hinata

>

キャンプ用品

>

テント

>

ティピーテント

>

ティピー型のデメリットを抑えた最強テント!話題のエクスカーションティピーの秘密とは!?

ティピー型のデメリットを抑えた最強テント!話題のエクスカーションティピーの秘密とは!?

 キャンプ用品

設営完了したコールマンのエクスカーションティピー

エクスカーションティピーは今までのテントとは一味違って、今話題のコールマンの2017年新製品です。設営が簡単なのはもちろん、雨に強いんです!210サイズと325サイズの2種類サイズ展開も行なっていて、幅広い方に人気のエクスカーションティピー。人気の秘密をご紹介します。


 目次


ティピー型テントの特徴

綺麗な三角形が特徴のコールマンのエクスカーションティピー。
でも、そもそもティピーって何!?と言う人もいるかと思うので簡単にティピー型テントについておさらいしましょう!

ティピー型テントは円錐型の可愛いテントです。円錐型を可能にしているのは一本の軸となるポール。これによってテントの高さが出るため、ドーム型テントとは違って上下の圧迫感は全くありません。もちろん、ポールを一本しか使用しないので設営は簡単です。

初心者がテントを買うときに見るべきポイント

エクスカーションティピーの紹介に入る前に、そもそも何を基準にテントを選べばいいの?と思っている初心者向けて、テント選びの際に見るべき3つのポイントを説明します。

価格

初心者が一番テントで気にする点は値段だと思います。これから先どのくらいの頻度でキャンプに行くのかわからず、キャンプにハマったら買い替えら可能性もあるので、ファーストテントは価格が抑えめがベストです。価格は2〜3万円がちょうどいいです。

設営の難易度と持ち運びやすさ

インナーテントにフライシートを被せる女性2人    

初心者が次に気にするポイントは設営の難しさ。経験のない方は簡単な手順で設営可能で、
大きすぎないものが、持ち運びや収納もしやすいのでおすすめです。上記のようにティピー型テントは、ポール1本しか使わないので、その分軽量で設営も持ち運びも楽にできます。

広さ

マットの上で寝袋にくるまる女性たち    

テントで圧迫感があると寝るときに窮屈であったり着替えるのが困難であったりするので、広さがあった方がいいです。テントは4人用であっても狭いこともあるので、荷物を置くことも考えてプラス1人のサイズのものをオススメします。

今回ご紹介するエクステーションティピーはなんと以上の3点を踏まえた初心者にオススメの最強テントなんです!!

エクスカーションティピー/325の魅力

設営完了したコールマンのエクスカーションティピー    

こちらが、コールマンのエクスカーションティピー/325です!!

エクスカーションティピーは通常のティピーテント同様の性能は持っていますが、他に秘密はあるのでしょうか。

前室がある

一般的なティピー型テントのデメリットは前室がないことです。ドーム型の場合は前室がついているものがよくあるため、荷物や靴等をそこに置くことができます。しかしティピー型の場合はそれがないので外に直接靴や荷物を置くことができず、居住空間の占める割合が小さくなります。またドーム型とは違い円錐型なので、テントの入り口からテント内に雨が振り込んでしまうこともあります。

しかしエクスカーションティピーには前室があるのです!
入り口付近にも骨組みをつけることでそれを可能にしました。これによってティピー型テントの短所であった荷物や雨の問題が解消されます。入り口の骨組みも簡単に取り付けられるので、設営時の手間になりません。

キャンプ経験がなく、テント設営のイメージがわかない方は下の動画をご覧ください。

非常に安価

エクスカーションティピー/325は、なんと19,800円(税別)!とてもお財布に優しいですね。コールマンの他のテントと比べても、他のティピー型テントと比べてもとてもお買い得です。テントがこのお値段だと、他のキャンプの必需品ライト、ランタンなども買いやすいですよね。

サイズ展開

エクスカーションティピーはサイズ展開をしていて3〜4人用のエクスカーションティピー/325の他に、1〜2人用のエクスカーションティピー/210と2種類のサイズがあるので人数に合わせて購入できます。
エクスカーションティピー/325は4人家族で利用するとちょうど良いサイズで、エクスカーションティピー/210はカップルキャンプやソロキャンプに向いています。

他の詳細情報は以下の通りです。
耐水圧が1,500mmなのでたいていの雨にはしっかり耐えられます。
エクスカーションティピー325はあたりの雰囲気を壊さないブラウン色で、エクスカーションティピー210は他のテントと比べてもわかりやすい黄緑色で展開しています。

つまりこのテントは

価格は安い方がいい
設営難易度は低い方がいい
雨などには最低限耐えられる方がいい
圧迫感がなくゆったり過ごせるサイズがいい
簡単に持ち運びできる
他の人とはかぶりたくない
でも有名なメーカーがいい  etc…


という初心者の悩みに答えた贅沢なテントなんです!!

エクスカーションティピーの関連商品

組み立てられたコールマンのタフドームの全体像    

連結するとこんな感じになります。

最後に

いかがでしたか?
これからキャンプ用品を買い揃えたいという方には低価格で楽しめる最強アイテムです!
これを使ってより良いキャンプにしてください!


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • LINE@ 友だち追加! 新商品や役立ちワザ、最新のアウトドアスポットまで毎日hinataから厳選した情報をお届けします。
  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner

 人気の
アウトドアスポット

森と星空のキャンプヴィレッジ

 キャンプ場,栃木県

森と星空のキャンプヴィレッジは、栃木県の東端に位置するキャンプ場です...

1

北軽井沢スウィートグラス

 キャンプ場,群馬県

「北軽井沢スウィートグラス」は、アメリカの国立公園をモチーフに作られ...

2

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

 キャンプ場,群馬県

「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」は群馬県吾妻郡嬬恋村にあります...

3

森のまきばオートキャンプ場

 キャンプ場,千葉県

「森のまきばオートキャンプ場」は、都心からわずか60分で行くことので...

4

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base)

 キャンプ場,神奈川県

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base...

5
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪