hinata

>

キャンプ用品

>

ランタン

>

LEDランタン

>

【我が家の愛用ギア】種類豊富なLEDランタン。我が家で愛用している3種類をご紹介!

【我が家の愛用ギア】種類豊富なLEDランタン。我が家で愛用している3種類をご紹介!

 キャンプ用品

3種類のLEDランタン

ランタンは大きく分けてガソリン、ガス、LEDの3種類ですが、何を使用されていますか?我が家で利用しているのは3種類のLEDランタンだけ!それでも、十分明るさを確保できるんです。熱くならないので、小さい子供がいても安心です。LEDランタンといっても種類は大きいものから小さいものまで様々。初心者の我が家がなぜLEDランタンを選んだのか、そしてどんなLEDランタンを実際に使用しているのかご紹介します。


 目次


ランタンの種類いろいろ

ランタンとキャンプ場    

ランタンは大きく分けて3種類あります。

ガソリンランタン

ホワイトガソリンを燃料にしています。暖かみのあるとても明るい光が特徴です。サイト全体を照らすことができます。使用前にはホワイトガソリンの補充や、ポンピングという作業が必要になります。マントルと呼ばれる発光体を事前にから焼きする作業も必要です。

ガスランタン

アウトドアガスやカセットガスを燃料にしています。ガソリンランタン同様にサイト全体を明るく照らすことができます。マントルをから焼きする必要はありますが、ポンピングは必要ないため、ガソリンランタンよりも扱いは楽です。

LEDランタン

電池でLEDを発光させます。以前は暗めのタイプが多かったのですが、最近では明るいタイプも多く販売され、メインランタンとして使用されることも多いです。電池式なので熱くならず、テント内で使用もできます。小さな子供連れでのキャンプでは安心です。

我が家ではなぜLEDランタンを選んだのか

手に持ったLEDランタン    

ランタンがほしい!と思った時に、真っ先に思いついたのが電池式のLEDランタンでした。ガソリン?ガス?なんだか初心者には難しそう。初心者の私にはとにかく手軽に使えるランタンがベストでした。

そして、まだ子供も小さいので火傷をする心配がないこと、テントの中でも使用できることが決め手になりました。それでは我が家で実際に使用しているLEDランタンをご紹介します。3種類を使い分けしています。

ジェントス エクスプローラー プロフェッショナル EX-777XP

ジェントスのLEDランタン    

一番最初に購入したランタンです。なぜこれにしたかというと、Amazonで「LEDランタン」で検索すると1,500件近いレビューがあり、どれも高評価だったからです。そして値段も2017年8月現在、Amazonでは2,382円という安さです!まずキャンプを始めてみたいという方には本当におすすめできるLEDランタンです。

おすすめポイント1 小さくて軽い

サイズは約18センチとランタンにしては小さいサイズです。それでいて、280ルーメンと明るさは抜群!キャンプを始めた頃はこのランタンひとつだけの明かりで食事をしていましたが、家族4人で普通に食事ができるくらいの明るさです。もちろん、これひとつあれば何不都合なく明るい!というほどではありませんが、このサイズにしてはとても明るいと感じます。重さは電池込みで817グラムで、片手で楽に持てる軽さです。

おすすめポイント2 明かりが暖色

蛍光灯でよくあるような白みがかった色ではなく、暖色ですのでサイトの雰囲気がとても柔らかくなります。

オススメポイント3 電池持ちがいい

単1電池を3本使用しています。毎回キャンプに持って行って使用していますが、前回電池を入れ替えたのはいつなのか忘れてしまうほどの燃費の良さです。メーカーによると稼働時間はHighモード72時間、Lowモード144時間ということなので、かなり長い時間電池を替えなくても大丈夫と言えます。

オススメポイント4 逆さにしても使える

ジェントスのLEDランタンを逆さにした様子    

テント内で使用する時は逆さにして使っています。底の部分にフックがこのようなフックが付いています。そして、ランプカバーを付けたままですと、カバー天井部で影ができてしまい暗くなってしまいます。その場合はまるごとランプカバーを外せます。すると影ができずにテント内をしっかり明るく照らしてくれます。

実際に照らした様子

ジェントスのLEDランタンをテント内で使用している様子    

こちらが実際にジェントスランタンを逆さにしてツールームテント内に吊るした写真です。かなり明るいのがおわかりでしょうか。本を読んだりするのは難しいですが、普通にテント内で過ごすには問題ない明るさです。

購入はこちら:ジェントス エクスプローラー プロフェッショナル EX-777XP

スマイルランタン

スマイルランタン    

ポップでかわいいスマイルランタンです。見た目はおもちゃのようですが、実用にもしっかり耐えられるランタンです。ジェントス1台だけでは外では暗く感じることがあるので購入しました。サイズは小さく、とても軽いです。軽いのでテント内に気兼ねなく引っ掛けられて安心です。お値段は864円という安さ!それでいて、しっかりと照らしてくれます。こちらも暖色なのでほっこりした気分になります。ちょっとトイレに移動する時にも便利です。色違いや表情が違うものなど、たくさんの種類があるのでたくさん集めたくなりますね。

購入はこちら:スパイス スマイル LED ランタン

コールマン クアッドマルチパネルランタン

コールマンのクアッドマルチパネルランタン    

夫がどうしても欲しい!と購入したのがこちらのコールマンのクワッドマルチパネルランタンです。かなりの大きさと重さですが、他のLEDランタンに比べて個性的な特徴がたくさんあります。

おすすめポイント1 ライトが取り外しできる

コールマンのクアッドマルチパネルランタンのライトを取り外した様子    

本体にこのようなライトが4つ付いているのですが、マグネット式で取り外しができます。ひとつひとつはとても軽いです!ボタンを押すことで明るさを2段階で調節できたり、側面に付いているフラッシュライトが懐中電灯代わりになります。トイレに行く時はこれをひとつ持っていくだけで数メートル先まで見渡せてとても明るいです。サイトで使う時はどん!とまとめて使用するよりも、分割させて何箇所かに分けて照らした方が影ができずに明るく感じます。

コールマンのクアッドマルチパネルランタンをテント内で使用した様子    

こちらはテント内のフックに取り付けた写真です。ジェントスランタンだけでも明るいですが、もっと明るさが欲しい時は分割したこのライトを四方に取り付けると影ができずにさらに快適になります。

コールマンのクアッドマルチパネルランタン裏側    

裏側はマグネットですので、スチールポールに付けたり、車のボディに付けたりすることもできます。

コールマンのクアッドマルチパネルランタンを立てた様子    

赤い取っ手を立てるとテーブルの上に乗せられたり、テント内のカラビナに引っ掛けたりできてとても便利です。懐中電灯として使う時には取っ手にもなります。

おすすめポイント2 USB充電ができる

コールマンのクアッドマルチパネルランタンを充電している様子    

本体上部にUSBの充電ポートが付いています。これがあれば急なスマホの充電切れにも対応できます。キャンプに来るとつい写真を撮ったり、SNSに投稿したりで気が付くと電池が減っていることが多いので何度も助かっています。

デメリット

ただこちらのランタン、電球の色が白色です。光のせいで少し寒いような雰囲気になります。個人的に暖色が好みですのでそれが残念な点です。あとは重量があること、価格が他のランタンに比べて高めなことです。(2017年8月現在10,584円)

購入はこちら:コールマン クアッドマルチパネルランタン

まとめ

スタンドに吊るされたコールマンのクアッドマルチパネルランタン    

いかがでしたか?我が家が実際にキャンプで使用しているランタンを3種ご紹介しました。ランタンはひとつだけでなく、いくつかあるとサイト内を明るく照らせますし、トイレの時にも便利です。ランタン選びのご参考になりますように。


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • LINE@ 友だち追加! 新商品や役立ちワザ、最新のアウトドアスポットまで毎日hinataから厳選した情報をお届けします。
  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪