ロッジ」という建物があります。スキー場としてはもちろん、映画「シャイニング」の撮影地としても知られています。このロッジのすぐ裏手から、「パシフィック・クレスト・トレイル(Pacific Crest Trail; PCT)」を歩くことができます。

ティンバーライン・ロッジとトレイルコース    

パシフィック・クレスト・トレイルとは、アメリカとメキシコの国境からアメリカとカナダの国境まで、アメリカ西海岸を南北に縦走している全長約4,280kmの長距離自然歩道のこと。映画「私に会うまでの1,600キロ(原題 ”Wild”)」の舞台にもなりました。ご想像通り、PCTを全部歩くにはかなりの覚悟が必要です。

一面を紫に彩るワイルドフラワー    

踏破は難しいでしょうが、ティンバーライン・ロッジからその一部を歩いてみてはいかがでしょうか。夏場は、万年雪の残るフッド山の山頂や色とりどりのワイルドフラワーを楽しむことができます。ロッジは、PCT唯一の食事もできる登頂口。トレイルから戻って、クラフトビールやカクテルを楽しんだり、宿泊もできますよ。

フッド山を満喫 

サミット・メドウ・キャビンの外観    

今回ご紹介したキャビンやトレイルは、どれもポートランド市内からそれほど離れておらず、念入りな準備をしなくても、家族で気軽に楽しむことができます。

海外旅行で、キャンプの準備までするのはハードルが高いけれど、ホテルに泊まるより、もっと自然を身近に感じたいという方にオススメです。早めの予約が必要なので、来年の夏に向けて計画してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちら:Summit Medow Cabins


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

関連するキーワード

登山 アクティビティ ハイキング

おすすめのキーワード

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • LINE@ 友だち追加! 新商品や役立ちワザ、最新のアウトドアスポットまで毎日hinataから厳選した情報をお届けします。
  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner

 人気の
アウトドアスポット

森と星空のキャンプヴィレッジ

 キャンプ場,栃木県

森と星空のキャンプヴィレッジは、栃木県の東端に位置するキャンプ場です...

1

北軽井沢スウィートグラス

 キャンプ場,群馬県

「北軽井沢スウィートグラス」は、アメリカの国立公園をモチーフに作られ...

2

森のまきばオートキャンプ場

 キャンプ場,千葉県

「森のまきばオートキャンプ場」は、都心からわずか60分で行くことので...

3

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

 キャンプ場,群馬県

「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」は群馬県吾妻郡嬬恋村にあります...

4

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base)

 キャンプ場,神奈川県

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base...

5
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪